« ☆高知県安芸市の瓜尻遺跡 | トップページ | 「私は生きたい」難病ALSと闘う女性バイオリニスト コロナ禍に選んだ‟生き続ける”決意【北海道発】 »

2021年2月 7日 (日)

☆瓜尻遺跡の報告書に載っていた掘立柱建物の方位は?

検索してすぐに見られる安芸市立歴史民俗資料館 2005

『安芸市埋蔵文化財発掘調査報告書5: 瓜尻遺跡』高知県安芸市教育委員会というものを

スクロールして見てみた。

すると,SB1という掘立柱建物が出ていて,方位もわかるものだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_9183

クリックすると拡大します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぴったり正方位というわけにはいかなかったが,主軸方向は,ほぼ正方位の「87°」とのこと。

方位で「3°」の差というのは,明らかに角度の違いがわかる「5°」より小さいのだから,

まずまずの数値ではないだろうか。

高知新聞の写真で紹介されている正方形のものの方位が楽しみである。

« ☆高知県安芸市の瓜尻遺跡 | トップページ | 「私は生きたい」難病ALSと闘う女性バイオリニスト コロナ禍に選んだ‟生き続ける”決意【北海道発】 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ☆高知県安芸市の瓜尻遺跡 | トップページ | 「私は生きたい」難病ALSと闘う女性バイオリニスト コロナ禍に選んだ‟生き続ける”決意【北海道発】 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ