« 昨日(4/19)は,107人でした(東京都の感染者数) | トップページ | 助六寿司 »

2020年4月20日 (月)

〈方位の考古学〉の活用例(9)~茨城県・平沢官衙の場合

茨城県の平沢官衙(つくば市)を紹介しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Photo_20200420053801

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〈方位の考古学〉の主張である,東偏 ⇒ 正方位 ⇒ 西偏 ⇒ 東偏の変化が,

遺構の変遷に見事に残されている。

ただし,関東地方の遺跡なので,100年遡らせる必要がある。

8世紀前半 ⇒ 7世紀前半のようにである。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平沢官衙 (川瀬さんの分析)


遺構図を確認しながら建物データをみると、それぞれの時期が分ります。


 東偏:8世紀前半 Ⅱ期 SB15など。
 正方位:8世紀後半 Ⅲ期Ⅳ期 SB11など。
 西偏:9世紀から10世紀 Ⅳ期 SB35など。
 東偏:11世紀 Ⅴ期 SB01など。

 時代の変化がよくわかる遺構です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

官衙遺跡は,役所なので,もっとも国家のコントロール(方位の指示)が現れます。

« 昨日(4/19)は,107人でした(東京都の感染者数) | トップページ | 助六寿司 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日(4/19)は,107人でした(東京都の感染者数) | トップページ | 助六寿司 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ