« 私のルーチン | トップページ | 地図と年表の大切さ »

2020年10月19日 (月)

逍遥学派

古代ギリシャに「散歩しながら講義をする」という学問の仕方があったらしい。

体を動かしていると脳も活性化することは考えられるので,なかなかいい方法だなと思っていた。

人間は「ただひたすら歩く」ということはなかなかできず,

「歩いていると(体を動かしていると)脳が働きだしてしまう」ということではないか。

もちろん考える暇もないほどハードな運動ではダメだが,散歩程度ならそれは大丈夫。

ウォーキングは散歩と同じなのかどうかわからないが,けっこう気に入っている。

母の介護の方針や古代史のアイデアなどが浮かぶのはそんな時だ。

【ウィキペディア「逍遥学派」】

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%8D%E9%81%99%E5%AD%A6%E6%B4%BE

Photo_20201019033001

『アリストテレスの学校』

« 私のルーチン | トップページ | 地図と年表の大切さ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私のルーチン | トップページ | 地図と年表の大切さ »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ