« 高校時代のクラス会 2020 | トップページ | 週末まで暖かい予報 »

2020年2月12日 (水)

怪しすぎる「評」や「郡」の登場回数

7世紀末まで「評」という九州王朝の行政単位が使われ,

それが8世紀初頭から「郡」という近畿王朝の行政単位が使われるようになった。

これをはっきり示していたのが〈木簡の考古学〉であった。

では,『日本書紀』や『古事記』には,どのようにどれくらい出てくるのか?

それが今回の発想である。

ア. たくさん出てくる

イ. 思ったほど出てこない

ウ. ほとんど(あるいは,まったく)出てこない

さあ,どうだろうか?まず『日本書紀』から・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本書紀 巻第十七 継体天皇紀
。毛野臣、聞百濟兵來、迎討背地名、亦名能備己富里也、傷死者半。百濟、則捉奴須久利、杻械枷鏁而共新羅圍城、責罵阿利斯等曰、可出毛野臣。毛野臣、嬰城自固、勢不可擒。於是、二國圖度便地、淹留弦晦、筑城而還、號曰久禮牟羅城。....→ このページで合計2件ヒット
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
同じ文の中に使われている2件のみである。行政単位とは言い難い。
続いて,『古事記』でやってみる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
0件
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
明らかに行政単位として使われた「評」は,記紀にはまったく登場しない。
これは「怪しすぎる謎」に思える。
ちなみに,「郡」でやってみると『日本書紀』は100件以上ヒットするのだが,
『古事記』はまたしても「0件(ヒットせず)」である。
これも「怪しすぎる謎」だ。

« 高校時代のクラス会 2020 | トップページ | 週末まで暖かい予報 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

この継体紀の記事は、任那国での出来事。つまり任那に「背評」という地名があったことを示します。これが行政単位かどうかは議論の分かれるところ。

おそらく書紀では、本来の資料に「評」と行政単位が記してあった場合には「郡」に書き換えたものと思われます。これは「郡」の出現が100件以上あることで明らかだ。
 この郡の出現を「紀」ごとに集計し、内容を検討して絞ってみると、本来の行政単位としての「評」の出現時期がわかると思いますね。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 おそらく書紀では、本来の資料に「評」と行政単位が記してあった場合には「郡」に書き換えたものと思われます。これは「郡」の出現が100件以上あることで明らかだ。
 この郡の出現を「紀」ごとに集計し、内容を検討して絞ってみると、本来の行政単位としての「評」の出現時期がわかると思いますね。

なるほど。やってみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高校時代のクラス会 2020 | トップページ | 週末まで暖かい予報 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ