« 路線バスで寄り道旅(志村けん・東村山も登場) | トップページ | 駅ピアノ~「鬼滅の刃」メドレー(紅蓮華/竈門炭治郎のうた/炎) »

2020年12月14日 (月)

「疲れが出る」ということ

昨日四十九日の法要が終わり,喪主の仕事としてはひと段落となった。

しかしというべきか,当然のことというべきか,どっと疲れが出て,

Soundyに行っても「早退」するし,テレビは「うとうと」するしで,

午後9時には布団に入ることになった。

というと,悪いことばかりのような感じだが,

ここで「疲れが出る」ということの積極的な意味を考えてみたい。

前にも書いたことがあるが,熱が出ることや吐くことと似ているのではないか。

熱が出る → 体内の菌を熱で攻撃する作用

吐く → 体内の危険物を体外に追い出す作用

ということがあって,「これをしないとかえってよくないことが起きる」ということなのではないか。

疲れが出るのは確かにあまりうれしいことではないのだが,積極的に考えると,

疲れが出る → このまま疲労を貯め込むと危険なので,一度放出させる作用

なのではないかと考えてみた。

もしこれがなかったら,疲労を通り過ぎて過労となり,さらに続くと過労死に・・・。

そういうことまで突き進めれば,私の体は速度を上げ過ぎないで運転している車のようで,

スピードが出過ぎて大事故が起こる前に,小まめにブレーキを踏んでくれている高性能の車なのかも!

(まっ,それは言い過ぎかもしれないが)

そういえば,私は子どもの頃から風邪やインフルエンザにはかかっても,入院するような大病はしてこなかった。

なので,そういう点では両親に感謝すべきなのだろう。

昨夜は早く寝られて,しかも良い睡眠が取れた。

今年も残り二週間ほど,「残務整理」と「整理整頓」に時間をあて,間近の2021年に備えたい。

 

 

« 路線バスで寄り道旅(志村けん・東村山も登場) | トップページ | 駅ピアノ~「鬼滅の刃」メドレー(紅蓮華/竈門炭治郎のうた/炎) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

肥さんへ

>私の体は速度を上げ過ぎないで運転している車のようで,
スピードが出過ぎて大事故が起こる前に,小まめにブレーキを踏んでくれている高性能の車なのかも!
(まっ,それは言い過ぎかもしれないが)

いや、言い過ぎではないですよ。生き物には自己防衛本能があって(だから生存競争で生き残ってる)、
意思とは関係なくそれが働きます。

バイクに乗っていて「ちょっと怖いな」と感じる時は、危険を察知しているので、慎重に運転するのがよいと、あのレジェンドの「チャンプ片山(敬済)」さんが言っていました。経験的にたしかにそうだと思いました。下記のYouTube動画をご覧ください。

〉〉上達の近道(方法)!怖いと感じる領域では絶対に走ってはいけない!
(https://www.youtube.com/watch?v=TMhtVHvE7d0)

山田さんへ
コメントありがとうございます。

〉バイクに乗っていて「ちょっと怖いな」と感じる時は、危険を察知しているので、慎重に運転するのがよいと、
あのレジェンドの「チャンプ片山(敬済)」さんが言っていました。経験的にたしかにそうだと思いました。

そうですよね。ちょっと自信が付きました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 路線バスで寄り道旅(志村けん・東村山も登場) | トップページ | 駅ピアノ~「鬼滅の刃」メドレー(紅蓮華/竈門炭治郎のうた/炎) »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ