« オリックスとのオープン戦 3/18 | トップページ | お彼岸 2021 »

2021年3月18日 (木)

死海文書とは何か?「恐怖の洞窟」で60年ぶりに紙片を発見【動画】

聖書の原型ともいうべき紙片が見つかったそうだ。

60年前にも見つかっているが,こんな紙片がまだあったとは驚きである。

「今回、新たな死海文書が見つかったのは、死海西岸のユダヤ砂漠。

涸れた川「ナハル・ヘベル」の上流だ。崖の上からロープで約80メートル降りないとたどりつけない

「恐怖の洞窟」の中にあったという。この洞窟の名前は、

1950年に約40人の骨格が見つかったことに由来している」ということらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【死海文書とは何か?「恐怖の洞窟」で60年ぶりに紙片を発見【動画】】

https://www.huffingtonpost.jp/entry/dead-sea-scrolls_jp_6051c42bc5b685610fd39ee2

新たに発見された死海文書(イスラエル考古学庁のFacebookより)

« オリックスとのオープン戦 3/18 | トップページ | お彼岸 2021 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

死海文書の洞窟(今回の所とは違うと思うけど)、30年前に行きました。
イスラエルは、三大宗教の聖地エルサレム、キリスト生誕地のベツレヘム、
世界遺産マサダ、リゾート地死海など、観光名所がたくさん。
湾岸戦争の直前だったので、いつもなら1時間待ち…とかの教会もガラガラで、
しかも「サダムフセインで大変なこの時期によく来てくれた」と
あちこちで歓迎・サービス受けまくりの楽しい旅行でした。
帰国した翌日に、ミサイル飛んできて、ツアーの現地日本人ガイドさんが
電話でNHKニュースに出演してました。懐かし~!!

北活さんへ
コメントありがとうございます。

北活さんは,内容的にも,時期的にも,すごい海外旅行を経験されたのですね!
今回の発見は,乾燥した気候や場所が洞窟内であったことなど,
いくつもの好条件が重なったことが大きいと思います。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オリックスとのオープン戦 3/18 | トップページ | お彼岸 2021 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ