« 西武鉄道の「52席の至福」列車 | トップページ | 政府専門家会議の見解全文 »

2020年2月25日 (火)

Wikiwand「九州王朝説」~「駅路」の項

上記のものを,先ほど見つけたので,リンクします。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古代日本では、駅路という全長6,300kmにも及ぶ幅6-30mの直線的道路が本州をほぼ縦断して全国に作られ、沿線には「駅家(うまや)」という休憩・宿泊施設も作られていた。これは現在の日本の高速道路網にも匹敵するものであるが、これだけの道路の建設にもかかわらず、どれだけ費用がかかり、誰が負担したかと言う事がわかっていない。当時の人口は500万人程度と推測されており、建設には長い歳月と膨大な労力が必要だったと考えられる。これらも九州倭国が、半島での戦争を遂行するために兵員の移動・物資の補給用に建設したものであると考えられる[29]

29.^ 『古代日本ハイウェーは九州王朝が建設した軍用道路か?』

 

Wikiwand「九州王朝説」~「駅路」の項

https://www.wikiwand.com/ja/九州王朝説

 

« 西武鉄道の「52席の至福」列車 | トップページ | 政府専門家会議の見解全文 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 西武鉄道の「52席の至福」列車 | トップページ | 政府専門家会議の見解全文 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ