« 昨日の月 12/4 | トップページ | 息子の手料理 12/5 »

2019年12月 5日 (木)

「貝塚のはなし」が届きました!

先日「夢ブログ」でも紹介した福嶋さん(小学校の先生)が作られた

「貝塚のはなし」(18ページ)が届きました。

学校公開の授業で実施されたようです。

さっそく読ませていただき,以下のようなメールを送りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東村山の肥沼です。
「貝塚のはなし」の授業プリントと子どもたちの評価・感想,
ありがとうございました。

さっそく読ませていただきましたが,
押しつけがなく,要所に質問や問題を入れていて,
素敵な授業書的読み物になっていると思いました。
子どもたちの評価・感想も素晴らしいですね!
他の地域でも活用可能ですし,
仮説実験授業の新しい可能性を示すものになっていると思います。
今後訪問するサークルで,紹介していきたいです。

私の方の〈方位の考古学〉は,同じ考古学でもかなり方向が違いますが,
ご照覧いただけたら幸いです。
これまでの考古学の問題点(土器編年のズレ)を解決するための試案です。
でも,もしこの方法が認められれば,従来の歴史像をかなり覆せると信じています。
最大100年,年代判定がズレているという主張です。
まあ,私の願いが叶うのは,かなり先のことだとは思いますが…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福嶋さんの「貝塚のはなし」~縄文時代のイメージをつかむ

私の「〈邪馬台国〉はどこだ!」〜弥生時代のイメージをつかむ

原始・古代の授業プラン化でも,仮説実験授業が有効ということになりました。

Img_5584

Img_5583

 

 

« 昨日の月 12/4 | トップページ | 息子の手料理 12/5 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の月 12/4 | トップページ | 息子の手料理 12/5 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ