« 自分には自分の知らない自分がある | トップページ | 3つの目標〜「緊急事態宣言」の1か月でも »

2020年4月 8日 (水)

「緊急事態宣言」出される

昨日の夕方,「緊急事態宣言」が出された。

法的な処罰はないとはいえ,

「この緊急時に何をやっているんだ」

なんてことは言われそうな雰囲気は作られそうだ。

日本もだいぶ変わってきたとはいえ,

「みんなで〜する」という言葉の持つ力はある。

現役時代でも「教職員が一枚岩になって生徒指導にあたりましよう」

なんて職員会議で発言がたびたびされたし,

自分も教室で,「みんなで団結して〜していこう」という言葉で

生徒たちを激励したことがあるからだ。

私も確かに欧米で行われている力ずくのロックアウトには違和感がある。

ただ,それなくして新型コロナが抑えきれるのかという不安もないわけではない。

そんな揺れる思いをそれぞれが抱きながら過ごす1か月が始まった。

Img_6636

« 自分には自分の知らない自分がある | トップページ | 3つの目標〜「緊急事態宣言」の1か月でも »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ
>私も確かに欧米で行われている力ずくのロックアウトには違和感がある。
ただ,それなくして新型コロナが抑えきれるのかという不安もないわけではない。

 「ロックダウン」ですよね。都市封鎖。
 なぜ違和感で済ますのでしょう。どうして社会維持のための産業以外を停止し都市間の移動を禁止するのか。その理由を考えないのでしょうか。
 人との接触だけが新型コロナウイルスが広がる手段だ。ウィルスに足はない。人が運ぶ。
 この原則を考えれば、ロックダウンは必然だ。
 テレワークとか言っているが、これができるのは事務職だけ。現場・現業はできない。つまり工場はテレワークではできないし、営業も販売も工事関係もできない。大部分の企業と工場は動いたまま。だから通勤ラッシュもなくならず、通勤途中で感染しさらに職場で感染する。そして彼ら彼女らが家に帰れば、今度は家庭内で広がる。
 だから世界のどこの国でも真剣にこの疫病に向き合った国はロックダウンを選択した。これ以外の選択肢はない。
 なぜ日本がこれを選択しないのか。
 一つは経済活動を止めたくない。でもこれで蔓延すれば経済活動そのものが消滅する。
 もう一つは、当初の疫病対策の間違いを認めたくない。
 クラスター対策と銘打って、現に感染して病気になった人の周辺だけしか検査しなかったので、多くの症状の出ない感染者が放置された。だから急速に広がっている。
 検査方法を改めないでいきなり「オーバーシュート」とかわけのわからないことを持ち出したとき、きっと「一生懸命対策をしたが及ばなかった」「国民に自粛指示したが守ってくれなった」と責任転嫁すると感じたがまさにそれを地で行っている。

 もう一つは、もともとこの疫病を甘く見ていた。そしてこれは今も変わらない。誰か政界財界の重鎮が死なないとだめなのか。

 こんな見掛け倒しの緊急事態宣言では感染は止められないです。
 5月6日に解除されないだろうな。
 5月10日の平曲会は、6月14日に延期するか、さらにもともと計画に入っていた7月12日に内容を移すか。決断の時だ。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  もう一つは、もともとこの疫病を甘く見ていた。そしてこれは今も変わらない。誰か政界財界の重鎮が死なないとだめなのか。
 こんな見掛け倒しの緊急事態宣言では感染は止められないです。

残念ながら,そうなりそうですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分には自分の知らない自分がある | トップページ | 3つの目標〜「緊急事態宣言」の1か月でも »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ