« 楽天が西武に連敗して54敗目 | トップページ | 名誉棄損と慰謝料の相場 »

2020年10月29日 (木)

“あだ名禁止”の小学校

興味深い記事が載っていたので,リンクした。

世の中にはいろいろな学校や教育観があるので,

「あだ名がいじめにつながる」と考えて(仮説を立てて),

学校全体で取り組んでいる(実験している)と言えないこともない。

一時「男女とも“さん付けで呼ぶ”」という実践や

「男女混用名簿(全員あいうえお順)」があったが,

その後どうなったのだろうか。

記事の中にも出てくるが,タレントの中川翔子さんは,

子どもの頃付けられたあだ名で大変苦労したようだが,

“あだ名禁止”というやり方には反対のようだ。

かく言う私も多少そういう経験があるが,カバーしてくれる人もいて,

不登校になったりせずに済んでいる。

要は「お互いが不愉快なことはしないようにしよう」とする雰囲気が大切で,

それを意識した取り組み(仮説実験授業などのたのしい授業)が必要なのだと思う。

新任教員以来続いている「肥さん」というあだなは,

40年の時を超え,ブログ名にも受け継がれ,今に至っている。

(ある生徒の「「肥さん」と呼んでもいいですか?」という問いかけに,

私が即座に「いいね!」を出したものだ)

ちなみに,父は会社員時代「沼さん」と呼ばれていたそうだ。

うん,これも「いいね!」。

【“あだ名禁止”の小学校】

https://news.nifty.com/topics/12259/201028440821/

« 楽天が西武に連敗して54敗目 | トップページ | 名誉棄損と慰謝料の相場 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天が西武に連敗して54敗目 | トップページ | 名誉棄損と慰謝料の相場 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ