« ウィキペディア「メダカ」 | トップページ | 〈方位の考古学〉の活用例(9)~茨城県・平沢官衙の場合 »

2020年4月19日 (日)

昨日(4/19)は,107人でした(東京都の感染者数)

昨日からかなり減り,107人でした。

それでも,東京都だけで3000人以上ですから,

とんでもなく多い人数が感染していることになります。

今日はどうなると思いますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ア 同じくらい(101〜120人)

イ 増える(121人以上)

ウ 減る(100人以下)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【NHKのまとめ】

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/

 

« ウィキペディア「メダカ」 | トップページ | 〈方位の考古学〉の活用例(9)~茨城県・平沢官衙の場合 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

NHKまとめを見ると、
日ごとの感染者確認数をみると、

4月11日:719人
をピークにそのごの10日間は減っているので感染拡大が落ち着いているようにみえるが、

感染者数累計を見ると
3月20日:1015人
4月19日:10807人
 一か月でなんと10倍以上。 これを感染爆発と言わずに何という!!

死亡は238人。
致死率1%で計算した仮想感染者数  2万3800人。
感染確認者数 10807人。
推定見逃し数:1万3000人。

死者が増えるたびに推定見逃し数が増える。
この多数の見逃された者があちこちで感染拡大を引き起こしているわけだ。この証拠があちこちの病院での院内感染の多発。
昨日の東京都の確認数が少ないのはおそらく、墨東病院での院内感染の程度を調べることに尽力した結果でしょう。つまり他の感染疑い例の確認は後回しか除外された。

この数字を見ただけでも、顕著なクラスターだけを見てつぶしてきた対策が間違いなのがわかる。

データは提示しただけでは意味がない。
 以上のような分析を提示しないと、データから何がわかるかがわからない。
 以上のような分析は簡単な作業だ。別に特別な技能は要らない。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウィキペディア「メダカ」 | トップページ | 〈方位の考古学〉の活用例(9)~茨城県・平沢官衙の場合 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ