« Z世代とは? | トップページ | 6月の校歌練習 »

2020年6月23日 (火)

楽天が投打が噛み合い3勝目

楽天が投打が噛み合い3勝目をあげた。

西武とソフトバンクが戦っている今週は,

楽天は日本ハム相手にホームで勝ち星を稼ごう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日ハム000000000計0

楽 天02110000×計4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【投手ー捕手】

弓削・シャギワ・ブセニッツ・森原ー太田

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【得点】

2回裏・無死走者なしから浅村がソロホームランで先制。(1ー0)

2回裏・一死走者なしからロメロがソロホームランで追加点。(2ー0)

3回裏・一死3塁からブラッシュがレフトへタイムリーヒット。(3ー0)

4回裏。一死3塁から茂木がレフトへの犠飛。(4ー0)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーローインタビュー】

2_1jpeg_20200624051801

記者:ホーム開幕戦先発という大役を見事な投球でチームもご自身も勝利となりました。今、率直にどんな思いですか。
弓削選手:大役を任されたので、不安もあったのですけど、ほっとしています。
記者:今日は相性の良い北海道日本ハムを相手に7回途中無失点という内容でした。今回のピッチングはどのように振り返りますか。
弓削選手:本来の打たせて取るというピッチングができたので。自分のペースで投げれたので、それが勝利に繋がったのかなと思います。
記者:無観客でのホーム開幕戦の登板となりました。球場の雰囲気というのはどのように感じて投げていらっしゃいましたか。
弓削選手:声だったりとか球の音が響いていたので、ちょっとやりずらさもあったのですけれど、自分のペースでしっかりできたと思います。
記者:今日は良い投球で初登板、初勝利ということを飾りました。次に向けての意気込みをお願いします。
弓削選手:ここで満足せずに次の試合に向けてしっかり準備したいと思います。
記者:では最後に今日は本拠地で素晴らしい投球をした弓削選手に2勝目、3勝目、期待がかかります。ファンの皆さまに最後に一言メッセージをお願いします。
弓削選手:球場にはお越しいただけなかったのですけども、しっかり声援は届いたと思うので、また明日からも引き続き応援よろしくお願いいたします。ありがとうございました。

Photo_20200624051901

記者:今シーズンの初ホームランが出ましたが、まずは率直にどんな思いですか。

浅村選手:早い段階でホームランが出たので、今はほっとしています。

記者:弓削選手が好投する中で2回に飛び出した先制のホームランとなりました。あの打席を振り返っていただけますか。

浅村選手:回の先頭だったのでとにかく塁に出る事だけ考えて打席に入りました。

記者:去年のホーム開幕戦はファンの声援がある中で浅村選手はホームランを放って今年も2年続けて。ただお客さんの声援がない中でのホームランということになりました。そういった声援の中でのプレイというのはどのように感じてますか。

浅村選手:寂しい気持ちもありますけども、本当に仕方のないことなので、とにかく早くファンの皆さんの前でプレイしたいと思っています。

記者:だだ今日は多くのファンの方がテレビ、ラジオで楽天イーグルスの戦いを観ていたと思います。改めてファンの皆さんに一言お願いします。

浅村選手:本当に去年もそうですけど、ファンの皆さんの声援が力になるので、先程も言いましたけれども、早くファンの皆さんの前に立ってプレイしたいですね。


【三木監督】

記者:ホーム開幕、三木監督が大切な一戦と仰っておりましたけれども、最高な形でのスタートとなりましたね。

三木監督:上手く勝てて良かったなと思います。


記者:無観客という中での試合でしたが、グラウンド含め雰囲気含め、いかがでしたでしょうか。


三木監督:お客さんや楽天イーグルスファンの方々がおられない中というところで、改めてファンの皆さまの力といいますか、声援というものが凄いものなのだなと肌身に感じながら、今日4試合目を戦いましたが、色々なところから声援とか応援をいただいている事は、選手にも届いていますので、今日も応援していただいてありがとうございます。


記者:まずは先発の弓削選手ですが、三木監督も安心してみていられたのではないでしょうか。


三木監督:弓削らしく強い球をほうれていましたし、しっかりこの日に向けて調整をしてくれたなと思います。弓削もそうですけれども、そこに携わったコーチやトレーニングでケアをしてもらったり、皆さまに感謝だなと思います。


記者:大事なホーム開幕戦のマウンドでしたが、特に弓削選手、どこが良かったでしょうか。


三木監督:ボールも強いのを放れていましたし、ストライク先行で逃げる事なく、しっかり打者に向かっていったというところが、非常に良かったと思います。


記者:7回途中でマウンドを降りるということになりましたが、そこからの継投の意図を教えていただけますでしょうか


三木監督:色々な考えはあると思いますが、弓削も今季初登板というところで、タフな投球だったと思いますし、うちの勝ちパターンで、後ろのピッチャーを活用しながら、野球は一つのポイントで変わってきますので北海道日本ハムも粘り強いチームですので、今日はあの場面でシャギワでいこうという判断で、今後またいろいろな形が出てくると思いますので、しっかり判断していきたいと思います。


記者:一方打線ですが、打ってほしい選手にヒットが1本出ました。浅村選手、ロメロ選手のホームランの評価を聞かせてください。


三木監督:素晴らしいナイスバッティングだったと思います。少し風がレフトからライトの方に流れていたのですが、2本とも風も関係なく、素晴らしい打撃だったと思います。


記者:さらに小技でチャンスを広げて追加点という場面もありました。攻撃に良い流れだったと思います。


三木監督:今日の試合を振り返ると鈴木も辰己もバントを決めてくれて、攻撃としてみんなが繋がってできたことは非常に良かったと思います。


記者:開幕6連戦まだまだ続きますが、明日以降の意気込みをお聞かせください。


三木監督:初めて6連戦でホームで同じチームと戦うというところで、色々な難しさと、色々な対応力が必要かと思いますが、その前にしっかり、1つ1つの試合とプレー、1球1球に根拠と気持ちを込めて明日もしっかりと戦いたいと思います。

« Z世代とは? | トップページ | 6月の校歌練習 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Z世代とは? | トップページ | 6月の校歌練習 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ