« ショート・ステイでの写真 | トップページ | 本日の収穫 7/8 »

2020年7月 8日 (水)

金属器レプリカセットの貸し出し

私は若い頃吉野ヶ里遺跡を訪問し,

その売店で売られていた本物そっくり(形・材料)の

「把頭飾銅剣」を手に入れた。(当時2万8000円した)

それ以来,金属器レプリカがあると買い求め数が増えてきた。

ものによっては原料が違っていたりする〈金印はメッキ塗りの真鍮〉が,

できるだけ本物に近いものということで,以下の6種類がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)吉野ヶ里把頭飾銅剣

(2)青龍三年銘鏡

(3)荒神谷遺跡銅剣

(4)加茂岩倉遺跡銅鐸

(5)隠岐国出土駅鈴

(6)志賀島「漢委奴国王」金印

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これらを授業プラン〈「邪馬台国」はどこだ!〉といっしょに扱うと

とても効果的だということで,郵送代(往復で3000円しないくらい)だけで

貸し出すことをしている。(ぜひご利用下さい)

今回も6年生担当の小学校の先生からリクエストがあり,旅立ちます。

私は中1の歴史で何回も使いました。(1992年〜。のべ数十クラス)

出土物の中心を予想するだけなので,小中学生でも,気軽に

「邪馬台国」論争を戦わすことができるのです。

レプリカと聞いて,「なんだ偽物かよ」と思った方に。

本物は見るだけで触ることもできないですが,レプリカなら可能です。

しかも,6種類だけとはいえ,ほぼ同じ形・同じ材料でできていますので,

実際に授業に使え,触ってもらうこともできます。

「私も授業に使いたい」という方は,ご連絡下さい。

ただ,先ほど書いたように,今回群馬県に「旅立ち」ますので,

「来週使いたい」というリクエストにはお答えできないと思います。

しかし,「参観日スペシャル授業」という形なら可能です。

お父さんやお母さんたちにも予想してもらいながら,「邪馬台国」論争するなんて,

なんとロマンチックな参観授業だと思いませんか?

Img_7400

 

 

« ショート・ステイでの写真 | トップページ | 本日の収穫 7/8 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ショート・ステイでの写真 | トップページ | 本日の収穫 7/8 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ