« 飯能・日高サークル 2020年8月 | トップページ | 今年の古代史セミナーは,「ハイブリッド方式」 »

2020年8月 8日 (土)

楽天が塩見の好投で24勝目

楽天が塩見の好投で24勝目をあげた。

ソフト000000002計2

楽天02100001×計4

塩見がていねいな投球でソフトバンクをかわした。

こういう投球ができれば,チームの信頼も増し,

自身の勝ち星も増えることになるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【投手ー捕手】

塩見・シャギワ・牧田・宋・酒居・ブセニッツ-足立・太田

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【得点】

2回裏・一死2塁から渡辺佳がレフトへの先制タイムリー二塁打。(1ー0)

2回裏・二死3塁から田中和がライトへのタイムリー二塁打。(2ー0)

3回裏・一死走者なしからロメロの左中間ホームラン。14号(3ー0)

8回裏・一死3塁から島内のライト前タイムリーヒット。(4ー0)

【試合のダイジェスト】

https://sports.yahoo.co.jp/video/player/3064360

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーローインタビュー】

Photo_20200808230801

記者:昇格即スタメンを告げられた時のお気持ちを教えてください。
渡邊佳選手:やってやろうという気持ちでやりました。

記者:先制のチャンスで、第一打席が回ってきました。今シーズン初打席に向かいましたが、どんな思いで打席に向かいましたか。
渡邊佳選手:爪跡を残そうと思いました。

記者:初球でしたね。
渡邊佳選手:迷わず振れたので、よかったと思います。

記者:談話でもありました、悔しい思いもあったというところなのですが、2年目の同期の活躍は刺激になっていましたか。
渡邊佳選手:開幕から同期の3人が活躍していて、僕もいつか同じ舞台でやりたいと思って下でやってきたので、今日はよかったです。

記者:ファームでは横浜高校の先輩、後藤武敏コーチに頑張ってこいと背中を押されたそうですが、ファームでやってきたことが力になったという思いでしょうか。
渡邊佳選手:そうですね。

記者:まだまだ試合も残っております。全国の楽天イーグルスファンの皆さまにメッセージをいただけますでしょうか。
渡邊佳選手:まだまだシーズンは長いですが、応援よろしくお願いします。

Photo_20200808230802

記者:ナイスピッチングでした。
塩見選手:ありがとうございます。

記者:今の率直な気持ちを聞かせてください。
塩見選手:7回投げ切りたかったです。

記者:ホーム仙台での勝利が2017年8月9日以来ということになりますが、いかがでしょうか。
塩見選手:全然勝てなくて、すみませんでした。

記者:仙台、楽天生命パーク宮城でのヒーロー、お立ち台での景色はいかがでしょうか。
塩見選手:いいものですね。

記者:今日は足立選手とのバッテリー、足立選手のリードも素晴らしかったと思いますが、振り返っていかがでしょうか。
塩見選手:本当にいいリードをしてくれますし、それを信じて投げているので、いい結果に繋がっているのかなと思います。

記者:先制タイムリーを放った渡邊佳選手が横にいます。渡邊佳選手にメッセージを送るならどんな言葉をかけたいですか。
塩見選手:今日上がってきて、スタメンで、初球カーブを打つなんてすごいな。

記者:このカード、福岡ソフトバンクに勝ち越しを決めました。イーグルス単独首位に立ちました。どんなときも熱く、熱く応援してくださる全国の楽天イーグルスファンの皆さまに塩見選手からメッセージをいただけますでしょうか。
塩見選手:雨の中、応援してくださりありがとうございます。これからもどんどん勝っていって、伝説を作っていきましょう。

【三木監督インタビュー】

記者:今日は9回に福岡ソフトバンクの追い上げがありましたが、着実に得点を重ねての勝利です。今日の一戦の手応えはいかがでしょうか。
三木監督:全員がしっかりゲームに入って闘えたと思います。

記者:塩見選手は7回途中まで投げて、無四球無失点でした。今日の内容はいかがでしたか。
三木監督:塩見らしく緩急つけて、コントロールも丁寧にというところで、ナイスピッチングだったと思います。それをリードした足立も、塩見のよさを引き出して、バッテリー2人でゲームを作って。守備もしっかり守れて、非常に締まったゲームだったと思います。

記者:(塩見選手が)100球を超えてからの交代というのは、あらかじめ決めてあったというところでしょか。
三木監督:試合の状況で色々な見解があると思うのですけど、我々は色々な相談をしまして、色々な理由をもって交代したというところです。

記者:今日一軍に上がった渡邊佳明選手。最初の打席の初球をしっかりスイングできました。
三木監督:チャンスの場面で、佳明(渡邊佳選手)らしい積極性と、ミート力が高い選手なのですけど、しっかり芯でとらえてナイスバッティングでしたね。

記者:田中選手もそうですが、一軍に上がってきた選手が、もらったチャンスをしっかり結果で残しているのですが、これは三木監督としてどうとらえていますか。
三木監督:チャンスを生かそうという姿勢も素晴らしいですけども、その2人(田中選手と渡邊佳選手)の話をすると、ファームで奈良原二軍監督はじめ、いろんなスタッフの方がしっかり教育・指導をしてくれている。また、練習もサポートしているというところで、選手にもしっかり頑張って力を、そして結果を出しているということもすごくありがたいですし、僕も嬉しいです。それと同時にチーム全員のスタッフ、特にファームの若い選手と接してくださる皆さんのおかげだと思います。

記者:これで福岡ソフトバンクに勝ち越して、単独の首位です。明日の一戦に向けてはいかがでしょうか。
三木監督:今の(首位なったという)ところは1つ置いておいて、明日また福井でしっかりうち(楽天イーグルス)のペースでゲームができるように、試合までにできることは準備して闘いたいと思います。

« 飯能・日高サークル 2020年8月 | トップページ | 今年の古代史セミナーは,「ハイブリッド方式」 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 飯能・日高サークル 2020年8月 | トップページ | 今年の古代史セミナーは,「ハイブリッド方式」 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ