« 楽天が接戦を制し33勝目 | トップページ | 楽天が接戦を制し34勝目 »

2020年9月 5日 (土)

「綿貫・観音山古墳」特別展

午前中に,上記の特別展に行ってきた。

土地勘のない私は,群馬県立博物館と高崎サークルの会場である

青年センターが近くであることを知らず,高崎駅まで戻ってしまったが,

何事も勉強である。もう間違えることはないでしょう。

前に見た時は,スペースの関係で副葬品の一部しか見られなかったが,

重要文化財から国宝への「昇格」とあって,おそらく全部見せてもらえたと思う。

何しろ「未盗掘」の副葬品だから,質量ともに驚くばかりだった。

(沖ノ島の国宝以外は,撮影OKでした)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_7726

Img_7740_20200905232801

Img_7733

Img_7734

Img_7728

Img_7731

Img_7736

Img_7730

Img_7737

Img_7741

Img_7750_20200906064001

もうこのような特別展は開かれないと思うと,

自然と財布の紐がゆるんでしまいました。(笑)

それにしても,真ん中の分厚い図録が,1300円台とは破格の安さです!

« 楽天が接戦を制し33勝目 | トップページ | 楽天が接戦を制し34勝目 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天が接戦を制し33勝目 | トップページ | 楽天が接戦を制し34勝目 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ