« NHK逆転人生「全米に豆腐を広めた男」 | トップページ | 【インタビュー・挑む男】楽天・松井裕樹、抑え再転向 防衛率1点台を目指しキャリアハイのセーブ超え »

2021年2月23日 (火)

薩摩国分寺は,飛鳥寺式から大官大寺式への改造だった!

鹿児島県における寺院建立の開始と広がり 」(池畑耕一論文)を使って,

「薩摩国分寺の「塔基壇」の縮小?」という話題を「夢ブログ」上に提供しました。

すると,一夜にして川瀬さんが池畑論文を精査し,以下のような判定をして下さいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1:伽藍の中軸線の方位・・・東偏3度:九州王朝時代で6世紀末以前

2:伽藍の構造・・・6世紀末の創建時伽藍は飛鳥寺式 → のちに大官大寺式に改造

3:出土瓦 服部さんの研究に依拠する・・・単弁と考えると、7世紀中頃

4:国府からの距離・・・近く(5キロ以内)

総合判定・・・二つ目の伽藍が聖武詔の時に存在した寺院。
 そしてこの少し前に瓦は複弁瓦に葺き替えられた。
 大官大寺式ですから塔が回廊の中にある古式寺院

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

飛鳥寺式と言えば,奈良県の飛鳥寺しか思い浮かびませんが,

鹿児島県の薩摩国分寺の創建はそれだったのでした。ビックリです。

ちなみに,「飛鳥寺式伽藍配置」で検索してみたら,以下のように出ていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



飛鳥寺式伽藍配置





  • 中門からでる回廊が塔と3つの金堂を囲む。
  • 回廊の北側(外)に講堂をもつ。
  • 塔は中門、中金堂、講堂を結ぶ一直線上にあり、左右(西・東)に金堂をもつ。
  • 塔は仏舎利を埋納するという最も重要な施設という考え方が成立している。
  • 同様式をもつ例は国内にはない。

伽藍配置 飛鳥寺式



« NHK逆転人生「全米に豆腐を広めた男」 | トップページ | 【インタビュー・挑む男】楽天・松井裕樹、抑え再転向 防衛率1点台を目指しキャリアハイのセーブ超え »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 単にびっくりしていないで、どうやって私がこの結論に到達したか考えてください。
1:長方形の塔はない。塔は普通正方形。塔の下にある基壇は西向きのお堂と考えるしかない。
    →西金堂(東向き)・金堂(南向き)があるのだから三つの金堂がある伽藍と考えるしかない。
    →だから創建時は三つの金堂の中央に塔がある飛鳥寺式。
2:創建瓦を複弁としているがこれは間違い。間違った理由は国分寺だから8世紀としたから。
    →服部研究を使えば、創建時は素弁八葉蓮華文軒丸瓦。
    →年代は6世紀末。
3:伽藍中軸線の向き:東偏3度
    →九州王朝時代の6世紀末以前の東偏時代に創建された。
4:再建時としている大官大寺式伽藍が単弁または複弁瓦だろうから、
    →時代は7世紀中頃

 こう考えたわけ。

 でも訂正します。
 飛鳥寺式→大官大寺式 ではなく
 飛鳥寺式→観世音寺式→大官大寺式へと変遷したとみられる。
 理由は各建物の変遷。

 塔は二つの時期が考えられる
   1:基壇外装不明の時代 西向きのお堂・・・・これが創建時で飛鳥寺式の時期。
   2:石積み基壇外装の時代 8.6m四方の塔・・・観世音寺式以後の時期。
   3:塔の周りに改造のためか足場を組んだ柱穴がある・・・・・聖武詔以後か?

 西金堂は四つの時期が考えられる。
   1:基壇外装不明の時代・・・・・・・・・・・・・・・これが創建時で飛鳥寺式の時期。
   2:石積み外装基壇で礎石建物の時代・・・・・これが観世音寺式の時期。
   3:瓦積み外装基壇で掘立柱建物の時代
   4:建物が消滅した時代・・・・・・・・・・・・・・・・これが大官大寺式の時期。

 金堂は二つの時期が考えられる
   1:j基壇外装が不明の時代・・・・・・・・・・・・・飛鳥寺式の創建期か?
   2:石積み外装の礎石建物の時代・・・・・・・・観世音寺式以後の時期か?

 講堂は二つの時期が考えられる
   1:基壇外装不明の時代 ・・・南北12.6m 東西46.5m以上 僧房か? 飛鳥寺式の時期以後か?
   2:石積み外装基壇の時代・・・南北11.6m 東西27m  講堂に転用か? 大官大寺式以後か?

 そして瓦は、素弁→単弁→複弁と変化しているのですくなくとも、三つの時期がある。

★修正した伽藍変遷
1:創建期:6世紀末以前  飛鳥寺式伽藍 素弁八葉蓮華文軒丸瓦
2:再建期1:7世紀中頃  観世音寺式伽藍 単弁蓮華文軒丸瓦
        西金堂→金堂に 金堂→講堂に  東金堂→解体して8.6m四方の塔に
  ※その後金堂が何らかの理由で建て直される
    礎石建物→掘立柱建物(仮堂ではないか?)
  ※その後瓦は複弁軒丸瓦に改装。
3:再再建期:8世紀中頃か 大官大寺式伽藍に改造。
        金堂→解体  講堂→金堂に改造。 僧房→講堂に改造。
  ※この時8.6m四方の塔を改造しようとしたか?
     塔基壇の周囲に残る大きな柱穴=改造のための足場跡?・・・これが大官大寺式への改造の時期を聖武詔以後とした理由。

 以上のように訂正します。
 詳しくは奈良文化財研究所のデータベースや発掘報告書を精査しないと。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  単にびっくりしていないで、どうやって私がこの結論に到達したか考えてください。

長方形の基壇が「塔以外のもの」とは思ったのですが,
まさかそれが「飛鳥寺式伽藍配置の東金堂」のものとは気が付きませんでした。
それまで「飛鳥寺式」は日本列島に飛鳥寺1つしかないと思い込んでいましたから。

版築した13m×10mの長方形が残っているところが,
「遺跡は改造しても,証拠を残している」ということなのですね。

>長方形の基壇が「塔以外のもの」とは思ったのですが,
まさかそれが「飛鳥寺式伽藍配置の東金堂」のものとは気が付きませんでした。
それまで「飛鳥寺式」は日本列島に飛鳥寺1つしかないと思い込んでいましたから。

 塔ではないと気が付いた。
 ではお堂ですね。
 そうすると伽藍配置図で参照すれば、西側に西金堂。北側に金堂があるのですから、
 →必然的に飛鳥寺式 
 となります。

 「飛鳥寺式」は日本列島に飛鳥寺1つしかない
 というのは単なる通説的理解ですからね。

 遺跡という第一級の資料に基づいて考えるということは、こうした通説的理解をも乗り越えるということです。

>版築した13m×10mの長方形が残っているところが,
「遺跡は改造しても,証拠を残している」ということなのですね。

 その通りです。
 基壇は削平してなくしても、その下の掘り込み地業は残りますから。
 そして薩摩国分寺の場合は基壇を全部削ったわけではなくて低くした上に石積み基壇の塔を建てたので、基壇の一部と掘り込み地業が残っています。
 遺構にはこうした消えたものの痕跡が残っているので、ここを推理するのが大事です。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  基壇は削平してなくしても、その下の掘り込み地業は残りますから。
 そして薩摩国分寺の場合は基壇を全部削ったわけではなくて低くした上に石積み基壇の塔を建てたので、基壇の一部と掘り込み地業が残っています。
 遺構にはこうした消えたものの痕跡が残っているので、ここを推理するのが大事です。

いい勉強になりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NHK逆転人生「全米に豆腐を広めた男」 | トップページ | 【インタビュー・挑む男】楽天・松井裕樹、抑え再転向 防衛率1点台を目指しキャリアハイのセーブ超え »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ