« 他のサイトからの新型コロナ情報 | トップページ | 『プロ野球選手写真名鑑2020』 »

2020年2月21日 (金)

大腸がんの検査

私も還暦なので,少しは気を付けようと,

市の大腸がん検査を受けた。

(500円でやってもらえる)

2日分の便を提出すると,約1か月で結果が来た。

「陰性」であった。

これからも健康に気を付けて,毎日を過ごしたい。

そして,毎年「陰性」という結果をもらえるようにしたい。

Img_6273

« 他のサイトからの新型コロナ情報 | トップページ | 『プロ野球選手写真名鑑2020』 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 便潜血検査で見つかる大腸がんは約4割に過ぎません。のこり6割は大腸内視鏡検査でないとみつけられない。
 便潜血検査で見つかる大腸がんは、がんが大腸内壁に盛り上がってできているものだけ。便が通過するときにこすれて血が出る。
 しかし多くの大腸がんは大腸内壁の内部に食い込んでできる。これは便が通過してもこすれないので血は出ない。
 私の父はずっと87歳になるまで便潜血検査をして陰性だったが、86歳になったとき、初めて便潜血検査で陽性だった。急ぎ大腸内視鏡検査をしてみると大腸がんがあり、しかもステージ4の末期がんだった。
 つまり大腸内壁で増殖したがんが大きくなって、大腸内壁に盛り上がってきて初めて血が出たわけ。
 もう手遅れでした。
 あちこちにリンパを通じて転移していて余命2か月と。
 これを丸山ワクチンをつかって増殖を抑え、六か月後までは増殖をストップさせたが、七か月後に増殖がわかり再度腹を開いてみたらすでに手が付けられない状態に。
 結局丸山ワクチンをつかっても余命二か月が8か月に延びただけでした。

 1万円ほどかかりますが、ぜひ大腸内視鏡検査をうけてください。
 40歳過ぎたら大腸内視鏡検査をやった方がよいといわれています。
 一度やって問題なければ、あとは数年おきでよい。
 私は2010年に最初に受けて、その時はポリープがいくつもあって切り取ってみたらがんではなかったが、念のため翌2011年に二度めの検査を受けた。二度目はポリープもないので、三度目はその翌翌年。つまり2013年。以後ずっとポリープはないので、2015年・2017年・2019年と受けた。次は2021年です。
 費用は病院によって異なります。
 私の場合は7000円ほど。
 前の日の夜から下剤を飲み続けて検査(翌日の昼)までに大腸の中をきれいさっぱりに洗い流さないといけないのが大変ですが、最近の下剤は飲みやすくなっているので問題はないと思います。
 検査はその場で結果がでます。
 画像を見せてくれますから。
 ポリープがあって切り取った場合の病理検査は一週間以内です。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  私は2010年に最初に受けて、その時はポリープがいくつもあって切り取ってみたらがんではなかったが、念のため翌2011年に二度めの検査を受けた。二度目はポリープもないので、三度目はその翌翌年。つまり2013年。以後ずっとポリープはないので、2015年・2017年・2019年と受けた。次は2021年です。

川瀬さんはもう6回も内視鏡検査を受けられたのですか!
来年は私も受けてみたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 他のサイトからの新型コロナ情報 | トップページ | 『プロ野球選手写真名鑑2020』 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ