« 明日から西武戦 | トップページ | 甲子園の交流試合が始まる »

2020年8月10日 (月)

奈良時代の疫病対策〜先人たちはいかにして危機を乗り越えたのか

奈良文化財研究所・平城宮跡資料館(奈良市)では現在、

古代のいのり-疫病退散!」と題した展示会(8月30日までの予定)が開かれているという。

  奈良時代前半・・・大皿の使用が多かった

  奈良時代後半・・・小皿の使用が増えた

という謎も,疫病対策の「新しい生活様式」という知恵ではなかったかという。

(現代でも,同じようなことをやっていますね)

この時期は,政権が九州王朝から近畿王朝に移動した時期でもあり,

近畿地方の人たちの不安は想像に難くないところです。

  ~ 7世紀末・8世紀初頭 ~

   (九州王朝)(近畿王朝)

ちなみに,701年の「大宝」という年号は,「続日本紀」によれば,

近畿王朝が初めて定めた(建元と言います)年号です。

(それまでは,約200年にわたって九州年号が使われていました)

【九州年号】

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2018/08/post-e685.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【奈良時代の疫病対策〜先人たちはいかにして危機を乗り越えたのか】

https://news.yahoo.co.jp/articles/95c6b9af176e6acf7640443f829a941f5706cd08

« 明日から西武戦 | トップページ | 甲子園の交流試合が始まる »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日から西武戦 | トップページ | 甲子園の交流試合が始まる »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ