« 平曲会 11/8 | トップページ | 本日の収穫 11/9 »

2020年11月 9日 (月)

若年性認知症の記事

母も認知症であった。

私が気が付いたのは,父のが亡くなった時だったから,今から18年前。

86-18=68なので,私もそろそろ近づいているのかもしれない。

ガスの火を付けて,他の場所に行ってしまう。当然焦げる。

1回ならまだしも,何回もそれを繰り返す。

おそらく何年も前からそうだったようで,空気清浄機(焦がした臭いを吸い取る)の購入も

それがきっかけだったのだろう。

なので,消火器を用意したり,火災報知機を付けたりしたが,

こちらもまだ現役だったので,同居するには至らず,

「スープの冷める距離」ということで,敷地内のアパートに引っ越した。

ケア・マネージャーからは,「いつ火事になってもおかしくない」と言われ,

ガス器具の撤去もした。(IHへ。それでも,焦げることは焦げる)

蚊取り線香も危険と思い,液体の電気式のものに。

それから2年して,退職したので,「一つ屋根の下」ということでようやく同居。

デイケアに週3日通っていたのだが,曜日の認知ができず,

朝の日課の1つは,「今日は何曜日か」を新聞で確認することだった。

また,家の中3か所(母の部屋・玄関・食堂)に「1週間の予定」を貼って,確認できるようにした。

月・・・デイケア

火・・・買い物(第2火は,歌とおしゃべりの会)

水・・・デイケア

木・・・買い物

金・・・デイケア

土・・・買い物

日・・・教会

お金やハンコの管理もできなくなって,私が代行するようになる。

炊事・洗濯も私が代行するようになる。

片付けやシャワーも私が手伝う。

ということで,多くの手助けをすれば,なんとか生活はできていた。

その母に,病魔は少しずつ侵攻していた。

「なんだか,お腹が張るんだよねえ」という自覚症状で,

検診日ではないがかかりつけの診療所に行くことになった。

それは,忘れもしない8月24日,私の誕生日であった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【若年性認知症の記事】

https://news.yahoo.co.jp/articles/83cc8677033eab47978721493f3cad5a60cc5fb0

« 平曲会 11/8 | トップページ | 本日の収穫 11/9 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 お母様の認知症は何が原因だったのでしょうかね。年齢から考えて若年性ではないです。
 私の母の場合は、父が他界した15年前、つまり80歳の時にはすでに認知症を発症していた。
 きっかけは歩いているときにつま先が上がらずに転んで骨折をしたところで気が付いた。同じころ尿失禁が多く、体のバランスが取れなくなっていた。
 調べてみたら、正常圧水頭症という、脳を保護するための脳水が古くなっても排出されずに頭蓋骨内にたまり、脳を圧迫して委縮させてしまう病気。脳の内部に水が溜まるので、その周辺の部分が機能している、歩行や尿の感知、そして体のバランスがおかしくなる。
 75歳くらいのころ。
 そして父が他界して数年後、軽い脳梗塞を起こしたので病院にいってCTを撮ってもらったら、そこで正常圧水頭症だと診断された。
 認知症を起こす原因の多数派はアルツハイマー症。これが若年性認知症を起こす。
 あと多いのがレビー小体型認知症。そして正常圧水頭症による認知症。
 それぞれ症状が違うので検査すればわかります。

 肥沼さんは認知症の心配より、お母様が大腸がんだったのだから、自分もなると判断して、大腸内視鏡検査を定期的に受診することが大事だと思います。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  肥沼さんは認知症の心配より、お母様が大腸がんだったのだから、自分もなると判断して、大腸内視鏡検査を定期的に受診することが大事だと思います。

そうですね。受診してみましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平曲会 11/8 | トップページ | 本日の収穫 11/9 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ