« 〈方位の考古学〉の活用例(2)~福島県・泉官衙遺跡の場合 | トップページ | 明日から楽しみ3連ちゃん »

2019年12月24日 (火)

涌井投手が楽天に入団

美馬投手がロッテに移籍してしまったのは残念だったが,

代わりにロッテから涌井投手が移籍してきた。

西武では岸投手や浅村内野手と同僚だったので,

楽天にも早く溶け込んでくれるだろう。

則本,岸,涌井と3人のベテラン投手がローテーションを守り,

昨年台頭してきた若手投手たちが活躍すれば,

昨年の順位(3位)以上の成績も夢ではないと思う。

【涌井投手の入団会見】

https://www.rakuteneagles.jp/news/detail/00002676.html

Img_191223_01_01

« 〈方位の考古学〉の活用例(2)~福島県・泉官衙遺跡の場合 | トップページ | 明日から楽しみ3連ちゃん »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

帽子をかぶせている石井も西武出身でしたね。
楽天の西武化とでもいうような感じですかね。

それだけ西武ライオンズの素晴らしさがあるということですね。

その中でもあの松坂が帰ってきたことで来年の西武は
また、大活躍して三連覇を目指してほしいところですね。

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

昨年の楽天の3位は,西武から浅村が移籍してきてくれたおかげです。
これで,涌井を先発に使えれば,ますます順位が上がりそうですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 〈方位の考古学〉の活用例(2)~福島県・泉官衙遺跡の場合 | トップページ | 明日から楽しみ3連ちゃん »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ