« 楽天が逆転勝ちで17勝目 | トップページ | 子供の心に「コロナの傷」 »

2020年7月26日 (日)

三重県のO先生からのメール

授業プラン「〈邪馬台国〉はどこだ!」と金属器レプリカを使った授業をやって下さった

三重県のO先生から,お礼のメールと詳しい授業記録を送っていただきました。

(こんな短期間に授業もやり,授業記録も書くなんてスゴイ!)

群馬県のM先生とはもう何回か授業をやっているのですが,O先生は今回が初めて。

でも,さすが仮説実験授業研究会の会員の方で,古代史の内容でも子どもたちと楽しんでくれました。

一応の授業評価は,次の通りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とてもたのしかった  21人

たのしかった      4人

たのしくもつまらなくもない 1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

O先生は「子どもたちの意見が北九州に集中していないこと」を気にしておられましたが,

そのへんはオープンエンドでいいのかなと思っています。

仮説実験授業では,押しつけをきらいますので,自分で納得できなければ仕方ないですから。

それより,授業評価で「とてもたのしかった」がたくさんいたことの方が注目すべきこと。

普段の社会科の授業で,「討論して楽しかった」ということはなかなかないことでしょう。

しかも,「邪馬台国」のことは,今後話題に出てくることは間違いないですから,

そんなことを6年生で経験してもらえたことが喜びです。

金属器レプリカは,東京の先生(Uさん)に送られたとのこと。

Img_7400_20200726233901

« 楽天が逆転勝ちで17勝目 | トップページ | 子供の心に「コロナの傷」 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天が逆転勝ちで17勝目 | トップページ | 子供の心に「コロナの傷」 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ