« パリーグTVで「楽天キャンプ」を観る | トップページ | 豊島園の未来 »

2020年2月 4日 (火)

『日本書紀』には「蝦夷」という言葉は何回出てくるか?

川瀬さんが前に言っていた言葉で,

「古代の東北の様子は,敏達紀から持統紀を精査してみればわかる」というものがある。

〈方位の考古学〉では,早くから九州王朝が「東偏」や「正方位」という形で,

近畿王朝(701年)以前から東北侵略を繰り返してきたことをすでに証明してきていると思うが,

「それは何らかの形で記録に残されてはいないのか?」

古代史を研究している方なら,当然考えたことがあると思う。

それは,なんと!誰でも知っている『日本書紀』(720年)に書いてあるのではないか。

何しろ自分たちのご先祖様は九州出身であるということを隠していないのであるから,

そして,九州王朝の史料をたくさん取り入れて作られたのが『日本書紀』なのであるから。

そう思って,「日本書紀・全文データ」で「蝦夷」を検索してみることにした。

いったい何件くらいヒットすると思いますか?

10件? 20件? 50件? それ以上?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本書紀 巻第七 景行天皇~成務天皇
並椎結文身、爲人勇悍、是總曰蝦夷。亦土地沃壤而曠之、擊可取也。」秋八月、熊襲亦反之、侵邊境不止。冬十月丁酉朔己酉、遣日本武尊令擊熊襲、時年十六。於是日本武尊曰「吾、得善射者欲與行。其何處有善射者焉。」或者啓之曰「美濃國有善射者、曰....→ このページで合計14件ヒット

 

日本書紀 巻第十 応神天皇紀
也。三年冬十月辛未朔癸酉、東蝦夷悉朝貢。卽役蝦夷而作厩坂道。十一月、處々海人、訕哤之不從命。訕哤、此云佐麼賣玖。則遣阿曇連祖大濱宿禰、平其訕哤、因爲海人之宰、故俗人諺曰佐麼阿摩者、其是緑也。是歲、百濟辰斯王立之、失禮於貴國....→ このページで合計2件ヒット

 

日本書紀 巻第十一 仁徳天皇紀
四邑之人民以歸焉。五十五年、蝦夷叛之。遣田道令擊、則爲蝦夷所敗、以死于伊峙水門。時有從者、取得田道之手纏、與其妻。乃抱手纏而縊死、時人聞之流涕矣。是後、蝦夷亦襲之略人民、因以、掘田道墓、則有大蛇、發瞋目自墓出以咋、....→ このページで合計4件ヒット

 

日本書紀 巻第十四 雄略天皇紀
、行至吉備國過家、後所率五百蝦夷等聞天皇崩、乃相謂之曰「領制吾國天皇、既崩。時不可失也。」乃相聚結、侵冦傍郡。於是尾代、從家來、會蝦夷於娑婆水門、合戰而射、蝦夷等或踊或伏、能避脱箭、終不可射。是以、尾代、空彈弓弦、....→ このページで合計3件ヒット

 

日本書紀 巻第十五 清寧天皇~仁賢天皇
癸丑、天皇、親錄囚徒。是日、蝦夷・隼人並內附。九月丙子朔、天皇、御射殿、詔百寮及海表使者射、賜物各有差。五年春正月甲戌朔己丑、天皇崩于宮、時年若干。冬十一月庚午朔戊寅、葬于河內坂門原陵。弘計天皇 顯宗天皇弘計天皇更名來目稚子、大兄去....→ このページで合計1件ヒット

 

日本書紀 巻第十九 欽明天皇紀
、今山村己知部之先也。三月、蝦夷・隼人並率衆歸附。秋七月丙子朔己丑、遷都倭國磯城郡磯城嶋、仍號爲磯城嶋金刺宮。八月、高麗・百濟・新羅・任那並遣使獻、並脩貢職。召集秦人・漢人等諸蕃投化者、安置國郡、編貫戸籍。秦人、戸數總七千五十三戸....→ このページで合計1件ヒット

 

日本書紀 巻第二十 敏達天皇紀
、不納以還之。十年春潤二月、蝦夷數千冦於邊境。由是、召其魁帥綾糟等魁帥者、大毛人也詔曰「惟、儞蝦夷者、大足彥天皇之世合殺者斬應原者赦。今朕遵彼前例、欲誅元惡。」於是、綾糟等、懼然恐懼、乃下泊瀬中流、面三諸岳、歃水而盟曰「臣....→ このページで合計3件ヒット

 

日本書紀 巻第二十一 用明天皇~崇峻天皇
辰朔、遣近江臣滿於東山道使觀蝦夷國境、遣宍人臣鴈於東海道使觀東方濱海諸國境、遣阿倍臣於北陸道使觀越等諸國境。三年春三月、學問尼善信等、自百濟還、住櫻井寺。冬十月、入山取寺材。是歲、度尼、大伴狹手彥連女善德・大伴狛夫人・新羅媛善妙・....→ このページで合計1件ヒット

 

日本書紀 巻第二十三 舒明天皇紀
畢之、嗣位未定。當是時、蘇我蝦夷臣、爲大臣、獨欲定嗣位、顧畏群臣不從、則與阿倍麻呂臣議而聚群臣饗於大臣家。食訖將散、大臣令阿倍臣語群臣曰「今天皇既崩无嗣。若急不計、畏有亂乎。今以詎王爲嗣。天皇臥病之日、詔田村皇子曰、天下大任、本非....→ このページで合計6件ヒット

 

日本書紀 巻第二十四 皇極天皇紀
辛未、皇后卽天皇位。以蘇我臣蝦夷爲大臣如故。大臣兒入鹿更名鞍作。自執國政。威勝於父。由是、盜賊恐懾、路不拾遺。乙酉、百濟使人大仁阿曇連比羅夫、從筑紫國、乘驛馬來言、百濟國、聞天皇崩、奉遣弔使。臣隨弔使、共到筑紫。而臣望仕於葬。故先....→ このページで合計11件ヒット

 

日本書紀 巻第二十五 孝徳天皇紀
庫收聚國郡刀甲弓矢。邊國近與蝦夷接境處者、可盡數集其兵。而猶假授本主。其於倭國六縣被遣使者、宜造戸籍、幷校田畝。謂檢覈墾田頃畝及民戸口年紀。汝等國司、可明聽退。卽賜帛布、各有差。是日、設鍾匱於朝。而詔曰、若憂訴之人、有伴造者、其伴....→ このページで合計3件ヒット

 

日本書紀 巻第二十六 斉明天皇紀
己巳朔己卯、於難波朝饗北北越蝦夷九十九人・東東陸奧蝦夷九十五人、幷設百濟調使一百五十人。仍授柵養蝦夷九人・津刈蝦夷六人、冠各二階。八月戊戌朔、河邊臣麻呂等、自大唐還。冬十月丁酉朔己酉、於小墾田造起宮闕擬將....→ このページで合計32件ヒット

 

日本書紀 巻第二十七 天智天皇紀
於濱臺之下諸魚覆水而至、又饗蝦夷、又命舍人等爲宴於所々。時人曰、天皇天命將及乎。秋九月壬午朔癸巳、新羅、遣沙㖨級飡金東嚴等進調。丁未、中臣內臣、使沙門法辨・秦筆、賜新羅上臣大角干庾信船一隻、付東嚴等。庚戌、使布勢臣耳麻呂、賜新羅王....→ このページで合計2件ヒット

 

日本書紀 巻第二十八 天武天皇紀上
。是時、三輪君高市麻呂・鴨君蝦夷等及群豪傑者、如響悉會將軍麾下。乃規襲近江、撰衆中之英俊爲別將及軍監。庚寅、初向乃樂。秋七月庚寅朔辛卯、天皇遣紀臣阿閉麻呂・多臣品治・三輪君子首・置始連菟、率數萬衆自伊勢大山越之向倭。且遣村國連男依....→ このページで合計2件ヒット

 

日本書紀 巻第二十九 天武天皇紀下
地形、仍將都矣。乙未、陸奧國蝦夷廿二人賜爵位。庚子、地震。丙午、命境部連石積等、更肇俾造新字一部卅四卷。己酉、幸于新城。辛酉、詔曰「親王以下百寮諸人、自今已後、位冠及襅褶脛裳、莫着。亦、膳夫・采女等之手繦・肩巾肩巾此云比例並莫服。....→ このページで合計2件ヒット

 

日本書紀 巻第三十 持統天皇紀
祖等所仕狀、遞進誄焉。己未、蝦夷百九十餘人、負荷調賦而誄焉。乙丑、布勢朝臣御主人・大伴宿禰御行、遞進而誄。直廣肆當麻眞人智德、奉誄皇祖等之騰極次第。禮也、古云日嗣也。畢葬于大內陵。十二月乙酉朔丙申、饗蝦夷男女二百一十三人於....→ このページで合計8件ヒット

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

約100件,『日本書紀』には「蝦夷」が登場する。

グラフにしてみると,こんな感じになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神武

綏靖


安寧


懿徳


孝昭


孝安


孝霊


孝元


開化


崇神


垂仁


景行・成務 ●●●●●●●●●● ●●●● 14


仲哀 0


神功 0


応神 ●● 2


仁徳 ●●●● 4


履中・反正 0


允恭・安康 0


雄略 ●●● 3


清寧・顕宗・仁賢 0


武烈 0


継体 ●●● 3


安康・宣化 ● 1


欽明 ● 1


敏達 ●●● 3


用明 ● 1


崇峻 0


推古 0


舒明 ●●●●●● 6


皇極 ●●●●●●●●●● ● 11


孝徳 ●●● 3


斉明 ●●●●●●●●●● ●●●●●●●●●● ●●●●●●●●●● ●● 32


天智 ●● 2


天武 ●● 2


持統 ●●●●●●●● 8
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで,近畿王朝が『日本書紀』より先に作った『古事記』(712年)には,

「蝦夷」という言葉は何件くらい登場するのだろうか?

10件? 20件? 50件? それ以上?

実は,次の1件しかないらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古事記 中-4 景行天皇記~成務天皇記
置也。自其入幸、悉言向荒夫琉蝦夷等、亦平和山河荒神等而、還上幸時、到足柄之坂本、於食御粮處、其坂神、化白鹿而來立。爾卽以其咋遺之蒜片端、待打者、中其目乃打殺也。故、登立其坂、三歎詔云「阿豆麻波夜。自阿下五字以音也。」故、號其國謂阿....→ このページで合計1件ヒット

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この差(『日本書紀』の約100件に対して,『古事記』の1件)は,「どの王朝がまず東北侵略をやり,

その後どの王朝がそれを継承したか」を如実に表していると言えるのではないか。

当然「九州王朝が先行し,近畿王朝が後追いしたこと」

『日本書紀』と『古事記』における「蝦夷」の出現数を見る限り,火を見るより明らかなように思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お試し用にと思って,2つのサイトをリンクしてみた。ぜひ「蝦夷」でやってみて下さい。

【日本書紀・全文検索サイト】

http://www.seisaku.bz/search3/searchn.php

【古事記・全文検索サイト】

http://www.seisaku.bz/search4/searchk.php

« パリーグTVで「楽天キャンプ」を観る | トップページ | 豊島園の未来 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 せっかく書紀の蝦夷関係記事を抽出したのだから、それぞれの記事を「主語有無の論証」を使って読んでみてください。
●応神紀
 三年冬十月辛未朔癸酉、東蝦夷悉朝貢。卽役蝦夷而作厩坂道
 (年次ー省略)東蝦夷がことごとく朝貢した。すなわち蝦夷を使役して厩坂道を作らしむ。
 この「使役」や「作らしむ」の動詞には主語がありません。明らかにこれは九州王朝の天子(天皇)の所業だということです。
●仁徳紀
 五十五年、蝦夷叛之。遣田道令擊、則爲蝦夷所敗、以死于伊峙水門。
(年次ー省略)蝦夷これ叛く。田道を遣わして撃たしむ。すなわち(田道は)蝦夷のために敗北し、伊峙水門にて死す。

 長文の漢文をいきなり読解するのは大変ですが、このように短い文を読解することを積み重ねていると自然と長文でも読解できるようになります。
 挑戦してみてください。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

今やっている精査を終えたら挑戦してみたいと思いますが,
今回の私の話の趣旨は,『日本書紀』の「蝦夷」記事が100あるのに対し,
『古事記』の「蝦夷」記事が1しかないという事実を伝えたかった訳です。

『日本書紀』には,九州王朝の史料からの盗用がたくさん含まれていると言われていますが,
「蝦夷」記事の場合,いったいどれくらいの割合なのか?
上の比率だけからいえば,ほとんど全部盗用と言えるかもしれませんね。
そして,先日の「東山道の都督任命記事」なども入れれば,さらに膨大な数に。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パリーグTVで「楽天キャンプ」を観る | トップページ | 豊島園の未来 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ