« 蓮華文軒丸瓦の変遷 | トップページ | 本日の治療 2/5 »

2021年2月 5日 (金)

塔を回廊内に建てた「古式」の国分寺からは,白鳳瓦が出土

前に登場した「伊予国分寺と白鳳瓦」から,

大きく分けて「古式」と「新式」の2種類があることを使わせてもらい,

九州王朝の「国分寺」が7世紀半ばにはすでに存在し,

その8世紀半ばになって741年の「国分寺建立の詔」(聖武天皇)が出され,

その内容は「七重塔を加える」という意味だであったことを確認したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●「塔を回廊の内に置く古式の伽藍配置の国分寺」 十八国
西海道―筑前国、筑後国、肥前国、豊後国、肥後国、薩摩国
南海道―伊予国、讃岐国、紀伊国
山陽道―備後国、備中国
山陰道―丹波国
畿内―なし
東海道―甲斐国、相模国、上総国、下総国
東山道―美濃国
北陸道―能登国

●「塔を回廊の外に置く新しい形式の伽藍配置の国分寺」 三十三国
西海道―なし
南海道―淡路国、阿波国、土佐国
山陽道―播磨国、美作国、備前国、安芸国、周防国、長門国
山陰道―丹後国、但馬国、因幡国、伯耆国、出雲国
畿内―山城国、大和国、河内国、和泉国
東海道―伊賀国、尾張国、三河国、遠江国、駿河国、伊豆国、武蔵国、常陸国
東山道―近江国、信濃国、上野国、下野国、陸奥国
北陸道―若狭国、佐渡国

P5070294_2

(7年前に描いたグラフです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ 七世紀のものと、八世紀以降の国分寺式のものとに分裂している。

※ 七世紀の古式の伽藍配置の国分寺からは白鳳期、七世紀の瓦出土がある

※ 美濃国分寺、甲斐国分寺、能登国分寺、備中国分寺から白鳳時代の古瓦が出土している。

※ 伊予国分寺も古式の伽藍配置で白鳳時代の古瓦が出土している。

« 蓮華文軒丸瓦の変遷 | トップページ | 本日の治療 2/5 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥えさんへ
わかりやすい分類、ありがとうございます。

塔を回廊外に置く寺院について一点期待するとすれば、
「古式寺院に塔を後付けしたタイプ」と
「国分二寺図式のタイプ」とを分けると、
さらに情報が豊かになるのではないでしょうか。

ご存じでしょうが、古式寺院は南大門と中門・回廊の間が狭い(塔を置く余地がない)、か、どこかに3:2の比率がある、ので簡単に識別可能だと思います。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

〉 塔を回廊外に置く寺院について一点期待するとすれば、
「古式寺院に塔を後付けしたタイプ」と
「国分二寺図式のタイプ」とを分けると、
さらに情報が豊かになるのではないでしょうか。

ご存じでしょうが、古式寺院は南大門と中門・回廊の間が狭い(塔を置く余地がない)、か、どこかに3:2の比率がある、ので簡単に識別可能だと思います。

そうでしたね。
国名がわかりますか?
わかれば,すぐに追加させていただきます。

〉 

肥沼様

大変わかりやすく示唆に富んだ分布図です。「洛中洛外日記」で紹介させていただきたいと存じます。
なお、「丹波国」が両方に記載されていますが、これはどのような事情からでしょうか。ご教示のほど、お願い申し上げます。

古賀達也

古賀さんへ
コメントありがとうございます。

〉 大変わかりやすく示唆に富んだ分布図です。「洛中洛外日記」で紹介させていただきたいと存じます。
なお、「丹波国」が両方に記載されていますが、これはどのような事情からでしょうか。ご教示のほど、お願い申し上げます。

後の方のものが「丹後国」の間違いです。
また,後の方の東山道の最後に「陸奥国」を加え,合計も三十三となります。
(先ほど訂正しました)

この統計は,庄司圭次さんの「誰が国分寺の制度を作ったか」という論文
(「倭国」とは何か(同時代社)収録)から知ったものです。
私の仕事は,分布図にしたということです。(その方が価値が増すと思いまして)
皆さんの参考にしていただければ幸いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 蓮華文軒丸瓦の変遷 | トップページ | 本日の治療 2/5 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ