« 「トラ」と「トラ2号」 | トップページ | 今年の春季キャンプの開催県は2つ »

2020年1月31日 (金)

長野県の善光寺は,いつ頃建てられたのか?

善光寺について,調べてみようと思った。

というのも,かなり古い寺と言われているが,

考古学的発掘はされているのか?

また,「聖徳太子」と手紙のやりとり(九州年号が書かれている?)があると聞いているが,

それは九州王朝との多利思北孤のやりとりではないかと思われるからである。

さらに,考古学的発掘では何世紀のいつ頃かということで,

〈方位の考古学〉の出番があるかもしれないと思った。

今のところ遠隔地(100年ズラす)の例が多いので,「中間地(50年ズラす)でも有効である」ということもある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まず,善光寺のサイトからリンクしてみよう。

【善光寺】

https://www.zenkoji.jp/about/ 

草創期を語る史料は残念ながら善光寺には残っていません。しかし、発掘史料や史書などから、いにしえの善光寺の姿をうかがい知ることはできます。大正十三年と昭和二十七年には境内地から白鳳時代の川原寺様式を持つ瓦が発見され、7世紀後半頃にはかなりの規模を持つ寺院がこの地に建立されていたことがわかってきました。平安後期・12世紀後半に編集された『伊呂波字類抄』は、8世紀中頃に善光寺の御本尊が日本最古の霊仏として中央にも知られていたことを示す記事を伝えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「7世紀後半頃にはかなりの規模を持つ寺院が建設されていたことがわかってきた」ということは,

やはり,相当古いお寺のようである。

そして,〈方位の考古学〉では,善光寺は中部地方の長野県ということで,

「中間地の遺跡」(50年遡る)ということになる。

だから,「7世紀後半」というのは「7世紀前半」と読み替え,九州王朝がまだ健在な時期ということになる。

先に書いた「聖徳太子との手紙のやりとり」だが,命長七年(646年)という九州年号が出てくるという。

【善光寺如来と聖徳太子の往復書簡】

http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou58/kai05806.html

「聖徳太子」が厩戸皇子だとすると,574年2月7日ー622年4月8日 なので,

生まれる前にいくつも手紙のやりとりをしていたことになってしまうし,

亡くなった後にも命長7(640)年にも手紙を出していることになってしまう。

「善光寺縁起」には他にも,いくつもの九州年号が使われているというのだ。(★は厩戸皇子の誕生以前)

「喜楽」・・・552年〜 ★

「師安」・・・564年〜 ★

「知僧」・・・565年〜 ★

「金光」・・・570年〜 ★

「告喜」・・・594年〜

「願転」・・・601年〜

「定居」・・・611年〜

「命長」・・・640年〜

「白雉」・・・652年〜

最後の「白雉」は,663年の白村江の戦いの直前ということを考えさせる。

「九州王朝の天子だったと思われる多利思北孤は,

九州年号を記した手紙を善光寺の高僧とやりとりした」という方が,

「大和の「聖徳太子」が九州年号を使って,善光寺の高僧とやりとりした」という話より,

リアルだと思うのである。

そして,末筆ながらいうと,〈方位の考古学〉で50年遡った新・実年代の方が,

現在の実年代「7世紀後半に善光寺が作られた」(白村江の戦いの時期に)というより,

同様にリアルなのではないか。

 

 

« 「トラ」と「トラ2号」 | トップページ | 今年の春季キャンプの開催県は2つ »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 善光寺のサイトにある「7世紀後半」は、引用文からも明らかなように、川原寺式軒丸瓦という瓦が出土したことから判断した年代です。
 方位の考古学で年代を判定したのは、土器編年のずれです。 
 川原寺はまさしく7世紀後半に飛鳥に建てられた寺院で、この7世紀後半を遠隔地だからと8世紀前半などに動かしているのならともかく、同時代の7世紀後半としているのですから、この軒丸瓦から判定した年代を50年さかのぼらせて7世紀前半とすることはできません。

 したがって肥沼さんの善光寺に関する所論は幻です。
 善光寺で近年きちんとした考古学調査がされているのは門前町で、現在の場所に寺院が移る前に御堂があった場所が発掘されています。そこから出た軒丸瓦は単弁蓮華文と複弁蓮華文です。単弁蓮華文の年代は7世紀中頃。複弁蓮華文の年代は7世紀後半です。
 報告書は 元善町遺跡・善光寺門前町跡(2)です。奈文研のサイトで見つかると思います。

 7世紀中頃なら、【善光寺如来と聖徳太子の往復書簡】と年代はあうのではないでしょうか。

追伸

 scoophandsのブログの2007年4月21日 (土)「善光寺の瓦を学ぶ」によると、素弁蓮華文も出ているようなので、これなら6世紀末ないし7世紀前半まで遡るとおもいます。
 http://scoophands.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post-4289.html

 ご一読ください。プロフィールを見るとメールアドレスが同志社大学のアドレスになっていました。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

もっと古い瓦が出ているということなら,さらに興味が湧きますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「トラ」と「トラ2号」 | トップページ | 今年の春季キャンプの開催県は2つ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ