« 昨日(4/6)は,83人でした(東京都の感染者数) | トップページ | 今朝のニュース »

2020年4月 7日 (火)

〈方位の考古学〉の活用例(8)~長野県・明科廃寺の場合

今長野県の再集計をやっているのだが,

例の明科廃寺が出てきたので,活用例としてアップしておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長野県の〈寺院遺跡〉2/9(2019年)

(6)明科廃寺(7世紀後半)・・・東偏
Photo_11

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下は,その時の川瀬さんのコメントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 明科廃寺の年代は、瓦編年から7世紀後半とされていますが、

「・ピット(ASH15 P1)内採取試料より抽出した炭化材(資料)は、

放射性炭素年代測定結果に基づく暦年較正結果を参考とすると、

6世紀中ごろから7世紀前半ごろの年代が推定される。

(「安曇野市の埋蔵文化財第12集 明科遺跡群明科廃寺4」2017年安曇野市教育委員会)

との科学的鑑定があるので、50年から100年遡る可能性が高い。

 これを根拠に見ても最低50年は年代をあげることが可能だ。

« 昨日(4/6)は,83人でした(東京都の感染者数) | トップページ | 今朝のニュース »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日(4/6)は,83人でした(東京都の感染者数) | トップページ | 今朝のニュース »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ