« ついに「笑点」でも「無観客」収録 | トップページ | 「食欲があっていい・・・」と言えるか »

2020年3月 7日 (土)

米国の手腕が問われる「グランド・プリンセス号」

日本では「ダイアモンド・プリンセス号」で新型コロナ騒動が起き,

世界から多くの批判を浴びたが,

米国でも同じようなクルーズ船(3500人)で騒動が起きているらしい。

クルーズ船の名は「グランド・プリンセス号」。

名前が似ていると思ったら,同じ会社の船だという。

ハワイへの2週間の船旅の終わりに,大変なことに巻き込まれるかもしれない。

米国はどんな対応をするのか,注目していたい。

【米国でも,新型コロナ騒動が・・・米国の対応は?】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200306-00000122-jij-n_ame

Img_5864_20200307052101

« ついに「笑点」でも「無観客」収録 | トップページ | 「食欲があっていい・・・」と言えるか »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

「ダイヤモンド・プリンセス」とその姉妹船は父が勤めていた造船会社で建造されました。
「ふじ丸」以来の客船建造ということで張り切っていたらしいのですが、久々の客船建造ということでいろいろ問題も起き、火災事故まで起こしてしまってド赤字を出して船主に引き渡すことになったそうです。
実は今「ダイヤモンド・プリンセス」と呼ばれている船体はもともとは姉妹船の妹船の方の「サファイア・プリンセス」として建造されていたものでした。
それが火災事故で建造が遅れ、妹船が先に完成するということで船主の希望・了解もあり「サファイヤ・プリンセス」→「ダイヤモンド・プリンセス」として引き渡され、本来の姉船「ダイヤモンド・プリンセス」が遅れて完成し「サファイヤ・プリンセス」として引き渡された、という曰く付きの姉妹船なのです。
父はこの造船会社の株式を持っていたのですが、このせいで長年無配当が続き死ぬまで怒ってましたけどね(笑)

父は造船業で過ごした長年の経験や知識から、「いったんこういうケチのついた船は、どういうわけか縁起が悪くて、後々までたたるんだ」と言い、建造中に火災を起こしたこの客船の行く末を憂えていましたが・・・
今回クラスター艦船を起こしたこの「ダイヤモンド・プリンセス」号は火災を起こした方の船ではないはずなのですが、姉妹船として悪い縁起を引き受けてしまったのか、そもそも「ダイヤモンド・プリンセス」という名前が悪かったのか・・・

「グランド・プリンセス」はまた別の造船会社による建造のようですが、こうなると本来火災事故でケチをつけた(はずの)「サファイヤ・プリンセス」号の行く末が本気で心配になってきましたよ。なにごともなければ良いのですが。

ツォータンさんへ
コメントありがとうございます。

〉 「ダイヤモンド・プリンセス」とその姉妹船は父が勤めていた造船会社で建造されました。

それは,すごいですね。

〉 「グランド・プリンセス」はまた別の造船会社による建造のようですが、こうなると本来火災事故でケチをつけた(はずの)「サファイヤ・プリンセス」号の行く末が本気で心配になってきましたよ。なにごともなければ良いのですが。

大きな船というのは,うまくいけば収益も大きいのですが,
その分リスクも高いということなのでしょう。
はやく新型コロナ騒動が解決するといいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ついに「笑点」でも「無観客」収録 | トップページ | 「食欲があっていい・・・」と言えるか »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ