« 幡羅官衙遺跡と中宿遺跡(共に埼玉県深谷市)の場合 | トップページ | 茶白の「横回転」運動 »

2020年10月 1日 (木)

泉官衙遺跡(福島県)の場合

奈良文化財研究所データベースによると,

泉官衙遺跡(7世紀末~)⇒HK(方位の考古学)・6世紀末~

Img_5931_20201001103501

※ 藤木海著『南相馬に躍動する古代の郡役所・泉官衙遺跡』(新泉社)には,

「7世紀後半~」と書かれていた。

« 幡羅官衙遺跡と中宿遺跡(共に埼玉県深谷市)の場合 | トップページ | 茶白の「横回転」運動 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

こえぬまさんへ

 泉官衙遺跡の7世紀末都の年代は、遺構変遷のどの時期を指してるのでしょうか。
 ここを調べないと「定式化」の時代が確定できない。
 この遺跡では定式化はⅡb・Ⅲa以後だ。この二つの時期を建物データを使って確認して、それを100年ずらす作業が必要です。
 Ⅱaが正方位ですから、実年代は6世紀末か7世紀初頭。通説なら7世紀末か8世紀初頭です。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

なんか頭が混乱しているようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 幡羅官衙遺跡と中宿遺跡(共に埼玉県深谷市)の場合 | トップページ | 茶白の「横回転」運動 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ