« 前半は6連戦がいっぱいある! | トップページ | ツバメの巣 »

2020年6月16日 (火)

東村山郷土研究会への質問

東村山郷土研究会,50周年おめでとうございます。

私が東村山郷土研究会に加えていただいたのは,2年半程前の2017年10月でした。

学校の教員を1年早く辞め(中三担当だったため),古代史の研究をやろうと意気込んでいました。

そこで出会ったのが,東村山郷土研究会でした。

東村山市には有名な「東山道武蔵路」という官道が通っており,「幅12m」「ほぼ直線」という

大変大規模な土木工事が当時されたことが想像されます。

東村山市内では,2002年に東村山駅近くの大踏切で発掘されたのが,最初らしいです。

その官道が南は武蔵国府(府中市)に向かい,北は上野国府・下野国府の2方向に向かっています。

40周年記念誌を拝見したところ,近内信輝さんが「鎌倉街道と東山道武蔵路」を書かれていて,

「東山道は東国経営のため(の)大和朝廷の官道である」と説明がありました。

実は,私は東山道武蔵路について,いろいろ調査している者ですが,疑問がいくつもあるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)東山道武蔵路が大和朝廷の官道とする史料は,いったいどこにあるのか?

(2)東山道武蔵路は,何世紀のいつ頃に作られたのか?

(3)8世紀(771年)に武蔵国は東山道から東海道にコース変更になるが,それはなぜか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これらの質問は,近内さんだけでなく,東村山郷土研究会の皆さん全員への質問でもあります。

ぜひご教示願えれば幸いです。

 

 

« 前半は6連戦がいっぱいある! | トップページ | ツバメの巣 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 前半は6連戦がいっぱいある! | トップページ | ツバメの巣 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ