« 天気予報(東京) | トップページ | 効果が出てきたインスリン注射 »

2020年6月14日 (日)

北センチネル島

21世紀に入っても,まだこんな生活をしている人たちがいるのか!

と思わされたのは,インド洋東部の北センチネル島である。

420pxnorth_sentinel_island

【北センチネル島】

https://ja.wikipedia.org/wiki/北センチネル島

他者の侵入も拒否し,インド政府も干渉していないとのことだが,

昨今の新型コロナへの感染などがこの島を襲ったら,

ひとたまりもないと想像する。

 

 

« 天気予報(東京) | トップページ | 効果が出てきたインスリン注射 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 現代文明の領域にありながら、今でもこれを拒否している人々。
 こんな島があるとは知りませんでした。

 肥沼さんはどうやってこの島のことを知ったのですか?

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 肥沼さんはどうやってこの島のことを知ったのですか?

実は,昨夜酒処まこのママから教えていただきました。
ママはスマホの達人で,たくさんの話題をインターネットのニュースから仕入れ,
お客に提供してくれるのです。
私がもと社会科の先生をしていたので,
「肥さん,こんな島の名前聞いたことある?」と聞かれ,
「えー,知らないよ」ということで,スマホ検索して知りました。
もちろん私もこんな島があるとは,まったく知りませんでした。

肥沼さんへ

 なるほどネット検索でね。
 「北センチネル島」で検索するといっぱい出てきますね。
 ナショナルジオグラフィック日本版に興味深い記事がいくつか。

●1:宣教師を殺害したインド孤立部族、侵入者拒む歴史
最後の手記には「矢が聖書を貫通した」、過去にはナショジオ取材班も

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/113000522/

ナショナルジオグラフィック日本版2018年12月1日


●2:宣教師事件の孤立部族、唯一の「友好的な接触」
「彼らはココナッツを受け取った」、接触した女性研究者に聞いた
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/121100542/

宣教師事件の孤立部族、唯一の「友好的な接触」
「彼らはココナッツを受け取った」、接触した女性研究者に聞いた
2018.12.11

 新聞やテレビでは話題にならなかったのかな?
 産経新聞とニューズウィーク日本版に掲載された記事は見つけたが、他の新聞やニュースで取り上げられた形跡はないな。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

社会科を教えていた者としては,
こういう人たちが現在も生き残っているというのが驚きでした。
で,「夢ブログ」の記事に。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 天気予報(東京) | トップページ | 効果が出てきたインスリン注射 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ