« 宣言 関西3府県と愛知・岐阜を先行解除へ | トップページ | ヤクルトとの練習試合 2/26 »

2021年2月26日 (金)

筑前国分寺について(工事中)

川瀬さんからアドバイスいただいた点に取り組んでみることにしよう。

★筑前国分寺の総合判定
 九州王朝の東偏時代(6世紀末以前)の古式の国府寺の塔を七重に改造した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1:伽藍は東偏2度。ではすぐそばにある国府の方位はどうなのかなど周辺との関係を明らかにする。

→ 国府遺構は未発見とのことです。御笠郡大宰府近辺。候補地①太宰府市国分② 同市通古賀

 また,筑前国分尼寺は,筑前国分寺の西300mにあり,東偏2度。(川瀬さんが前に「東偏の国分寺として」

コメントの中に書かれたもの。筑前国分寺の南端の道を西に向かうと尼寺の南端にいたるが,データとしては見つかりませんでした。)

 2:伽藍のそれぞれの建物に改造の痕跡はあるのか? 特に塔。痕跡があればどういうものでここから何がわかるか。

→ 金堂は,現国分寺の地下にある。大官大寺式の伽藍配置か。

講堂について,Ⅰ期→Ⅱ期遺構・・・講堂基壇を南に約1.8mずらしている。

また,「9世紀に塔・講堂が瓦積基壇から乱石積基壇に改修された」とのこと。

「伽藍配置と出土古瓦(第11図の1・4,第12図の1・4)から国分寺に先行する寺院を想定し,その寺院を回収することに

よって国分寺とした」という論〇(八賀晋「国分寺建立における諸様相」(『日本古代の社会と経済』))もある。

 3:出土瓦の種類と出土状況。素弁・単弁・複弁・その他。それぞれの画像と出土地点など(建物毎の出土状況など)の確認。

→ 現在,写真が取り込めない状態(原因不明)です。ブログに載せているのはサイトのものを「画像をコピー」で使っています。

単弁,複弁,老司Ⅰ,鴻臚館Ⅰ式の瓦が出土しているようです。

 4:国府からの距離。正確な数値と国府の条坊や道との位置関係などの確認。

→候補地の➀太宰府市国分なら,僧寺・尼寺の近く。だが,➁太宰府市古賀なら何キロも離れている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この四つがわかると、伽藍の変遷の様相が推理できる。

« 宣言 関西3府県と愛知・岐阜を先行解除へ | トップページ | ヤクルトとの練習試合 2/26 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 国分寺も国分尼寺も東偏2度。
 ということはこれらが元の国府寺だとすると、その国府は東偏2度でこれらの寺院の近くにあったはず。

 もしかしたら元の筑前国府は、太宰府の場所にあったのでは?

 前に方位の考古学で精査したとき、たしか正方位の遺跡群の下に東偏の遺跡群があったような。

 つまり筑前国分寺・尼寺は太宰府の所にあった東偏2度の筑前国府に伴う遺跡。
 しかしここに正方位で太宰府が建設されたことで、筑前国府はどこかに移設されたのではないでしょうか。
 その移設場所が、太宰府市通古賀かも?

 講堂と塔の基壇が瓦積から乱石積みに変更になっている。
 単に基壇外装を変えただけだろうか。
 もしかしたらこれが塔を五重から七重に改造した痕跡かも?
 9世紀とあるが、これが土器編年によるものなら8世紀になり、聖武詔あたりだ。

 塔の基壇などの図面とその説明を読んでみて、改造の痕跡はないですか?

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 塔の基壇などの図面とその説明を読んでみて、改造の痕跡はないですか?

筑前国分寺が上・下二段からなる二重基壇であるということ自体が,改造の証拠かもしれません。
つまり,最初は瓦積みだったのが,乱石積み基壇に改修されている。
もしかしたら下段に合うような東金堂があったのかもしれません。(薩摩国分寺や筑後国分寺のように)
また,環状の石列を配するといった特異な点が認められることから,
この時に何等かの祭事(七重塔建設?)が行われたのではないかと書いてありました。
(『新修 国分寺の研究』P6~8)

肥沼さんへ

 塔が二重基壇だということよりも
 途中まで基壇を築いて心礎を置き、同じ平面に側柱の位置にあたる場所に環状の石列を配し、そのあとさらに上に基壇を盛り上げてから根石を置いて側柱の礎石を置く。
 この二段階の築造方法をとったということと
 最初は瓦積みだった基壇外装を→乱石積みに変更した
 との二つが、塔を大型に改造した痕跡だと思います。
 何しろ17m四方の大型の塔ですから。

 さらに塔の階段ですが、南側は改造時に付けたものとあり、本来は西側と東側のみとありますが、東側の基壇は削平されて何もないので、本来は西側だけ階段があったのではないか。
 つまり西向きの塔。
 ということはこの西側に東向きの金堂があったのではないか。
 この場所は未発掘地域です。

 つまりこの寺の本来の伽藍は
 観世音寺式であった。
 この金堂を解体して講堂を金堂に変更し、塔を大きくして大官大寺式に改造した。

 と推定できるのではないでしょうか。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  さらに塔の階段ですが、南側は改造時に付けたものとあり、本来は西側と東側のみとありますが、東側の基壇は削平されて何もないので、本来は西側だけ階段があったのではないか。
 つまり西向きの塔。
 ということはこの西側に東向きの金堂があったのではないか。
 この場所は未発掘地域です。

 つまりこの寺の本来の伽藍は
 観世音寺式であった。
 この金堂を解体して講堂を金堂に変更し、塔を大きくして大官大寺式に改造した。

 と推定できるのではないでしょうか。

→ なるほど,階段が南(後付けらしい)と西にはあるのに東はないのは
どうしてなのだろうと思っていました。
塔と金堂が向き合っていたのですね。なるほどなあ。

追伸
>途中まで基壇を築いて心礎を置き、同じ平面に側柱の位置にあたる場所に環状の石列を配し、そのあとさらに上に基壇を盛り上げてから根石を置いて側柱の礎石を置く。

 この念の入った築造法が気になっていました。
 どこの国分寺の塔で見たのか?
 普通礎石の下には基壇が沈下しないように根石を置くのですが、そのさらに下に環状に石を敷くやり方があったと思う。そして根石のさらにしたに石を敷くのは、礎石の上に乗る建物がかなり重いからという推定を見たと思う(探してみます)。
 つまり七重に改造する際に基壇の拡張は行わなかったが(元からあった西階段がついている基壇がもともとの基壇と考えられるから)、上にさらに二層多い建物を載せるので、従来の五重塔の時よりも念入りに基壇が沈下しないようにしたのではないでしょうか。

 それから瓦の件。
8・9は単弁だが弁の中が盛り上がっていない=平面的。
とありますので、これは素弁蓮華文軒丸瓦です。
そして4.5.6.7が単弁で弁の内部が盛り上がった形ですので、これが通常の単弁有子葉軒丸瓦です。
 1・2は複弁有子葉軒丸瓦。いわゆる白鳳期から奈良時代初期。

 10は単弁だが弁の形に膨らみがなく、柳の葉のようで中心が葉脈のように盛り上がっている。
 これはどの時代だろうか。たしか平城京にこのような瓦があったような。とすれば奈良時代初期の瓦。

 8・9が本来の飛鳥時代、つまり7世紀初頭以前、もしかしたら6世紀末の瓦。
 そして同じ飛鳥時代と考えられるのが7。 単弁だが子葉がなく、弁の真ん中が窪んだ形。
 これらがこの寺の創建瓦だと思います。

 そしてこれに次ぐのが同じく数の少ない4の老司Ⅰ式。単弁の有子葉瓦。これが7世紀中頃。 

 1・2と3の複弁式の鴻臚館式瓦が7世紀後半。

 九州の瓦は飛鳥地方に比べるとおよそ100年後ろに年代が下げられていると思います。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 九州の瓦は飛鳥地方に比べるとおよそ100年後ろに年代が下げられていると思います。

それでは,〈方位の考古学〉と似ていますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宣言 関西3府県と愛知・岐阜を先行解除へ | トップページ | ヤクルトとの練習試合 2/26 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ