« 核兵器禁止条約、批准国で順次発効 締約国会議はオーストリア開催へ 日本参加は? | トップページ | ある橋の歴史 »

2021年1月22日 (金)

やはり入手しておくか

『古代国府の成立と国郡制』(大橋泰夫著、2018年)は

やはり入手しておいた方がいいかなあと思っている。

結論は最初から違うと思うが,

国立国会図書館の検索でその目次を詳細に見ると,

後半に興味深い題名があったからである。

(「地方官衙の正方位採用 」や「方位を変えた地方官衙遺跡 」等)

値段は,1万円ほど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【『古代国府の成立と国郡制』】

https://rnavi.ndl.go.jp/mokuji_html/028993976.html


 

« 核兵器禁止条約、批准国で順次発効 締約国会議はオーストリア開催へ 日本参加は? | トップページ | ある橋の歴史 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

私の場合は2018年当時、図書館で目にとまり読んでみました。特に後半の資料は役に立つかもしれません。
ONラインの画期を示す事例として「国府成立と正方位採用は701年の大宝律令から」という記事を書きましたが、方位の考古学では既に異なる結論を打ち出されていたようです。
この辺りの問題についても、大いに研究し議論していただけたら有難いです。

侏儒国民さんへ
コメントありがとうございます。

「図表目次」の項目に,興味を惹かれるものが少なからずあるように思いました。
一度「立ち読み」してみたいのですが,まだ機会がありません。(笑)
国会図書館に行くかなあ。

肥沼さんへ
>国会図書館に行くかなあ。
 コロナ禍の中で国会図書館は抽選予約制になっています。
https://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2020/200601_01.html

 ただし「登録利用者の方は」平日午後4時以降は予約せずに利用できるとあるので、すでに登録利用をしておれば、これがお勧めですね。閉館は7時ですから。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 コロナ禍の中で国会図書館は抽選予約制になっています。

ありゃりゃ,そうなんですか?

〉 ただし「登録利用者の方は」平日午後4時以降は予約せずに利用できるとあるので、すでに登録利用をしておれば、これがお勧めですね。閉館は7時ですから。

私は登録利用者なのでそれは助かります!
ただ「平日午後4時以降」というのがうまくない。
なにしろその時間には,「相棒」の放送がありますから・・・。
やはり,買うのが手っ取り早いですかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 核兵器禁止条約、批准国で順次発効 締約国会議はオーストリア開催へ 日本参加は? | トップページ | ある橋の歴史 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ