« 「綿貫・観音山古墳」特別展 | トップページ | 高崎サークル 2020年9月 »

2020年9月 5日 (土)

楽天が接戦を制し34勝目

楽天が接戦を制し34勝目をあげた。

オリ030000002計5

楽天20301000×計6

先発・塩見が5回を3失点で試合を作り,

あとは1回ずつ救援陣がリードを保った。

最後のブセニッツには肝を冷やしたが…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【投手ー捕手】

塩見・安樂・宋・牧田・ブセニッツ-足立

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【得点】

1回裏・無死一塁から田中和がレフトへ2ランホームラン。3号。先制(2ー0)

3回裏・無死1・2塁から浅村がレフトへ3ランホームラン。21号。逆転(5ー3)

5回裏・二死走者なしから田中和がレフトへソロホームラン。4号。追加点

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーローインタビュー】

Photo_20200905211601

記者:ナイスバッティングでした。
浅村選手:ありがとうございます。

記者:1点ビハインドの場面、隣の田中選手が粘って粘って、四球で繋いでランナー2人いる場面でした。どんな意識で打席に向かいましたか。
浅村選手:田中選手が繋いでくれたチャンスだったので、鈴木選手もいますし、なんとか自分も後ろに良い形で繋ごうと思って打席に入りました。

記者:打った瞬間にお客さんが笑顔になる、そんなホームランが左中間に飛び込みました。手応えはどうでしたか。
浅村選手:手応えは完璧です。

記者:浅村選手自身もベンチで良い笑顔をされていました。良い形でホームランが出ています。現在の状態はいかがでしょうか。
浅村選手:状態は良いと思いますし、何よりチームが勝つことが大事なので、そこに貢献できているのが一番うれしいです。

記者:それでは、楽天イーグルスファンへメッセージをお願いします。
浅村選手:今日もたくさんの応援ありがとうございます。明日も勝ちたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします。

Photo_20200905211602

記者:まずは、1本目のホームランから振り返っていただきます。ノーアウト1塁、先制点が欲しい場面でした。どんな意識で打席に向かいましたか。
田中選手:岡島選手が先頭で出てくれて、後ろに浅村選手も控えているので、気楽に打席に入れました。

記者:打ったボールは左中間中段に吸い込まれていきました。打った感触はどうでしたか。
田中選手:打った感触は良かったので、あとは入ってくれと願っていました。

記者:そして、このホームランが今シーズン3号。ここ仙台では、初のホームランとなりました。お客さん待っていたと思います。その点についてはいかがですか。
田中選手:ホームランどころか、ヒット自体もこの球場であまり打てていなかったので、そんな中、ホームランを打つことができて良かったなと思います。

記者:これでチームは、久しぶりのカード勝ち越しとなりました。3連勝を願う楽天イーグルスファンへメッセージをお願いします。
田中選手:今日も熱いご声援ありがとうございました。明日も絶対に勝ちたいと思います。応援よろしくお願いします。

【三木監督インタビュー】

記者:昨日に引き続きリリーフが踏ん張ってという形になりましたがいかがでしょうか。
三木監督:はい。よく頑張ってくれましたね。
こういうゲームでブルペンの皆がこうして働いてくれるというか、頑張ってくれてすごくありがたく心強いですし、皆はそういうのが仕事だと思って野球に関してやってくれていますし、昨日、今日と非常にタフですけども、しっかり頑張ってくれてありがたいですね。

記者:浅村選手も二日連続の決勝点のホームランになりました。
三木監督:浅村らしい、すばらしい打球で一発でバシッと仕留めて、流石です。ナイスバッティングでした。

記者:守備でもいいプレーがありました。あのように攻守で引っ張っていってくれる姿はどのように映りますか。
三木監督:打つだけではなくて、守備でもそうですし、ベンチでも浅村がどっしりと居てくれることは非常に心強いということで、明日からもしっかり続けて頑張っていてほしいと思います。

記者:今日は田中選手にも2本のホームランが出ましたが、どのように映りましたか。
三木監督:和基(田中選手)も色んなことに取り組んでいる最中なのですけども、今日は結果として、6点目の終わってみれば和基(田中選手)のホームランがとても大きかったというところで。これからも和基(田中選手)のいい部分であるところを思い切りのよさと、また色んな状況で取り組んでいることがありますので、そういうことも進めてしっかり頑張ってもらいたいと思います。

記者:先発の塩見選手も、苦しみながらもなんとか試合は作ってくれたのではないでしょうか。
三木監督:立ち上がりがよくて、2回に3失点ですかね。あの時も捕まってしまった感じではありましたけれど、なんとか状態の良くない中で5回を3失点で切り抜けて、塩見も次に向けてしっかり調整というところと、今日は先ほど話した通りブルペンの皆が頑張ってくれたというところで。塩見もいいところもあったと思いますから、しっかりまた次に調整してもらいたいと思います。

記者:これで5カードぶりの勝ち越しが決まりました。少し、苦しい戦いが続いていたと思うのですけれど、その中でこういった形はチームにもいい薬になるのではないでしょうか。
三木監督:勝負をしているので、勝てたら色んなことが救われたり、次に繋げられたりするのですけれども、一戦一戦しっかりやっていくというところで。今日も結果見たら勝ちですけれども、もう少しこうするべきかなとか、チームの皆でやっていくことは必ずあると思いますので、勝ってよしで済まさないように、明日に向けてまたしっかり準備したいと思います。

« 「綿貫・観音山古墳」特別展 | トップページ | 高崎サークル 2020年9月 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「綿貫・観音山古墳」特別展 | トップページ | 高崎サークル 2020年9月 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ