« レディー・ガガが呼び掛けた8時間ライブ | トップページ | 杏の「教訓1」 »

2020年4月21日 (火)

スマイル(映画「モダン・タイムズ」のテーマ曲)

レディー・ガガが歌った「スマイル」は,チャーリー・チャップリンの「モダン・タイムズ」で使用された曲らしい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「スマイル」(原題:Smile)は、1936年のチャールズ・チャップリンの映画『モダン・タイムス』で使用されたインストゥメンタルのテーマ曲で、チャップリンが作曲した曲。マイケル・ジャクソンなど多くのアーティストにカバーされている。
 
1954年にジョン・ターナーとジェフリー・パーソンズが歌詞とタイトルを加えた。[1]歌詞では、歌手が聴衆に対して笑っている限りは明るい明日が常にあると元気付けている。「スマイル」はチャップリンの映画で使用されて以来、スタンダードとなった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:原詞は太字


 
Smile though your heart is aching
Smile even though it's breaking
When there are clouds in the sky
You'll get by


微笑んで たとえ心が痛くても
微笑んで 心が壊れそうでも
そしたら 空が雲に覆われていたって
やっていけるはずよ


If you smile through your fear and sorrow
Smile and maybe tomorrow
You'll see the sun come shining through
For you


怖かったり悲しかったりしても
微笑んだら 明日になるんじゃないかしら
太陽が光輝きながら昇って来るわ
あなたのために...


Light up your face with gladness
Hide every trace of sadness
Although a tear
May be ever so near


歓びであなたの顔を輝かせて
悲しみの跡をみんな消しちゃいましょう
涙がすぐそこまで
近づいてるかもしれないけれど


That's the time you must keep on tryin'
Smile, what's the use of cryin'
You'll see that life is still worthwhile
If you'd just smile


そんなときこそ あなたが頑張り続けるとき
笑って! 泣いたって何にもならないから
人生が捨てたものじゃないって気づけるのよ
ただ微笑むだけで…


You'll see that life is still worthwhile
If you'd just smile


人生が捨てたものじゃないって気づけるわ
あなたがただ微笑むだけで…

日本語訳 by 音時
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« レディー・ガガが呼び掛けた8時間ライブ | トップページ | 杏の「教訓1」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« レディー・ガガが呼び掛けた8時間ライブ | トップページ | 杏の「教訓1」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ