« 国防の最前線!対馬が生んだ国宝級の城・金田城 | トップページ | お茶で新型コロナ無害化 1分で最大99% 奈良県立医大 »

2020年12月26日 (土)

神々の島 壱岐の「月読神社」

ウォーキング仲間のOさんがポストに,

壱岐の「月読神社の由緒」を入れてくれた。

どうもOご夫妻は,長崎県対馬・壱岐・五島列島にいらしたようだ。

検索したところ,こんなサイトがありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【神々の島 壱岐「月読神社」】

http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/post-6956/

こんにちは!ともっちです☆
玄界灘にぽっかり浮かぶ神々の島「壱岐」シリーズ
(⇒前回のブログはこちら)

更新が遅くなりましたが、3回目の今日ご紹介するのは
壱岐を代表するパワースポットのひとつ「月読神社」
なんと1,500年以上の歴史があり、
「日本神道の発祥の地」という説もある凄~い神社なのだとか!!

・・・今サラっと言いましたが、
1,500年前って大和朝廷とかの時代ですよね。

しかも、えっ?
「日本神道発祥の地」って壱岐なの???
京都とか奈良とかじゃないの????
と思いますよね、フツウ。

500IMG_5643

そうなんです。今でこそ日本の辺境の地、
大陸との国境の島である壱岐島の月読神社は、
日本最古の歴史書「古事記」「日本書紀」とも関係の深い
スペシャルに伝統と格式のある神社なのです!!!

 

なんでも、「古事記」によると、
月の神 月読命(つくよみのみこと)は、
太陽の神 天照大御神(あまてらすおおみかみ)のきょうだい。
(両親は伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと))

 

京都にある月読神社は487年に、
壱岐の月読神社から分霊したものなのだとか。
このことにより日本の中央に古神道が根付いた・・・
つまり、ここが日本神道の発祥とされているんですって!!!
◆由緒について詳しくは月読神社公式HPをご覧ください

 

国道沿いにも関わらず、このあたりだけ神秘的な空気が漂っています。
鳥居をくぐり、急な石段の参道を上がり拝殿へ。

500IMG_5651

拝殿
一見フツウに見えますが、静かなパワーを感じます。

500IMG_5648

奥の院
奥に進むほどに、神聖な空気が濃くなっていくように感じます。

500IMG_5649

筋肉ムキムキ!!
イケメン狛犬さまもいらっしゃいますよ♪

実際に訪れて1,500年以上ともいわれる
歴史のパワーを感じてみてはいかがでしょうか。
 

※次回は「壱岐のヘソ」に鎮座する國片主神社をご紹介します(^^♪
(⇒次回ブログ 神々の島 壱岐「國片主神社」)

【月読神社】
所在地:〒811-5732 長崎県壱岐市芦辺町国分東触464
電話:0920-47-3700(壱岐市観光連盟)
交通アクセス:芦辺港から車で10分
基本情報はながさき旅ネットで↓
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/51592/

« 国防の最前線!対馬が生んだ国宝級の城・金田城 | トップページ | お茶で新型コロナ無害化 1分で最大99% 奈良県立医大 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国防の最前線!対馬が生んだ国宝級の城・金田城 | トップページ | お茶で新型コロナ無害化 1分で最大99% 奈良県立医大 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ