« 息子の手料理 12/8 | トップページ | 来週は(昼間は)温かい »

2019年12月 8日 (日)

『日本の戦争を始めた人々』

さっそく川瀬さんから資料請求があったが,

今中一夫さんは前著『日本の戦争を終わらせた人々』(仮説社)と対になる,

『日本の戦争を始めた人々』(仮題)という本を執筆されている。

主人公は外相の東郷茂徳氏で,今回は縦書きである。

(前著も増補し,縦書きに直すとのこと)

まず「ほのぼの出版(中さんの自費出版のネーム)」から出して,

その後,たぶん前と同じように「仮説社からの出版」という形になるのだと思う。

それにしても,中さんは中学理科の先生である。

戦争について関心があるという話を聞いたのもそんなに前の話ではない。

『たのしい進路指導』(仮説社)が最初の私の強い印象で,

その後「若者の犯罪」「学力低下」「地球温暖化」などについて,

世の中の常識を覆す研究をしてきた。今回の戦争もその流れのようだ。

また,最近の動きとして,「語り場」というサークル風のものを主宰し,

自分の研究を発表したり,ほかの人の研究を援助したりする動きもしている。

仮説のサークルとは,似ているところもあるし,似ていないところもある。

実は,ずっと長い間私は中さんを「年上の人」だと思っていた。

それは風貌や態度からくるものだったが(私が2歳年上),人のことは言えない。

私も酒処「まこ」である年上のお客さんから,「あなたの方が年上だと思っていた」と

言われたことがあったので。まあ,もう還暦にもなれば,年上も年下も同じようなものだが・・・。

閑話休題。

中さんは近々『日本の戦争を始めた人々』を出されると思う。

そうしたらまた,「夢ブログ」で紹介したいと思う。

03301649_58dcb892d6def

品切れになったようです。

それで,前著も増補,縦書きということになったのかも。

« 息子の手料理 12/8 | トップページ | 来週は(昼間は)温かい »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 中さんの資料のコピーありがとうございました。
 『戦争をはじめた人々』の「はじめに」と「序章 終戦の真実から開戦の謎へ」一気に読み通しました。
 前著の『戦争を終わらせた人々』と同様に、とても読みやすい筆致で、なおかつしっかりと史料に依拠してわかりやすく歴史の真実を描いておられる。
 これから書かれる本編を期待します。

  終戦時の外務大臣東郷茂徳は、開戦時の外務大臣でもありました。
 しかし彼は最後まで開戦に反対の立場から、最後までアメリカとの妥協を模索して戦った人です。そして開戦後も早期の講和を実現するために動いたが、どんどん戦線をアジア全域に広げていく東条と対立し、外務大臣を辞めているのです。
 そして開戦回避に奔走した東郷の後ろにはそれを指示した昭和天皇がいた。
 昭和天皇も対米方針を決める御前会議では「和戦両様で進めよ」と指示したり、日露戦争の時の明治天皇の歌を引用して、戦争反対の旨を表明した。
 だが彼らの戦争回避の動きは無視されつぶされた。
 昭和天皇ー東郷外務大臣の対米戦争回避の動きを頓挫させ、結局日米戦争開戦へと押しやった人々は誰であり、その論理はいかなるものであったのか。
 おそらく中さんが叙述しようとするのはそのあたりだと思います。
 前著ではあくまで徹底抗戦を唱える軍中枢と激しい議論を繰り広げてそれを打ち破ったのは東郷だったのだが、開戦にも大きな責任を負う彼を「終戦の功労者」としてのみ描くことはできず、前著では彼の事はほんの少ししか描けなかった。
 なぜ戦争終結の最大功労者が戦争犯罪人にされたのか。
 ここに開戦に至る過程の謎と暗闘の歴史が隠されているわけです。ここを描きたいと中さんは「序章」の冒頭で述べておられます。
 日米戦争回避を図る人々と何が何でも開戦とそれを邪魔し阻止しようとした人々。この暗闘こそ、明治の末から続いた、植民地帝国派と英米と連携した自由貿易派の長い戦いの最後の場面であったのだと思います。
 そして自由貿易派は敗北した。
 だが戦争の期間雌伏した自由貿易派は、戦線が次第に不利になり敗北必死になる中で、今度は戦争の終結ー講和に向けて戦い、今度は戦いに勝った。
 だから戦後の日本は一転して自由貿易の路線に突き進んだのです。

 植民帝国を目指した明治日本の総決算と新生日本の出発。
 中さんの二つの著作は、ここを描くものとなりますね。
 どんな叙述になるのか。
 期待しかつ待望します。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

中さんにも,川瀬さんのコメントを紹介させていただきますね。
『日本の戦争を始めた人々』は年明けには出ると思います。
楽しみですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子の手料理 12/8 | トップページ | 来週は(昼間は)温かい »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ