« 横浜との練習試合 2/25 | トップページ | 栃木 足利の山火事 発生から4日経過 延焼続き消火活動は難航 »

2021年2月25日 (木)

『東村山 郷土のあゆみ5』出来上がる

上記の冊子が出来上がった。

東村山郷土研究会の50年誌である。

244ページもあるボリュームのある冊子で,

私はその制作過程の苦労も知っているので,

本当に「ご苦労様でした」と言いたい。m●m

私の文章も1ページだけ収められていて,

「東村山郷土研究会への質問」というもの。

東村山市を縦断する東山道武蔵路について,

(1)大和朝廷の官道とする史料はいったいどこにあるのか?

(2)何世紀のいつ頃に作られたのか?

(3)8世紀(771年)に武蔵国は

東山道から東海道にコース変更になるが,それはなぜか?

という3つの質問をさせていただいた。

244分の1の分量で,%にしたら0.5%未満だが,

自分なりの一文を寄せられたかなと思う。

Img_9392

« 横浜との練習試合 2/25 | トップページ | 栃木 足利の山火事 発生から4日経過 延焼続き消火活動は難航 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜との練習試合 2/25 | トップページ | 栃木 足利の山火事 発生から4日経過 延焼続き消火活動は難航 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ