« 冬の大会まで一週間 | トップページ | 風邪がぶり返した »

2020年1月 5日 (日)

母の入浴

母の入浴は,息子としてはなかなか難しい面があった。

後期高齢者とはいえ,女性としての羞恥心も残っているだろうし,

介護の方ならいざ知らず,私は実の息子だからである。

しかし,一週間の冬休みを終え,明日からはデイ・ケアの再開である。

さっぱりして送り出してあげたい。その気持ちが勝った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)お湯をシャワーで出して,しばらくお湯浴びをさせた。(ふろ桶の中)

(2)シャンプーをする。洗面所よりやりやすい。

(3)最後にたっぷりお湯浴びをさせて終了。

(4)もたもたやっていると体が冷えるので,かなり手伝った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで,先日のシャンプーからさらにレベルアップして入浴まで,

私の介護レベルはアップすることになった。

夏場とか,長期休みには,これからも活用していきたい。

4855

« 冬の大会まで一週間 | トップページ | 風邪がぶり返した »

心と体」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 お母様の入浴介助。お疲れ様です。
 羞恥心うんぬんと言ってないで、介助者はあなたしかいないのだから、「入浴の介助を僕がするのではいやかい?」と聞いてみればよかったのではないでしょうか。

 私は母が杖に頼って歩くようになったころから、入浴介助をしています。
 風呂場で倒れられるのも困るしね。
 もう20年近くになるかな?

 2013年に浴槽から外に出る際に上がれず浴槽に落ちてしまってから(この時はすぐさま湯を抜いて、隣の人に頼んで二人で浴槽から抱え上げた)、風呂場に入浴用リフトを取り付けて介助しています。90キロまで持ち上げられるリフトなので、70キロ(母)+10キロ(入浴用いす・上部が取り外し式)を軽々と持ち上げる優れものです。
 このころから四日に一度は風呂でシャンプーもしています。椅子はリクライニング式なので楽です。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  私は母が杖に頼って歩くようになったころから、入浴介助をしています。
 風呂場で倒れられるのも困るしね。
 もう20年近くになるかな?
 2013年に浴槽から外に出る際に上がれず浴槽に落ちてしまってから(この時はすぐさま湯を抜いて、隣の人に頼んで二人で浴槽から抱え上げた)、風呂場に入浴用リフトを取り付けて介助しています。90キロまで持ち上げられるリフトなので、70キロ(母)+10キロ(入浴用いす・上部が取り外し式)を軽々と持ち上げる優れものです。
 このころから四日に一度は風呂でシャンプーもしています。椅子はリクライニング式なので楽です。

介護の悩みというのは,なかなか人に聞けないもので,
自分でやってみて「どうですかね?゜」と聞くことになります。
川瀬さんは年齢もお母さまの介護も先輩なので,参考になることが多いです。
入浴についても,短くないお付き合いの中で,なかなか書けなかったものです。
実際やってみたら,気持ちよく湯を浴び,シャンプーされていましたので,
もっと早くやってあげていればと思いました。
この話を読んで下さる読者の皆さんの中にも「そろそろ介護のことを考えなくては・・・」と
思っていらっしゃる方も少なくないと思います。
「親が生きているうちしか親孝行(介護)はできない」というのが,結論ですかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の大会まで一週間 | トップページ | 風邪がぶり返した »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ