« 天気はいいが,寒くなる | トップページ | 「鉄印」を集めて楽しむローカル線の旅 »

2020年12月 1日 (火)

「国字」は「聖徳太子」がらみ

古賀達也さんが「洛中洛外日記」の中で登場させている「国字」は,

古賀さん自身もおっしゃっているように,「聖徳太子」がらみである。

古田史学では,九州王朝の多利思北孤のことにあてるわけだが,

かつて九州年号を各地の寺社縁起に求めたように,

「国字」も九州王朝の実在を証明する証拠になる可能性を持っていると思う。

Img_8564

« 天気はいいが,寒くなる | トップページ | 「鉄印」を集めて楽しむローカル線の旅 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 天気はいいが,寒くなる | トップページ | 「鉄印」を集めて楽しむローカル線の旅 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ