« 激動の112日間 | トップページ | 1月の楽しみ »

2020年12月13日 (日)

「四十九日の法要」が終わる

正式な仏教の法要だと,初七日・二七日・三七日・四七日・五七日・六七日・七七日(四十九日)と

七日ごとに法要をやるらしい。

しかしこれでは,大変だということから,初七日は葬式の時に合わせてやってしまい,

次の法要が四十九日ということになるのが普通だ。

これで「ひと段落」で,次は一周忌ということである。

遺族や親族の負担を考えてのことだろう。

法要には準備も費用もかかる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お寺での読経 → 墓で納骨(短めの読経)→ お寺に戻ってお清め

本日は,このような流れで行った。

お土産として,「母の年図」と「激動の112日間」を配り,

DVDで「新井外科」について母がインタビューを受けているものを流した。

約1年前に収録されたものだが,皆さんに喜んでいただけた。

Img_5978_20201213190301 

       DVDで「新井外科」について語る母

Img_6003

            お清めの料理

« 激動の112日間 | トップページ | 1月の楽しみ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 激動の112日間 | トップページ | 1月の楽しみ »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ