« 人工肛門について | トップページ | 五十日(ごとおび)とはいえ・・・ »

2020年9月25日 (金)

日月神社と八雲神社

我が家の近くにある2つの神社が,

上記の日月(じつげつ)神社と八雲(やくも)神社である。

この両者の関係はと言うと,

主・・・日月神社

従・・・八雲神社

ということで,日月神社の飛び地境内社が八雲神社とのこと。

(天保六年比企郡中沢村の牛頭天王を分祀して創建、明治2年八雲神社に改称した らしい)

確かに境内の面積もそれを想像させる。

祭神はというと,

日月神社・・・大日孁貴尊(おおひるめのむちのかみ)、月読(つくよみの)尊 

八雲神社・・・牛頭天王(ごずてんのう)(天王様)← 子どもの頃「天皇様」だと思っていた

大日孁貴尊というのは天照大御神のことらしいから,

なんだか近畿王朝と九州王朝の合作(妥協案)のようだ。

また,牛頭天王(天王様)は当然出雲王朝(スサノヲという場合もあり)。

なんだか,多元的古代の遷り変わりを見ているようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出雲王朝 → 九州王朝 → 近畿王朝

   (国譲り)(白村江の戦いで敗北)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_1908_20190729082001_20200925141901

         日月神社(所沢市北秋津)

 

 

« 人工肛門について | トップページ | 五十日(ごとおび)とはいえ・・・ »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人工肛門について | トップページ | 五十日(ごとおび)とはいえ・・・ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ