« この木なんの木? | トップページ | 読売新聞・5月29日朝刊の6・7面だそうです! »

2020年6月 1日 (月)

茨木のり子の「六月」という詩

今日から六月に入る。

壁紙も梅雨に合わせてみたが,

どちらかというと,好かれない月かも。

湿気が高くなったり,雨が続いたり(最近は「空梅雨」が多いか)。

そんなマイナスのイメージを振り払ってくれたのが,

茨木のり子の「六月」という詩である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 六月      茨木のり子

どこかに美しい村はないか
一日の仕事の終りには一杯の黒麦酒
鍬を立てかけ 籠を置き
男も女も大きなジョッキをかたむける

どこか美しい街はないか
食べられる実をつけた街路樹が
どこまでも続き すみれいろした夕暮は
若者のやさしいさざめきで満ち満ちる

どこかに美しい人と人との力はないか
同じ時代をともに生きる
したしさとおかしさとそうして怒りが
鋭い力となって 立ちあらわれる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私がこの詩を知ったのは学生時代で,

新任の頃フォークソングクラブで,

「「六月」という題名で詩を書きなさい」と課題を出し,

最後に「こんな詩があるんです」と紹介したものだった。

学級通信での6月の定番も「六月」の紹介だった。

本日たまたま6月に入るということで,

「夢ブログ」で紹介させていただいた。

「金八先生」の第8シリーズだったか,よく茨木のり子の詩が出てきた。

「金八先生 茨木のり子」で検索するとたくさんヒットする。

« この木なんの木? | トップページ | 読売新聞・5月29日朝刊の6・7面だそうです! »

教育」カテゴリの記事

コメント

この木は柏葉アジサイですか?実は 、僕の神奈川県大和の別邸の近くに
藤棚のように棚を組んで、高さを揃えている家が有ります。みごとに円錐形に
育てられていて、きれいです。別居人はは1輪まんびきして、1輪差にして楽しんでいますよ。
1か月もちますよ。上に向いて咲く珍しい藤だと思っていました。勉強になりました。

離騒庵さんへ
コメントありがとうございます。

私も今回初めて知りました。
アジサイの世界もなかなか奥が深そうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« この木なんの木? | トップページ | 読売新聞・5月29日朝刊の6・7面だそうです! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ