« またも公務員の収入を横取りしようとしている | トップページ | チョコミントとかんぴょう巻きの意外な共通点とは何か? »

2020年4月22日 (水)

そんなに大きな津波が来たら・・・

昨日ニュースを見ていたら,大地震・津波の話題が出ていた。

北海道や東北地方には,近い将来かなりの大地震・津波がくると

考えなければならないらしい。

【近い将来かなりの大地震・津波】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200422-00000005-khks-pol

30mと言ったら8〜10階建ての,半分の15mでも4〜5階建てのビルだ。

今「かさ上げ」している土地だって飲み込まれてしまう。

もう山に移住するしかないのだろうか?

« またも公務員の収入を横取りしようとしている | トップページ | チョコミントとかんぴょう巻きの意外な共通点とは何か? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 津波の高さには二種類あります。
 ①一つは海面からの高さ。
 ②もう一つは津波が陸上で遡上した地点の高さ(海抜高度)。

 しばしば報道関係者はこの二つを混同する。

 30mの高さで①だとすると、文字通りとてつもない高さ。
 でも②ならば津波そのものの高さ、つまり①はずっと低くなる。10m程度かな。
 その内閣府の有識者会議の発表文そのものを見ないと確認できない。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  津波の高さには二種類あります。
 ①一つは海面からの高さ。
 ②もう一つは津波が陸上で遡上した地点の高さ(海抜高度)。

えっ,そうなんですか!?
私はてっきり,➀のことかと思ってしまいましたが・・・。

肥沼さんへ

下記のニュースが津波の高さを的確に説明ていますのでご覧ください。
https://news.yahoo.co.jp/byline/nyomurayo/20170311-00068495/

有識者会議の発表文を見ましたが、津波の高さがどの高さかは説明していません。
 たぶん通常津波の高さとは遡上高を指していると思います。

http://www.bousai.go.jp/jishin/nihonkaiko_chishima/model/index.html
 発表文はここで読めます。

追伸
 ただし津波警報など気象庁が出す数値は、通常の潮位をもとにした津波の高さでる。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

陸前高田を訪問した時,4階までは破壊されていましたが,
5階には津波が届いていませんでした。
あれで言うと,「どこまで届いた」と言った方がわかりやすいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« またも公務員の収入を横取りしようとしている | トップページ | チョコミントとかんぴょう巻きの意外な共通点とは何か? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ