« 〈方位の考古学〉の活用例(7)~志波城政庁と徳丹城政庁の比較の図 | トップページ | クルーズ船の船内の様子 »

2020年2月19日 (水)

徳丹城は,どうして志波城と似ているか?

昨日徳丹城が似ていることを取り上げたが,

ウィキペディアにそのことが書いてあった。

「水害を理由に移築された」ということである。

だから似ているのは当たり前と言えば当たり前だが,

東偏の遺構だということで,「九州王朝始発」ということでOKだと思う。

その後の政庁だけの正方位は,近畿の後発のものかもしれないが・・・。

【ウィキペディア「徳丹城」】

https://ja.wikipedia.org/wiki/徳丹城

Img_6268

【岩手の文化情報大事典「徳丹城」】

http://www.bunka.pref.iwate.jp/archive/cs3

« 〈方位の考古学〉の活用例(7)~志波城政庁と徳丹城政庁の比較の図 | トップページ | クルーズ船の船内の様子 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 ちゃんと文章を読んだのでしょうか。洪水多発で北方の志波城を移築したのは9世紀です。つまり東偏の官衙ではなくて、小規模な正方位の政庁ですよ。
 志波城と似ているのはその前の東偏の官衙。
 そして九州王朝が東偏をとったのは、5世紀後半から6世紀後半もしくは末の話。
 土器編年のずれで100年年代が下がっても6世紀後半から7世紀末です。
 志波城の移築とは大きく年代がずれている。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  ちゃんと文章を読んだのでしょうか。洪水多発で北方の志波城を移築したのは9世紀です。つまり東偏の官衙ではなくて、小規模な正方位の政庁ですよ。


〉 志波城の移築とは大きく年代がずれている。

とすると,小規模の正方位の政庁は,近畿王朝のものということですね?

>とすると,小規模の正方位の政庁は,近畿王朝のものということですね?

 多元的国分寺研究サイトのコメントにも書いたように、徳丹城政庁の年代の9世紀は史書の記述に依拠した年代です。ウィキペディアの記述の「弘仁2年(811年)、文室綿麻呂の建議により、翌年の3月頃南10キロメートルに移転・造営したものである」がこれを示しています。
 だから絶対年代。
 近畿王朝の時代の出来事です。
 再確認の必要もない歴史的事実です。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  多元的国分寺研究サイトのコメントにも書いたように、徳丹城政庁の年代の9世紀は史書の記述に依拠した年代です。ウィキペディアの記述の「弘仁2年(811年)、文室綿麻呂の建議により、翌年の3月頃南10キロメートルに移転・造営したものである」がこれを示しています。
 だから絶対年代。
 近畿王朝の時代の出来事です。
 再確認の必要もない歴史的事実です。

志波城・徳丹城ーーーーーーーーーーーー9世紀(811年の建議)の徳丹城・政庁

というように,大きな時代の差があるわけですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 〈方位の考古学〉の活用例(7)~志波城政庁と徳丹城政庁の比較の図 | トップページ | クルーズ船の船内の様子 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ