« かつて日本列島に1万メートル以上の山があった! | トップページ | 土器編年は〈相対編年〉なので,当然年代のズレが生じる(工事中) »

2020年7月26日 (日)

かつて日本列島に〈東偏〉や〈正方位〉の建物を命じた王朝があった!(工事中)

「かつて日本列島に1万メートル以上の山があった!」を応用して,

〈方位の考古学〉編を作ってみます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)4世紀から11世紀の700年の長い期間,日本列島は〈西偏〉だった。

だから,磁石で「南向き」に建物を建てると〈西偏〉だった。

🏠🏠🏠(南向きに建てたつもり=今だと西向きになる)

     ↓

(2)ところが,九州王朝が「倭の五王」として南朝に使いを送った5世紀。

南朝の都は地形の都合で,〈東偏〉に作られていた。(逆だったんだね)

(^O^) 「そうだ!南朝にならって,建物を〈東偏〉で作ったら,

きっと東夷の国の中で№1にしてもらえるかもしれないぞ・・・」

     ↓

(3)こうして,日本列島で〈東偏〉の建物(役所・国寺=のちの国分寺)が多く作られた。

(5世紀中頃以降)

     ↓

(4)ところが!なんと5世紀後半に,柵封国・南朝が北朝に滅ぼされてしまう。

(>_<) 「大変!でも,一の子分だった倭国としては,北朝と対等になるチャンスだ。

隋と同じ〈正方位〉(〈東偏〉改め)にして,対等であることを示そう!(6世紀末)

日出ずる国(倭国)から日没する国(隋)へ手紙を出そう!戦時体制を敷こう(軍用道路など)!」

     ↓

(5)しかし,近畿王朝は九州王朝とは政策が違い,6世紀末から〈東偏〉→〈西偏〉としていた。

(その後,7世紀後半から〈正方位〉)

     ↓

(6)隋は短期間で滅んだが,唐が新羅と組んで,ついに戦争となった。

これが662年または663年の白村江の戦いである。

実力は,圧倒的に相手が強かった。大敗北。(>_<)

こうして九州王朝は滅び,日本のかじ取りを近畿王朝がすることになった。

     ↓

(7)720年に作られた『日本書紀』により,

「日本列島はずっと近畿王朝が治めてきた」とされたため,

九州王朝の歴史や業績がはっきりとしなくなっている。

しかし,〈方位の考古学〉はその謎を解き明かしてくれるに違いない。(^O^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【泉官衙遺跡・福島県】

Img_2504_20200726085901

(図をクリックすると拡大します)

左側が九州王朝の栄枯盛衰。右側が近畿王朝の栄枯盛衰。

つまり,2つの王朝の栄枯盛衰が1つの遺跡に刻まれていた稀有の例。

« かつて日本列島に1万メートル以上の山があった! | トップページ | 土器編年は〈相対編年〉なので,当然年代のズレが生じる(工事中) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« かつて日本列島に1万メートル以上の山があった! | トップページ | 土器編年は〈相対編年〉なので,当然年代のズレが生じる(工事中) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ