« 楽天のキャンプ報告(久米島) 2/7 | トップページ | 豪華クルーズ船の旅の終わりに(5) »

2020年2月 7日 (金)

『たの授』2月号の感想

仮説社御中

東村山市の肥沼です。

『たの授』2月号の感想を送ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『たの授』2月号で特に良かったのは,次の3点です。

(1)たのしいことをやりつづけるために(板倉さん)

仮説実験授業研究会は,まったく組織らしくない組織です。

また,仮説のサークルや研究会も同様の感じがします。

この組織らしくない組織が,組織の最大限の力を発揮しているところが

本当に不思議です。でも,それは何よりたのしさを基本原理とし,

参加者を束縛しないからだと思います。

当たり前の話ですが,人間が主役で,組織は脇役なのです。

そんな組織らしくない組織に出会えて,本当に良かったです。

(2)〈鉄と磁石の強さくらべ〉(峯岸さん)

このフェライト磁石とパチンコ玉を使った実験は,私もやったことがあります。

とても不思議でたのしいので,生徒たちにもやってあげました。

それを最後の保護者会でやるところが劇的ですね。

でも,最後だけ「劇的」というのもなんなので,1年間の最後に

これができるように,素敵な時間を過ごしたいものです。

(3)静電気の実験(ファーブル/中さん訳)

冬は寒くて何もできないかというと,静電気が起きやすいので実験ができる。

なんでも季節のせいにして,「できない」と言い訳していたのではつまりません。

「夏は暑くて・・・」という時にも,「じゃあ,〈ドライアイスで遊ぼう〉ができる」と

元気を湧かせたいものです。

Img_5856

« 楽天のキャンプ報告(久米島) 2/7 | トップページ | 豪華クルーズ船の旅の終わりに(5) »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

肥さんの感想文を読むと
たまに読んでみたいなと思うことがありますね。
今回は峯岸さんの文ですね。

ところで近隣で「楽しい授業」が入っている図書館って
あるんでしょうか?
今度調べてみたいと思っています。
まずは飯能サークルがある飯能市立図書館でしょうか。
昔、所沢図書館に入っていたことがあったような気がしますが
いまはどうでしょうか?

追伸
1月のお約束
「1月号」お受け取りの
房やのお湯割り
身に沁みそうな寒さですが
来週はほぼオッケーです。
日時を指定いただければ
うれしく思います。
メルアドにでもよろしくです。

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

峯岸さんの紹介している話は,
たいへん面白いものなので,手品にも見えますが,
科学的に「磁場」が関係すると思われます。
(その有効の範囲内だけ,パチンコ玉は磁石になります)

『たのしい授業』を置いてある図書館は,
私は聞いたことがありませんね。

※ 房yaの件は,メールにてお知らせしました。

所沢図書館の分館で確認したところ
本館では今でも継続して入っているとのことです。
機会を見て、読んでみたいと思います。
ついでに蠟梅園ものぞいてみましょうか。

追伸
メールありがとうございます。

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

本館には入っているんですね。
素晴らしい!

蠟梅の良さが,いまいちわかりません。
ぜひレクチャーを。

横レスを失礼します。
蠟梅の良さについて。
花弁が蝋細工のように半透明なので、花の後ろや斜め上から光が指しているとものすごく美しいです。
 私のサイトに一つ花が。これは斜め上から光があたっています。
 http://www4.plala.or.jp/kawa-k/hana2007.htm
 真上から光が当たった写真もあるんですが、サイトにはないようです。

追伸
 https://87spot.com/hsp-robai/
 この写真は最高です。

https://www.google.co.jp/search?q=%E8%9D%8B%E6%A2%85&hl=ja&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwj5-ZOVncbnAhWQdXAKHa_oDJ0Q_AUoAXoECBAQAw&biw=1137&bih=714
グーグルで「蠟梅」でサーチしたら、美しい写真がたくさん出てきました。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

いろいろな蠟梅を紹介していただいたので,
グーグルのやつを読者の皆さんにもおすそ分けすることにしました。

よかったですね。川瀬さんに感謝です。

もう一つの魅力はやはり甘い香りでしょうか。
これは画像では伝わりませんね。
蠟梅園のなかにその香りに酔いますね。

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

〉 よかったですね。川瀬さんに感謝です。

川瀬さんは,本当に花の写真に詳しいですね。

〉 もう一つの魅力はやはり甘い香りでしょうか。
これは画像では伝わりませんね。
蠟梅園のなかにその香りに酔いますね。

なるほど,それは現場に行ってみないとわかりませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天のキャンプ報告(久米島) 2/7 | トップページ | 豪華クルーズ船の旅の終わりに(5) »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ