« カンタカの本 | トップページ | ホットなクリスマスイブ »

2020年12月23日 (水)

久しぶりの神保町

本日神保町の書泉グランデにおいて,以下の2冊の本を購入した。

左は古田本のミネルヴァ書房の最新刊『古代通史』。

「復刊に寄せて」を青木洋さん(小型ヨットで太平洋横断)が,

「あとがきにかえて」を古田光河さん(古田氏のご子息)が書かれている。

右は古田説を支持し,何冊もの本を書かれている草野善彦さんの最新書=

『「倭国」の都城・首都は太宰府』(本の泉社)である。

どんな新情報が掲載されているか楽しみである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_8764_20201224061101

« カンタカの本 | トップページ | ホットなクリスマスイブ »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カンタカの本 | トップページ | ホットなクリスマスイブ »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ