« 昨日の月 2/1 | トップページ | 鳥も友達 »

2020年2月 2日 (日)

〈方位の考古学〉の活用法(6)〜宮城県・名生館遺跡の場合

昨日,多元的「国分寺」研究サークルのサイトで精査した宮城県の「名生館(みょうだて)遺跡」は,

このサイトにもよく登場させている「泉官衙遺跡」とよく似ている。

2回の正方位官衙が,ほぼ同じ時期に作られているからだ。

私はⅢ期の正方位が〈方位の考古学〉で100年遡った7世紀初めの九州王朝のもので,

Ⅵ期の小館地区の正方位が,同じく100年遡った7世紀末の近畿王朝のもの(規模も大きくしている)に思えるのだがいかがだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)名生館(7世紀後半~9世紀末)・・・東偏⇒8世紀初めに最初の正方位⇒(8世紀中葉に西偏)⇒8世紀末に再び正方位。

                       (7世紀初めの九州王朝のものか)      (7世紀末の近畿王朝のものか)

Photo_20200201103101

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Photo_20200201103401

➀ 北の確認~地形図と遺構図の方位が同じなので,真北と考える。

② 建物群~正殿を中心とした2種類の官衙群

➂ 建物データ~

・Ⅰ期(城内地区)~7世紀後半~末葉・・・SB1571(4°E)

・Ⅱ期(城内地区)~7世紀末葉~8世紀初め・・・SB05(0゜56´E),SB1099(3°E), 

・Ⅲ期(城内地区)~8世紀初め~前葉 ・・・SB01【政庁・正殿】(0°)(九州王朝のものか),SB11(0°)

・Ⅳ期・8世紀中葉(城内地区)~9世紀~2°W

・Ⅴ期・8世紀後半~9世紀(城内地区) ~5°W,17°W,28°W

・Ⅵ期・8世紀末~9世紀初頭か後半(★小館地区)〜SB1231【政庁・正殿】が作られる(近畿王朝のものか)

【Ⅲ期の遺構群】【Ⅴ・Ⅵ期の遺構群】と建物データ

« 昨日の月 2/1 | トップページ | 鳥も友達 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の月 2/1 | トップページ | 鳥も友達 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ