« 【誤報】GoToトラベルで発症2倍!それは間違いなので,わかりやすく解説します | トップページ | 『古代通史』が復刊されたようです »

2020年12月 9日 (水)

仕事がススム君(2)

今日午後から所沢市役所に行き,母の婚姻前の戸籍を取ってきた。

母は父との婚姻前は所沢市で暮らし,

婚姻後は東村山市→山口県岩国市(父の会社の社宅)→東村山市と移動しただけなので,

東村山市の分は東村山市役所ですぐに取れた。750円。

同じように婚姻前のものもすぐ取れると思っていたら,

実は母から見て祖父母の代(私から見たら曾祖父母の代)までの全員の名前が書かれている

戸籍が20分ほど待って出てきた。2250円くらい。

「出生にさかのぼって戸籍をあきらかにする」とは,こういうことなのだった。

ちなみに,これを証明して可能になることは,以下のことだけなのだ。

【アパート会社→止められている母の銀行口座の代わりに,私のところに家賃が入る→銀行がローン分を引く】

相続は,ようやくスタートラインについたばかりだ。(ため息・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このほか,毎日のように「母の口座から引き落としができない」という連絡がある。

しかも留守電で電話番号を入れてくれていないものもあり,折り返しの電話もできない。

電話がわかればすぐかけて,「母が亡くなって・・・」と事情を説明するのだが。

 

 

« 【誤報】GoToトラベルで発症2倍!それは間違いなので,わかりやすく解説します | トップページ | 『古代通史』が復刊されたようです »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ナンバーディスプレイにしてはいかがですか?
(毎月440円かかりますが…)

北活さんへ
コメントありがとうございます。

もともと電話嫌いなので,そういう手があるのを忘れていました。
ワンコイン以下なら高くはないですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【誤報】GoToトラベルで発症2倍!それは間違いなので,わかりやすく解説します | トップページ | 『古代通史』が復刊されたようです »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ