« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月31日 (火)

夏のフィールドワークの記事・2編

歴教協の埼玉大会で,所沢の社会科サークルは

フィールドワークを担当した。

その様子を一つは「東京新聞」が報告してくれ,

もう一つは『歴史地理教育』11月号に掲載された。

篠原さんが文章で報告し,写真(一番下のもの)は

私のを使っていただいた。(航空記念館の会議室のもの)

Img_5913

Img_5912_20191231192801

 

 

 

西高東低,冬型の気圧配置

今日は嵐が吹きまくった。

いわゆる「西高東低,冬型の気圧配置」というやつだ。

東にある低気圧に向かって,西にある高気圧がすさまじい風を吹かす。

今日は風邪で大人しくしていたが,午後買い物に出たときは死ぬかと思った。

しかし,これが通り過ぎれば高気圧が日本列島を覆い,

朝晩さむいが,昼間はわりと温かい日となる。

お正月は,晴れみたいです。

Img_5914

来年の仮説と古田史学の研究会など

昔はよく「来年のことを言うと鬼が笑う」と言われてものだ。

(いまだに鬼が笑うところを見たことがないが・・・)

もう来年は明日に迫っているのだから,

明日からの見通しについて書けないようでは仕方ない。

風邪で休養しついでに,そんな話題も書いておこう。

なお,毎月の定例サークルなどは除くとする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1月・・・愛知・大阪・仮説の冬の大会(11~13日)

2月・・・歴教協・研究集会(8・9日)

3月・・・東京・北とぴあの会(30~31日)

4月・・・

5月・・・

6月・・・

7月・・・大阪・仮説の夏の大会(27~30日)

8月・・・歴教協・夏の大会(愛知・1~3日)

9月・・・東京・古代史講演会

10月・・・

11月・・・八王子・古代史セミナー

12月・・・横浜・年末の会

 

 

紅白歌合戦 2019

本日は,休養の1日にして,来年に賭けたいと思う。

でも,紅白歌合戦にどんな歌手や歌が登場するかというくらい

調べておきたくなりました。(毎年途中で寝ちゃうけどね)

何曲ぐらい知っていますか?最近は新しい曲ばかりでもないようですが・・・。

【紅白歌合戦 2019】

https://www.huffingtonpost.jp/entry/kohaku-2019_jp_5e08ba5fe4b0843d3607bef4

 

Photo_20191231133801

〈方位の考古学〉の活用例(5)~九州の遺跡たち

太宰府に続き,気になる九州の遺跡たちを,

〈方位の考古学〉で見直してみたい。

ちなみに,太宰府のスタートは「7世紀後半(⇒6世紀後半)」だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)鴻臚館(7世紀後半)⇒6世紀後半

(2)大野城(7世紀半ば)⇒6世紀半ば

(3)女山神籠石(7世紀代)⇒6世紀代

(4)小郡官衙(7世紀末~)⇒6世紀末~ 小郡屯倉→孝徳の小郡宮か (西偏⇒東偏⇒正方位と変遷している)

Photo_20191231060901

(5)有田・小田部(有田)(7世紀後半~)⇒6世紀後半 ※孝徳の難波長柄豊崎宮か(3種類の方位が混在している)

Photo_20191231060401

(6)鞠智城(7世紀後半,当時の日本を統治していた大和朝廷(政権)によって築かれた城)⇒

 6世紀後半,当時の日本を統治していた九州王朝(政権)によって築かれた城

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これらは太宰府の動きとほぼ同じ時期に,あるいはその前後に位置づけられる。

しかも時期からいうと,唐への対策ではなく,明らかに隋への対策だということができるだろう。

そういえば日本古代ハイウェーも7世紀第3四半期(⇒6世紀第3四半期)だから,まさしく同じ時期だった。

一連の動きはバラバラに起きたのではなく,九州王朝が隋に対して行ってきた証拠(遺跡が明らかにしている)なのだ。

映画「お帰り 寅さん」を観に行く

大の「寅さん」ファンの私は,

渥美清さんが亡くなった時大船撮影所で行われた

「お別れの会」に参加したほどだが,

このほど,第50作ということで,

山田洋二監督が「お帰り 寅さん」を作られた。

それを昨日新宿に観に行ったのだった。

「新宿ピカデリー」に着いてみると,まず驚いたのは人の数。

「お帰り 寅さん」以外にも新作が出ていたこともあり,

映画を観に行ったのに,人を見に行った感じだった。

そのうえ,11時40分からの第2回は満員で,

2時間後の第3回の券を買う羽目になってしまった。

(ばっちりシニアの券は買えたけど)

さて,一番大きな会場(しかもほぼ8割方埋まっていた)で始まった「お帰り 寅さん」。

懐かしいマドンナたちの映像や名場面が登場して,

まさに寅さんの世界が表現されていた。

特に,メロンの分配の場面や沖縄での満男と泉の告白の場面では,

大いに笑わせてもらい,また感動を蘇らせてもらった。

「スマホ」で予約できるらしいので,観に行く方は利用してみては?

充実した2019年の最後を「寅さん」で締めくくることができた。

Img_5911

風邪をもらいました

数日前からエヘン虫にやられ,

鼻水は出るし,なんだかダルい。

これはもう,風邪の症状ですね。

大人しく寝正月ということにしたいと思います。

私は大病はしたことがありませんが,

風邪は年に数回もらいます。

それは大抵体力が落ちている時なので,

「ちょっと休め」と風邪が教えてくれるのでしょう。

2020年にいいスタートを切るためにも,

ここはちょっと控えたいと思います。

そういう意味で,「風邪をひいた」ではなく,

「風邪をもらった」と書きました。

信号でいえば,真ん中の黄色が点灯したということですね。

Photo_20191231044301

2019年12月30日 (月)

しまった!

今母の洗濯物を干そうと思って,ベランダのサッシを開けたら,

気持ち良さそうに椅子で寛いでいた「トラ2号」を驚かせてしまった。

カメラを持って駆け付けた時には,もう姿が見えず。

残念・・・。🐱

Img_5910

 

息子の手料理 12/29

母は時々食パンを買う。

買うくせにあまり食べない。

だから,3枚入りを買っても,私が2枚半食べるということにもなる。

母はパンにはバターを付けて食べたいようだが,

それが私の米好きと合わないのだ。

昨日食パンを焼いて,オリーブ油と塩を混ぜたものを出してみた。

するとバター(動物性油)と違いはあるが,まずまずの反応だった。

これからはこの手で行ってみるかな。

朝は準備に時間が取りにくいので,そして母は着席と同時に食べ始めるので,

数分で焼ける食パンは強~い味方になると思う。

さっそく今朝も,そうしてみよう。朝ごはんも,仮説実験である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5908

ドキュメント「福ちゃん」

昼間「ドキュメント72時間スペシャル」を長時間観ていたせいか,

頭が定点観測していたくなったのかもしれない。

ふと「福ちゃん」(近所の居酒屋)に寄りたくなった。

福寿司から「福ちゃん」に名称変更し,近所の人たちの社交場と化している。

昔は草野心平さん(詩人)も寄った歴史のある店で,

若い人もたくさん来たのだと思うが,時代は速足で通り過ぎ,

日によって人数が多かったり少なかったりするが,

手を抜くことなく,定休日以外は週6日営業している。

前は酒処「まこ」と定休日がダブって,私は困っていたが,

最近は両者の定休日が重ならなくなったので,

両方行くことができる。(ただし,新所沢には行きにくくなった)

ママはまだ頑張る気でいるので,私も時々顔を出さないとね。

Img_5909

 

NHKテレビ「ドキュメント72時間」

年末ということで,上記の番組のスペシャル版をやっていた。

私は初めてこの番組を知ったが,定点をさだめて,

72時間そこで起こる出来事を撮影し,視聴者に観てもらうという手法で,

「定点観測」の面白さを改めて感じた。

同じ場所に来る人でも,ずいぶん違う考えや背景を持っている人がおり,

いつしかその人たちに共感していたりする・・・そういう番組だ。

72時間(3日間)という設定がうまくマッチしていて,

それより短いと物足りないし,それより長いと付いていけないラインなのかも。

視聴者による投票が,多いものから選ばれ,10位⇒9位⇒8位・・・私は4位から観た。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4位・・・桜の樹木葬(桜の季節にご先祖様にハイキングがてらお参りするのもいいなあ)

3位・・・仙台の相席ラウンジ(若者たちもSNSからリア充へと推移している)

2位・・・レンタルなんもしない人(1年間に1000件の依頼があるということに驚き)

1位・・・阿蘇・ライダーたちの夏・10年に一度の撮影会(1979年に始まり,今年で5回目だという)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どの作品にも,人間の喜・怒・哀・楽が表現されていて,「う~ん」と唸るものだった。

2週に一度,午後10時45分から放送されているという。

この時間だと,私は睡眠中だが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ドキュメント72時間】

https://www4.nhk.or.jp/72hours/

2019年12月29日 (日)

NHKテレビ「青春はハモリだ!」

上記の番組を偶然テレビで観た。

【青春はハモリだ!】

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92806/2806548/

毎年夏に行われるNコン(NHK全国合唱コンクール)の落選校のうち,

印象的なチームの様子を収録したものだ。

私の勤務した学校からも毎年のように出場していたが,

なかなか上位に進出するのは難しく,多くの涙を見てきた。

しかし,戦いに敗れたとはいえ,暑い夏をみんなで熱く過ごした思い出は尊いもの。

きっと大人になってあの頃のことを思い出し,充実した日々を思い出すだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

番組内容

青春はハモりだ!~Nコン全力合唱2019~

合唱に情熱を燃やした10代の汗と涙のドキュメント。全国の小・中・高校生が参加するNHK全国学校音楽コンクール・Nコンの舞台裏にカメラが密着。涙のメンバー選抜、合唱がつなぐ親子の絆、重圧とたたかう名門校の学生指揮者など、全国各地で繰り広げられたドラマをひもとく。  

語り:清原果耶

出演者ほか

【出演】SHISHAMO,スピードワゴン,【語り】清原果耶

 

〈方位の考古学〉の活用例(4)~太宰府政庁の場合

これまで紹介した3つの場合(古代日本ハイウェー,福島県・泉官衙遺跡,瓦塔)は,

歴史教科書には登場しないものなので,影響力が少ないと言えば少ないものだった。

そろそろ「大物」に登場していただくことにしよう。太宰府政庁である。

(もともとの名(現地の人)は「太宰府」。日本書紀は,貶めて「大宰府」か?)

これは九州の福岡県にあるので,遠隔地(100年遡る)部類に入る遺跡だ。

まず,従来の土器編年により,これまで以下のように書かれていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ⅰ期(7世紀後半)・・・掘立柱建物

Ⅱ期(8世紀初め)・・・礎石建物(941年の藤原純友の乱で焼失?)

Ⅲ期(10世紀後半)・・・礎石建物

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

時間的に言って,「すべて近畿王朝が建てたもの」というイメージだ。

ところが,〈方位の考古学〉によって,100年遡らせると,以下のようになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ⅰ期(6世紀後半)・・・隋に対抗して(真似して),九州王朝が正方位で建てた

Ⅱ期(7世紀初め)・・・さらに長期耐久性(4~5倍)のある礎石建物にして九州王朝が建てた(立派な鬼瓦や鴻臚館式軒先瓦も)

Ⅲ期(10世紀後半)・・・近畿王朝が再建する(Ⅱ期を踏襲しながらも,一部異なる配置)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ⅰ期・Ⅱ期が九州王朝の建てたもので,Ⅲ期が近畿王朝の建てたもの。

太宰府の3つの時期は,〈方位の考古学〉 によって,大きく変更されるのである。

「近 ⇒ 近 ⇒ 近」から,「九 ⇒ 九 ⇒ 近」である。

そして,それに付随して,ほかの遺跡も編年の変更を迫られる時が来たのではないか?

私はそう考えている。

【参考資料】

Img_5907

Ⅰ期(九州王朝・掘立柱建物・正方位)

Ⅱ期(九州王朝・礎石建物・正方位)

Img_5906

※ 鴻臚館式軒丸瓦は,Ⅱ期政庁の瓦であっても,近畿天皇家時代になって新たに葺き直されたものではないでしょうか。

(川瀬さんのコメント参照のこと)

Img_5903

Ⅲ期(近畿王朝・礎石建物・正方位)

Img_5904

昨日の月 12/28

午後6時頃。

月齢2.3くらい。

三日月です。

(2.0~2.9の間は,三日月)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5890

2人の誕生日

昨日は2人の誕生日を祝って,多くの人が訪れた。

(酒処「まこ」では,誕生祝いをしてくれる)

ケーキも特大で,私もいちごのたくさん載ったのを頂戴できた。

プレゼントを持ってきた人も多く,紹介のたびに盛り上がった。

Img_5899

Img_5898

Img_5902

作品名「いちご一会(いちえ)」(笑)

 

2019年12月28日 (土)

母の洗髪

デイケアでも髪を洗うのかもしれないが.

短時間ではなかなか十分にはできないのだろう。

そこで,私が洗面台を使って洗髪にチャレンジした。

(1)お湯をバケツにためる

(2)ペットボトルを使ってお湯を汲み,それで母の髪にかける。

(3)シャンプーを投入し,髪を洗いながらマッサージする。

(4)床屋で自分がやってもらってうれしいようにする。

(5)ペットボトルにお湯を汲み,シャンプーを洗い流す。

(6)タオルで髪と顔の水を拭き取る。

母は私の作業に協力してくれたので,わりと簡単にできた。

これからも髪の匂いが気になった時にはやってあげたい。

母はシャンプー後,気持ち良さそうにしていた。

息子の手料理 12/27

昨日は,「クリームシチュー」を作った。

スーパーの「カレー用野菜」を利用したのだが,

玉ねぎが溶けてほとんど見えないに等しくて,

いつも1個玉ねぎを肉と炒めるところからスタートする。

一晩寝かせたので,味は落ち着いて美味しいはず!

Img_5885

犬塚清和さんを偲ぶ会

今年の年末の会は,今年亡くなった「犬塚清和さんを偲んで」ということで,

「授業書と科学と人生と~自分が自分の主人公であるような生き方を」と題される会だった。

犬塚さんは,長い間仮説実験授業研究会の事務局長ということで,研究会を支えてきた。

私は,ガリ本作り・サークル運営等で犬塚さんから学ばせていただいてきた。

(ガリ本なら10冊作り,サークルなら3つ運営してきたことになる)

犬塚さんから学んだ最初のことは,「自分のやりたいことをやる」ということである。

格好よく言うと,主体性を大切にするということ。

犬塚さんは「やろうと思っている」というのはまだだめで,

「今これをやっています」というのを認める人だったと思う。

「研究会への貢献・寄与」という会則の前に躊躇し,研究会への入会が遅れた私に,

「そんなもん,事務局に入会のハガキを1枚書けばいいんだよ」と教えてくれた。

授業書をいくつもやり,授業記録が『たの授』や『仮説実験授業研究』に載り,

名を知られるようになってから入会と考えていた私には,驚きだった。

「入会のハガキを1枚出す」「会費を払う」「『たの授』や板倉さんの本を買う」「研究会や大会に参加する」

そういった,小さいけれど今までより一歩未来に向けて歩みだすことを「研究会への貢献・寄与」

と考えていいということが,新鮮だったのだ。

実は会員になると,会員名簿に載ったり,ガリ本プレゼント(有料)など,

さまざまな便宜がはかられ,仮説社からも「会員名簿の住所でいいですね」と言っていただける。

入会して得したことがいっぱいある。名刺にも書いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて,昨日は2部構成の会だった。

午前中に2つの授業(山路さんの「政治教育思想と科学教育」,堀江さんの「オリンピックと平和(ルネサンス高校版)」)。

午後にたくさんの人たちのミニ講演である。

母のデイケアへの出発を待って駅に向かった私は,午後からの参加となったが,

同じ電車に小原さんが乗り合わせ,しばし会話をすることができてハッピーだった。

午前中は20分だけ堀江さんの授業を受けた。

Img_5878 Img_5879

午後はミニ講演が9人+参加者の感想3人ということで,講演ラッシュだった。

どの方のお話も心に響くものがあり,犬塚さんの残してくれたものを大事にしていく気持ちが表れていた。

「これからの私」という話も入れてほしい,という主催者からの注文もあったようで,近況が聞けてよかった。

お名前と演題だけ。

〇 重弘さん~犬塚さんに驚き,あきれ,憧れたこと

〇 小原さん~刺激的だった犬塚さん,あと1年大学教育にかける

〇 品川さん~犬塚さんに学ぶ,たのしいサークル活動の秘訣

・・・休憩後,小塚さん撮影の「懐かしの映像(動画)」42歳の若き犬塚さん,板倉先生も登場・・・

Img_5880 Img_5883

〇 大塚(理佳)さん~日頃の父,我が父ながら尊敬する所,これからの私

〇 桃井さん~ルネサンス高校における犬塚さんの存在,波及効果

〇 堀江さん~私は見た!校長先生になってからの犬塚さん

・・・参加者より,北海道の岸さん,石黒さん,山路さん・・・

〇 大黒さん~犬塚さんの授業のおっかけをして

〇 伊藤さん(メグちゃん)~ワンちゃんとわたし,そして今のわたし(新人教育担当をしている)

〇 竹内(三郎)さん~ナントイッテモ ココガスゴカッタヨ ワンチャンは。これからの私

〈方位の考古学〉の活用例(3)~瓦塔の場合

瓦塔を前に「夢ブログ」を扱った時,8世紀前後に作られたものと考えていた。

すると,イマイチ九州王朝のものか近畿王朝のものかわかりにくかった。

ウィキペディアでは,このように解説している。

奈良時代から作り始められ、平安時代初期に盛んに作られた。

土師質または須恵器製の小塔であるが、

屋根、柱、組物などは木造塔のそれを模して表現されている。

長野県塩尻市菖蒲沢窯跡出土の瓦塔(奈良時代)は高さ2.3メートルで、日本最大の瓦塔である[1]

多くの瓦塔は出土した破片を組み上げて五重塔に復元されているが、

千葉県印西市馬込遺跡出土の瓦塔(2基)は七重塔に復元されている[2]

小型の仏堂内に安置され、人々の信仰の対象になっていたと考えられているが、

出土例が限られていることもあり、正確な用途はわかっていない。

埼玉県美里町東山遺跡からは平安時代初期の瓦塔(五重塔)と、

入母屋造重層の金堂をかたどった「瓦堂」が共に出土している[3]

これだと,完全に近畿王朝の時代の出来事という感じである。

ところが,8世紀前後は,九州王朝が近畿王朝にかわる交代期だ。

しかも私たちは,全国の遺跡の精査から「方位の考古学」という

土器編年の修正を求めている立場だ。

8世紀前後と言われて「はい,わかりました」と引き下がることはできない。

なにしろ飛鳥からの遠隔地である九州(西日本)や関東・東北(東日本)では,

100年の年代のズレが出てくるからである。

また,そもそも塔を重視する時代は,日本の仏教受容の終末期にはふさわしくなく,

むしろスタート期にふさわしいと考える。

だとしたら,瓦塔は「九州王朝の最後の痕跡」ではなく,

これから仏教を中心に進めていくぞという「布教方針建造物」だったのではないか。

だから,九州王朝は東山道をはじめ各地の支配地に,瓦塔を配布した(作らせた。作ることを奨励した)。

そして,それが土器編年の8世紀を中心に出土するものだから,

誰がその布教の中心だったかが見えなくなっているということではないか。

8世紀中心(近畿)⇒ 7世紀中心(九州)という切り替えが瓦塔にも必要だと考える。

 

【東京都東村山市多摩湖町出土の瓦塔】

Photo_20191228042601

【瓦塔の分布図】

Photo_20191228041801

【全国のいろいろな瓦塔の画像】

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E7%93%A6%E5%A1%94

2019年12月27日 (金)

『たの授』1月号は,スペシャルでした!

昨日仮説社に出かけて,刷り上がったばかりの

『たの授』1月号に会うことができた。

この号は,スペシャルです。

(1)500号という節目の一冊で,「教師〈新〉入門」と題されている。

(2)増ページ号で内容充実。(値段も990円だが,約200ぺだからね)

(3)肥さんが,3回も登場する。

3回も登場するって,いったいどんな記事に出るのかというと,

① 座談会の参加者として,顔写真入りで。(3回発言)

② 私の大好きな授業書《世界の国ぐに》で。(見開き2ぺ)

③ 編集委員会ニュースで「12月号の感想」。(約1ぺ)

ということで,「大車輪」の活躍でした。(自画自賛)

うれしいことに(2)と(3)は,この「夢ブログ」で最初に書き,

メールで仮説社に送ったものだということです。

Img_5872

 

日食観られましたか?(今後の日食付き)

東京はあいにくの曇り空。

「これじゃあ,日食は無理だなあ」と思っていたのですが,

仮説社から戻る電車の中で,ふと閃いた。

「もしかしたら,同時配信しているところがあるかも!」

さっそくスマホで「日食」を検索したら,

その通り「同時配信」してくれているところがありました。

Img_5869

沖縄は最も欠ける割合の高いところなのも知っており,

ラッキーが2つ重なりました。(時刻も良かった)

新聞に載るのはわかっていても,それは静止画像。

このスマホの映像もその後雲でボヤけてきましたから,

まさにリアルなものとして印象に残りました。

次回の日食は,2020年6月21日とのことです。

今からカレンダーに書いておきましょう。

また,15年後の2035年9月2日には,皆既日食が観られます。

健康に留意して,ぜひ観たいものです。

【2050年までに日本で見られる日食】

http://turupura.com/nissyoku/future/kongo_near.html

「第5の猫」が現れた

「口コミ」というのでもないだろうが,

我が家に「第5の猫」が現れた。

ベランダの椅子に座っていたのだが,

私が室内から障子を開けてみようとしたら,

驚いて出て行ってしまった。

でも,写真だけは撮ることができた。

昨晩は冷たい雨が降ったので,

せっかくの椅子ベッドから追い出して悪かったなあと

ちょっぴり後悔しているところです。

野良猫って,夜はどんな場所にいるのでしょうか?

初代「野良」は,しばらくベランダの椅子を

ベッドにしていたのですが・・・。

Img_5870

2019年12月26日 (木)

〈方位の考古学〉の活用例(1)~古代日本ハイウェーの場合

〈方位の考古学〉の刃は,私の古代日本ハイウェイーにも下された。

私は最初以下のように考えていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)唐との「本土決戦」に備えて,九州王朝は全国に軍用道路である「古代日本ハイウェー」の建設を全国に命じた。(7世紀半ば)

(2)662年か663年,白村江の戦いで倭国(九州王朝)大敗北。

(3)九州王朝から日本の主導権を譲り受けた大和政権が,コース変更や道幅を狭めつつ利用した。そして,律令制の衰えによって地下に埋もれることとなった。(9世紀頃)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上のうち,(1)について訂正することになった。というのは,私も〈方位の考古学〉以前は従来の土器編年を使っていたので,7世紀第3四半期に出土した土器の年代を採用していたのだった。

しかし,関東の編年は「遠隔地(九州&関東・東北)は100年代を遡らせることになる」ので,7世紀半ば⇒6世紀半ばとなり,「仮想敵国」は唐ではなく隋ということになる。そうすると,「日出ずる処の天子」の手紙とも対応することになり,この天子とは,九州王朝の天子・多利思北孤であるということにもなるのであった。

ちなみに川瀬さんの「主語有無の論証」(主語の有無によって,それが近畿王朝の天皇の業績か,九州王朝の天子の業績かを見分ける方法)によれば,東山道十五國の都督に命じられた彦狭嶋王は「主語なし」の文章中なので,九州王朝の天子が任命したことになる。

日本書紀の解明には「主語有無の論証」を,考古学には従来の編年の変更を可能にする〈方位の考古学〉が有効だと考える。

Photo_20191226070801

いよいよ『たの授』1月号が出来上がる

本日はいよいよ『たの授』1月号が出来上がる日だ。

28日の郵送の到着を待ちきれないので,

仮説社まで行ってこようと思う。

座談会(写真入り)+「私の好きな授業書《世界の国ぐに》」の掲載だから,

たくさん買っておきたい。(たくさん買うと,割引もあるかも)

前にも書いたと思うが,座談会の写真は我が家で母に写真を撮ってもらったもの。

(5回くらいシャッターを押したうちの1枚)

ささやかな「親孝行」になったかもしれない。

また,授業書《世界の国ぐに》は,中学生たち(世界地理なので,中一が多い)と

最も多数回実施したものなので,著者の板倉さんへの感謝にもなる。

それが500号という記念号(教師〈新〉入門)に載るというのは,幸せなことだ。

Img_5867

 

カキのコキール

昨日酒処「まこ」で,見慣れない料理名を見つけた。

だいたい店主のおススメに従うのが私の基本方針で,

注文したらとても美味しい料理だった。

コキールとはフランス語で,貝殻の皿に盛った料理みたいな意味だ。

クリーミーなものでカキを包んで焼き,ワイン等に合うかも。

写真を撮ったので,目でお楽しみ下さい。

Img_5864

Img_5865

いきものがかり新CD「WE DO」

いきものがかりの5年ぶりの新CDを買った。

再始動後のツアーのライブも収録された2枚組の方だ。

残念ながら私は参加できなかったので,

それを聴けることはとてもうれしかった。(78分も収録)

2020年はいきものがかりの結成20周年でもある。

全国ツアーも計画されているようなので,

ぜひ来年は参加して盛り上がりたいと思う。

板倉さんや古田さんと並んで,同じ時代をいきものがかりとも生きられ,

とても幸せな人生だなあと思う。

Img_5866

2019年12月25日 (水)

日常茶猫(にゃん)事

お茶や飯は毎日食べられるので,

「日常茶飯事」という言い方をします。

逆に,普段食べないご馳走を食べると,

特別に日記に書いたり,ブログに載せたりするわけです。

「トラ」は,最近めったに姿を現さない「野良」(もう逝ってしまった?)や

また長い旅に出ている「良野」に比べたら,

ほとんどの日に1~2回顔を出します。

なので,「日常茶飯事」をモジって「日常茶猫(ニャン)事」呼ぶことにしました。

「日常茶猫(ニャン)事」はしばらく書かないことにします。

Img_5855

 

息子の手料理 12/25

今日は「けんちん汁」にしました。

だって,予想最高気温が8℃ですもの。

元来は精進料理なので、肉や魚は加えず、出汁も鰹節や煮干しではなく、

昆布や椎茸から取ったものを用いた。

神奈川県鎌倉市にある建長寺の修行僧が作った

「建長汁」が訛ったという説もある。(「ウィキペデア」より)

我が家では,昆布だしを用いているので,上の定義に当てはまりますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5863

 

裸眼視力が過去最低に

ゲームやスマホの影響だろうか,

さらに裸眼視力が下がり続け,過去最低だという。

「1.0」というのが「学習に支障がある」というラインらしく,

それより低くなっている子どもが多い。

だいたいでいうと,小学生3割,中学生5割,高校生7割だ。

(「七五三」と覚えられるかも)

【めがね新聞】

https://megane-shinbun.com/health/children-eyesight/

気になるのは,スマホ保有率。

どんどん上昇している気はしますが,いったいどれくらいなのでしょうか。

【スマホの保有率】

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1046970.html

こちらは,小学生3割,中学生5割,高校生9割でした。

(七五三どころか,九五三なんですね)

1438575m

所沢・西武デパートの変化

私はこれまで,所沢・西武デパートをあまり利用してこなかった。

しかし,ビックカメラをはじめとして賑わっているらしいと聞き,

ウォーキングも兼ねて行ってみることにした。

デジカメを持っていかなかったので,これはスマホ(歩数計が入っている)の映像を

デジカメで撮りなおしたものだが,宣伝のためかたくさんの客で驚いた。

「作戦成功だな」と思った。

Img_5862

 

2019年12月24日 (火)

明日から楽しみ3連ちゃん

明日から楽しみ3連ちゃんが始まる。

何かというと・・・

25日(水)~いきものがかりの新アルバム「WE DO」が発売される。

715otd5yhil_ac_ul480_ql65_ml3_

26日(木)~『たの授』2020年1月号の出来上がり。「座談会」と「私の好きな授業書」で私も登場。午後に日食あり。

27日(金)~横浜で「年末の会~犬塚清和さんを偲んで」に参加。

 同日「お帰り 寅さん」も上映開始だが,初日は混むだろうから,また別の日に。

という訳です。

涌井投手が楽天に入団

美馬投手がロッテに移籍してしまったのは残念だったが,

代わりにロッテから涌井投手が移籍してきた。

西武では岸投手や浅村内野手と同僚だったので,

楽天にも早く溶け込んでくれるだろう。

則本,岸,涌井と3人のベテラン投手がローテーションを守り,

昨年台頭してきた若手投手たちが活躍すれば,

昨年の順位(3位)以上の成績も夢ではないと思う。

【涌井投手の入団会見】

https://www.rakuteneagles.jp/news/detail/00002676.html

Img_191223_01_01

〈方位の考古学〉の活用例(2)~福島県・泉官衙遺跡の場合

ちょうど昨日精査したのが,福島県の泉官衙遺跡で,

〈方位の考古学〉の歴史においても節目となった遺跡なので,

それを使って「活用例」として紹介したい。

(「多元的「国分寺」研究」サイトより)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 泉官衙(7世紀末葉~9世紀)・・・東偏⇒正方位①⇒正方位②と,2つの王朝の栄枯盛衰を表すように変遷した。

Photo_20191224063701

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【基本事項】

① 北の確認~2007年の図なので,上を北と考えた。

② 建物群~ロの字型の官衙遺跡。

③ 建物データ~Ⅰ期の東偏⇒Ⅱ期の正方位⇒Ⅲ期の正方位のように変遷する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【従来の編年による年代比定】

Ⅰ期(7世紀末~8世紀初頭)~東偏

Ⅱ期(8世紀初頭~8世紀後半)~0°(正方位)

Ⅲ期(8世紀末葉~9世紀)~0°(正方位)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【参考資料】

寺家前地区(政庁)変遷図】と建物データ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⇒ 結論

〈方位の考古学〉では,奈良(飛鳥)を中心に,土器編年のズレを,遠隔地(九州&関東以北)は100年,

中間地(四国・中国&中部)は50年と計算(東偏や正方位への移行期)するので,

福島県は東北地方であるから,100年遡って1世紀減らすと,以下のような数値に変わる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ⅰ期(6世紀末~7世紀初頭)~東偏

Ⅱ期(7世紀初頭~7世紀後半)~0°(正方位)

Ⅲ期(7世紀末葉~9世紀※)~0°(正方位) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すると,Ⅰ期東偏とⅡ期の正方位は,九州王朝による政策であり,

Ⅲ期の正方位が近畿王朝の政策であることが判明する。

そして,これが九州王朝の実在をも同時に証明するということになる。

※編年のズレの有効期間は,9世紀までのようである。

公立小学校教諭の倍率が,2.8倍に

 昔「苦労は買ってでもしろ」という言葉があったが.

あまりの「ブラック企業化」にそっぽを向かれたのか.

公立小学校教諭の倍率が,これまで最低の2.8倍にまで下がっているそうだ。

これは良いことなのか,悪いことなのか。

ちなみに,これまで最高倍率だったのは2000年の12.5倍で,

これが「就職氷河期」と呼ばれるゆえんだ。

ただ,県によって差があるようで,最低の1.2倍から最高の6.1倍まである。

何県かは本文に書いてある。

また,中学校は5.7倍,高校は6.9倍と,やはり昔より下がっている。

(教科によっても差があると思うが・・・)

【公立小学校教諭の倍率が,過去最低の2.8倍に】

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-1223m040217/

Yjimage_20191224063001

「いきなりステーキ」が,いきなり大量閉店

これは前にも「夢ブログ」で書いたが,

巨大損失を埋めるためか,「いきなりステーキ」が大量閉店を

年末年始にするというシビアなニュースだ。

神田神保町店はいつも客がいるので大丈夫だと思うが,

そうでない店もあるのだろうね。

【「いきなりステーキ」の大量閉店】

https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12144-507614/

Img_5861

2019年12月23日 (月)

スマホで知った2匹の猫の話

昨日スマホに,2匹の猫の話(一匹はトラネコ)が出ていた。

すごく身につまされる話で,いい話だと思った。

知りたいという人もいるかもしれないので,

リンクしたいと思います。

【スマホで知った2匹の猫の話】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-00010001-sippo-life.view-000

Img_5851

 

「なぜ電車だと眠くなるのか?」という研究

特に「新木場駅」に用はなかったのだが,

気温の低い街(秋津)から電車(新木場行き)に乗ったら,

その温度差のために急に睡魔に襲われ,

気が付いたら私は「新木場駅」に着いていた。

終点である。

「この電車は,車庫に入りま~す」というアナウンスに,

慌てて飛び降りた私であった。

でも,この睡眠によって元気回復した私は,

その後新所沢の房yaで,午後6時から10時まで飲み食いしゃべれたわけで,

こういうのを「どっちに転んでもシメタ」というのだろうか。

 

【「なぜ電車だと眠くなるのか?」という研究】

https://trafficnews.jp/post/40355

Large_150523_nemuri_02

「学校の先生」は,共通の話題

昨日は新所沢の房ya(イタリアン・レストラン)に行った。

フロアー係のYさんとは,20年来の「飲み友」で,

昔お付き合いのあった方々の近況を知ることができて,

とても助かっている。(だいぶ先輩たちが旅立たれている)

昨日は,何回かお会いしているMさんと,中学校の先生たちの話で盛り上がった。

私は房yaのある学区に6年間勤めていたので,

地域に長くお住いの方たちは,私と共通の話題として,

「学校の先生」が登場すると,大変盛り上がるのだ。

午後6時に房yaに着いてから10時くらいまで,

あきれるほど話ができて満足な時間を持てた。

ついでに,憧れの「百年の孤独」(焼酎の名前)をボトルキープと相成った。

でも,これからは「仕上げ」用にチビチビやろうと思う。

だって「百年の孤独」は,アルコール分40%の高い焼酎だから。

Img_5849

【房ya情報】

https://loco.yahoo.co.jp/place/g-MKRtXm46j3c/?utm_source=dd_spot&sc_e=sydd_spt_s_n_p_ttl&lsbe=1

 

2019年12月22日 (日)

「相棒(杉下右京の秘密)」を観られました!

昨日の昭島サークルから帰る際,

佐竹さんが素晴らしいプレゼントを下さった。

先日私が見逃してしまった「相棒(杉下右京の秘密)」が

一週間ほどなら「テレ朝動画」というところで視聴できるというのだ。

今日になってそれを思い出し,1時間観ることができた。

とても面白い内容で,佐竹さんに感謝です。ありがとうございました!

Img_5847

Img_5848


2019年12月18日(水) よる9:00~9:54

第10話「杉下右京の秘密」

亘が目撃した右京の家族団らん姿!?
その秘密と金塊密輸事件との意外な繋がりとは?

 







 

 

 


右京(水谷豊)が何か隠しごとをしているのではないか? …と疑念を持った亘(反町隆史)は、仕事帰りに尾行。すると、右京らしき人物が、幼い子供とその母親の2人とスーパーで買い物をした後、まるで家族のようにアパートの一室で仲睦まじく過ごす姿を目撃する。翌日、亘から事情を問いただされた右京は、里美(遊井亮子)というシングルマザーの女性とその息子・裕太(鳥越壮真)との馴れ初めを語り始める。そんな中、雑木林から3億円の金塊が見つかったというニュースが流れる。角田(山西惇)は、その金塊が自分たち組対5課の追っている密輸グループのもので、運び屋のリーダーが組織を裏切って隠した物ではないかと目星を付けていた。それから数日後、都内の運河でブルーシートに包まれた男性の死体が発見される。角田が確認したところ、遺体は運び屋のリーダーだった男だと判明し…!?

金塊密輸グループの内紛が殺人事件に発展!
さらに、母子の周囲に危険な兆候が…
“新しい家族”を守るため、右京が大胆な行動に出る!

 


ゲスト:遊井亮子 鳥越壮真 渋谷謙人 石井愃一

息子の手料理 12/22

今日は「肉豆腐」です。

甘辛いスープが,母のお気に入りです。

Img_5846

「トラ」は早起き

「トラ」は早起きだ。

私が朝食を作りに1階に降りる頃には,

もう台所前でスタンバイしている。

Img_5834

昭島サークル 2019年12月

昨日は,昭島サークルに参加してきた。

人数は,10数名。

資料は,17点だった。

例会の前に,仮説社の渡辺さんのミニ講演があり,

グラフ等でお世話になっていた方だったので,

ぜひ仮説社入社~現在(『たの授』担当者)までのことを聞きたくて,

1時間早く出かけて行ったのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 渡辺さん「私のたのしい生き方~仮説社の編集者として」

若い若いと思っていた渡辺さんも,もう入社15年になるそうで,

『たの授』を任されてバリバリ仕事をしている。

編集の仕事の大変さと楽しさを両方味わっているようだ。

特に,編集者は「最初の読者である」と意識して仕事をするということで,

板倉さん⇒竹内社長⇒増井さん(先輩)⇒渡辺さんと,

仮説社の編集方針が受け継がれてきているように思った。

極端に言えば,「著者の個性は生かしつつ,読者のことを第1に考える」だ。

渡辺さんはそれを,「植木屋さん」に例えて話していた。

入社試験の時の様子も詳しく話していただき,教育学部出身だと初めて知った。

また,お父様が「プラナリア」の研究をされていたり,お母さまが『ひと』の読者だったりと,

やはり仮説実験授業に縁のある方だったのだと思った。

私は,『たの授』の裏表紙のグラフなどでお世話になった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【資料一覧】

(1)山路さん~「たのきょう(たのしい教師入門)」第4号の宣伝パンフ

(2)山路さん~高校生と《授業書》を全部通してたのしむために(欠席の多いクラスでは,30分復習+70分新しい学習内容)

(3)山路さん~三角定規を使わない「力の平行四辺形の描き方」(《ばねと力》)

(4)市原さん~2学期をダイジェストで振り返る(キーワードは,運動会,研究発表会,長縄,野球,…)

(5)肥沼さん~「肥さんの夢ブログ」抄(11月例会報告,『たの授』12月号の感想,12/26に日食,今と250年前の生命表)

(6)田辺さん~「応用問題」について考える(仮説実験授業のテスト論)

(7)小川さん~「Bird」№14~「授業観察」どしうよう?(副校長授業を見に来る)

(8)小川さん~「Bird」№15~パズルが無くなった

(9)伴野さん~「TOKIDOKI  LIFE」2019.10(28ぺ)

(10)伴野さん~「TOKIDOKI  LIFE」2019.11(40ぺ)

・・・・・・・・・・・・・・・・ここで,私は帰途につきました(以下,順は不明)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(11)小原さん~授業で出会ったステキな哲学者たち(4)・(5)

(12)小原さん~大人も子どもも,人は楽しい方向に〈自らを〉変革する

(13)佐竹さん~板倉先生と仮説実験授業が教えてくれること(2)《空気と水》もんだい1・2

(14)佐竹さん~板倉先生と仮説実験授業が教えてくれること(3)《空気と水》もんだい3

(15)佐竹さん~おれって,〇〇(〇〇には,「天才」という言葉が入ります。仮説じゃないと,なかなかこの言葉は入らないかも)

(16)森田さん~「FINE」2019.8~12(「たのしい教師の自信と積み上げ」と副題が書いてありました。全46ぺ)

(17)森田さん~2019 夏の報告記(岩手・御所湖大会,岡山・たのしい授業に出会う会)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は途中で帰らせていただいたが,多くの方は釜飯を注文して,さらに残られていた。

若い先生たちが兵庫県の扇野さんに刺激されて,自分の生きざまを記録に残している。

(伴野さんの2冊と森田さんの1冊をページで足すと,なんと100ページになる!)

これは仮説実験授業にとって,新しい動きである。応援していきたい。

2019年12月21日 (土)

「トラ」と「トラ2号」の区別

離騒庵さんのコメントにより,

「トラ」と「トラ2号」の区別がつくようになった。

「トラ」・・・耳に去勢手術済みのカットがあり,胸毛が白

「トラ2号」・・・耳にカットはなく,胸毛は縞模様

これで,2匹の猫の区別がつくようになり,

我が家につかの間の平和が訪れた。

【練習問題】 次の2匹の猫を当てて下さい。

(1)

Img_5821_20191221075601

(2)

Img_5824

もうわかりましたね。

(1)が「トラ2号」,(2)が「トラ」です。

「トラ」は今朝もやってきて,朝食を食べていきました。

それがこの写真です。

 

息子の手料理 12/21

昨日は「鶏のつくねとミックスベジタプルのコンソメスープ」。

作り方は簡単で,沸騰させて鶏のつくねを投入。

さらにミックスベジタブルを投入。

火が通ったところで,コンソメスープのもとを入れて味見。

少々塩辛いと思ったので,水を足して少し煮て出来上がり。

シンプル・イズ・ベスト。

Img_5823

PS 母は苦手のニンジンを目ざとく見つけ取り除いたが,

これも脳のトレーニングになったかもしれません。(笑)

 

今日の天気と予定

今日は最高気温が12℃らしい。

(「平年並み」と言われそうだが)

晴れのち曇りくらい。

温かくして外出したいが,本日は2件ある。

房ya(イタリアン・レストラン)と

昭島サークル(仮説社の渡辺さんが午後1時から話をする)。

本来なら,房yaでランチ⇒昭島サークル⇒酒処「まこ」だが,

房yaで長居すると,午後1時の話に間に合わなくなるので,

昭島サークル⇒房yaでディナーという形になるかな?

それまでに,仕事(遺跡の精査とウォーキング)を終えて,

母の朝食・昼食・夕食の準備をしなくてはならないが・・・。

「トラ」VS「トラ2号」

自分がベッドにしているベランダの椅子に,

自分とそっくりの人(猫)がすでにいたら,

どんな気持ちになるだろうか?

昨日の「トラ」はまさしくそれだった。

Img_5817

左下の方にいるのが「トラ」である。

それに対して,椅子に座っているのがもう一匹のトラネコである。

(これからは,パーマン2号に倣って,「トラ2号」と呼ぶことにする)

その「トラ2号」の拡大写真は,次のものである。

Img_5821

なんだ,いつもの「トラ」じゃないかと思った方,

よ~く耳の形(先の方)を比べて下さい。

次のものが,毎日のように通ってきている「トラ」です。

何かの事故かケンカで欠損しているのに気が付くと思います。

(写真をクリックして拡大してみて下さい。

それも同情をさそうところです)

Img_5781_20191221044201

なので,我が家周辺に「トラ」の他に「トラ2号」が

出現したことになります。

しかも,居心地のいいベランダの椅子も知ってしまった。

今後ドラマがどう進行していくか,

「夢ブログ」から目が離せなくなると思います。

明日をお楽しみに!

2019年12月20日 (金)

2羽のシラサギ

今日2羽のシラサギの行動を観ました。

前と同じ柳瀬川の,もう少し上流の方です。

どうも2羽はオスとメスのようで,

私の予想ではオスがメスにさりげなく近づいてようです。

(もちろん全然違うかもしれませんが)

4枚の写真を見ていただけたらと思います。時間順です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)メスを見つけたオスが反対側の川岸目指して飛ぶ

Img_5807

(2)自分が反対側の岸にいることをさりげなくアピールする(安心させる)

Img_5809_20191220155801

(3)メスが違う方を見ているうちに距離を縮め,同じ岸に上陸する

Img_5811

(4)メスと同じ方を見て,安心させる(私たちは同じ方向を見ている)

Img_5816

2羽の距離は,もう数メートルの範囲内です。

 

 

酒処「まこ」のクリスマス飾り(2)

クリスマス飾りの第2弾です。

Img_5802

Img_5801

 

赤い実のなる木(2)

まだ「赤い実のなる木」の正体はわからないのだが,

(今度その家の人に聞いてみるか)

検索するなかで,ミニ知識を得たので,それを載せてみようと思う。

まず,ナナカマドの由来から。

牧野富太郎は『牧野日本植物図鑑』で本種の項に,

材ハ燃エ難ク、竈ニ七度入ルルモ尚燃残ルト言フヨリ此和名ヲ得タリト伝フ

と記している」とありました。

「7回燃やしても燃え残る」なんて,「100人乗っても大丈夫」というイナバ物置のCMのみたいです。

また,「モチノキ」については,

樹皮から鳥黐(トリモチ)を作ることができ、これが名前の由来ともなった[2]。まず春から夏にかけて樹皮を採取し、目の粗い袋に入れて秋まで流水につけておく。この間に不必要な木質は徐々に腐敗して除去され、水に不溶性の鳥黐成分だけが残る。水から取り出したら繊維質がなくなるまでで細かく砕き、軟らかい塊になったものを流水で洗って細かい残渣を取り除くと鳥黐が得られる。

さらに「カナメモチ」については,に移

「カナメモチ(要黐、学名:Photinia glabra)は、バラ科の常緑小高木である。カナメモチという名は、の要に使い、モチノキ(黐)に似るためといわれる。別名としては、かなめがし、かなめのき、あかめもち、あかめのき、そばのき(花序がソバに似るためといわれる)などがある。」

いずれも「ウィキペディア」より。

Img_5791_20191220053701

2019年12月19日 (木)

息子の手料理 12/19

今日は昼食の「牡蛎フライ・ゆで卵そば」と

「鶏ちゃんこ鍋」を作った。

作る途中で気が付いたのだが,

「鶏ちゃんこ鍋」は夕食で食べるので,

直前にうどんを入れるべきだった。

このままでは,うどんが汁を吸ってしまいそう。

ぜひそうならないことを祈るが・・・。

Img_5799

Img_5800

 

 

食事を共にする「トラ」

もし食事を共にする者を家族と呼ぶならば,

「トラ」は十分家族として認められるだろう。

ここのところ何日何食も食事を共にしているので,

「家族の一員」と認めるのにやぶさかない私だ。

Img_5798

午後9時の「相棒」

このところ夕方の「相棒」(再放送)を観るのが

私の楽しみとなっている。

それをするまでに,いろいろなこと(勉強,家事,運動など)を片付け,

番組後は」「アフター5」を楽しもうという訳だから,

重要な定点となっているのである。

残念ながら昨日は「相棒」ではなく「科捜研の女」(沢口靖子・主演)だったが,

その番組もなかなか面白く,これからは観たいと思った。

さて,水曜午後9時は「相棒」の新シリーズを放送する日だ。

楽しみに待っていたのだが,残念ながら開始10分で睡魔に襲われ,

気が付いたら午後10時だった。(涙)

また再放送されるのを待ちたい。

Img_5797

Img_5794

Img_5796

ここまでは起きていたのだが・・・。

2回食事をしに来た「トラ」

昨日は,朝食と昼食の時に,「トラ」が現れた。

【朝食】

Img_5781_20191219052301

【昼食】

Img_5792

夕食の時にも来たのかもしれないが,

午後5時には会えず,その後戸を閉めてしまったのでわからない。

猫も1日3回食べたら太るだろうなあ。

酒処「まこ」のクリスマス飾り

昨日酒処「まこ」にクリスマス飾りが入った。

ヘリウムガスで浮かんで,ふわふわ漂う風船だ。

その揺れる様が,心を癒してくれる。

Img_5793

2019年12月18日 (水)

赤い実のなる木

ちょっとオーバーなくらいたくさん

赤い実を付けている木があった。

南天だろうか?

Img_5791

 

1月の楽しみ

1日(水)・・・おせち料理&お雑煮,年賀状の返事書き

2日(木)・・・箱根駅伝・往路(頑張れ,法政大学!)

 

5日(日)・・・高崎サークル(日曜日はめずらしい)

 

11(土)~13(月)・・・仮説の冬の大会(ショート・ステイの裏番組で)

 

16日(木)・・・社会科サークル

 

18日(土)・・・市原講演+昭島サークル

19日(日)・・・平曲の会

20日(月)・・・歯の治療のスタート

 

25日(土)・・・『たの授』公開編集会議

 

母の歯の話(4)

母の歯の話も,これが最終回である。

10日前に入れ歯が完成し,試用期間が終わった。

「特に支障なし!」ということで,終わりになったのだが,

最後に「食事後は,歯ブラシで磨いてね」と

歯医者さんにアドバイスされた母でありました。

最近歯ブラシをいくつも買っているのだが,

それを使って歯を磨いている姿をついぞ見かけたことがない。

私なら,食後は磨くし,特に歯医者さんに行く日は念入りに磨くと思うのだが,

母は「いつものように」磨かないのであった。

そういう性格だから,85歳まで生き残れるのかもしれませんが・・・。

孝行息子が入れ歯洗浄剤「ポリデント」を買っているのにねえ。

Yjimage_20191218063401

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて,ここまでが母の歯の話で,来月から新シリーズの登場です!

母に続いて,私こと肥さんも歯のメンテナンスに取り組むことになりました!

なので,来月からは「肥さんの歯の話」です。ご期待を!

上の前歯の詰め物と歯石除去などに取り組んでいこうと思っています。

またもや「トラ」

昨日母を歯医者に連れて行く前だから,午後4時くらい,

ふと台所の外を見ると,またもや「トラ」がいた。

かなり距離が近くなって目も優しくなってきているように思う。

カリカリ君で歓迎したが,ここ数日の食欲はすごいなあ。

人間でいうと,中学・高校の「食べ盛り」なのだろうか。

Img_5781

『たの授』500号に,もう1つ掲載

以前『たの授』500号に「私の好きな授業書や板倉論文」を載せる予定だと聞き,

「私の好きな授業書《世界の国ぐに》」を送っていたのだが,

それを掲載するので,急いで校正してほしいとメールが入った。

(昨夜23時23分・・・ということは,ほとんど徹夜編集!?・・・本日入稿だからなあ)

前に送った時すぐ気が付いた2か所を直して,先ほど送ったが,

仮説社の皆さん,本当にお疲れ様です!

皆さんのお陰で,36年間の教員生活を楽しく過ごすことができました。

あと10日ほどで届く『たの授』500号が,ますます楽しみになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私の好きな授業書《世界の国ぐに》 東京・肥沼孝治


私は現役時代,仮説実験授業を36年間やって来ましたが,
一番利用させてもらったのが授業書《世界の国ぐに》です。
特に,第1部の「いろいろな世界地図」は,何クラスに授業を
かけたかわからないくらい多くのクラスで授業を行いました。
(自分の学年だけでなく,他学年への出授業でも行ったので)
 

この授業書は,その生い立ちから知っています。もともと板倉先生が「授業書開発講座 」で,

世界地理のミニ授業書を作るということで,最初は数ページものでした。

それが1984年にミニ授業書〈世界の国ぐに~ミニ物知り問題集〉という形でまとまり,

さらに1992年に授業書《世界の国ぐに~いろいろな世界地図》という現在の形に。 
ミニ授業書の時代から合計すると約2万部が発行され,
そのうち少なくない部数が学校で授業されたことを考えると,
かなり多くの人たちがこの授業書で(特に第1部の「いろいろな 世界地図」で)
授業を受けたことになるでしょう。

私がこの授業書を大好きなのは,その問題の切れ味もさることながら,
世界地図自体をグラフとして味わう発想の自由さです。
私がその後大なり小なりグラフを描くようになったのも,
この「いろいろな世界地図」の影響があるように思います。
そして,中学に入学してきた生徒たちを,叱咤(しった)や罵倒(ばとう)ではなく
たのしい授業で迎えてあげられるのは,まさにこの授業書があるからこそです。
 
この授業書の第1部に出てくる「人口の多い国の覚え方」もお役立ちの知識で,
「人口多いは,中印米国。インドネ,ブラジル,パキスにナイジェ。
バングラ,ロシアに(わが)日本」というリズミカルな言い方は,
ノーミソにたのしく刷り込まれ,時々「高校の先生にほめられました!」
と報告があるほどです。(特に,パキスタンとバングラデシュのことで)
 
中学1年生は,多くの不安を抱えながら中学校に入学してく来ます。
それをやさしく見守ってあげる授業書《世界の国ぐに》は,
本当に素晴らしいプレゼントだと思いました。

Img_5785

2019年12月17日 (火)

1年ぶりの「福ちゃん」

映画「お帰り 寅さん」が27日(金)から封切られるが,

「お帰り 肥さん」ということで,

1年ぶりに近所の居酒屋「福ちゃん」に寄った。

午後5時の開店から少しして暖簾をくぐったが,

ママはいつものように迎えてくれた。

(スーパーでは,ひと月に一度くらい会う。

その度に後ろめたい気がしていた)

酒処「まこ」が「休肝日」を固定したので,

「福ちゃん」とはかぶらなくなった。

(1年前は両者が火曜定休の「ケンカ四つ」だったのだ)

これで心置きなく呑める。

「お帰り 寅さん」の話をしたら,

「私も観に行こうかしらねえ」と言っていた。

 

雨宿りする「トラ」

雨が降ってきたなと思って,ベランダの椅子をみたら・・・

「トラ」が雨宿りしていました。

完全に我が家と思っているフシがある!?

Img_5774

『たの授』500号に,「座談会」が掲載か?

11月の『たの授』公開編集会議の際,

「これから話す内容を座談会として掲載するかも」というお話があり,

「そうなったらうれしいな」と思っていたが,どうもその気配である。

一部のテープ起こしと写真の依頼が昨日あった。

『たの授』の原稿を印刷会社に入れるのは,確か18日という話で,

しかも1月号はいつもより早く印刷しなければならないから,

尻に火がついている感じだ。(徹夜作業かもしれない)

ということで,自分の発言のところを校正し,母に写真を撮ってもらい,

朝のうちに(依頼には「夕方までに」とあったが)メールに添付して送った。

昔なら絶対できないことも,今では即座にできる。(=できることとされる)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

題名は,「教師〈新〉入門」で副題が,「教師のたのしい生き方学び方って」。

出来てくるのが,今から楽しみだ。

編集会議に参加していて,本当に良かった。

母の撮った写真が掲載されれば,ささやかな親孝行にもなる。

またもベランダの椅子に「トラ」

またもベランダの椅子に「トラ」が憩っていた。

よほど気に入ったのだろう。

Img_5744

ただ,ベランダには母のジャージが干してあり,

それを取り込まなくてはならない。

でもその前に1枚写真を撮ろうとしたら,

背後からの「不意打ち」にあったためか,

このあと一目散に逃げて行ってしまった。

また戻って来てくれるといいが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5746

「トラ」のモーニング・サービス

今朝台所のサッシを開けたら,

もうすでに「トラ」が順番待ちをしていた。

モーニングめサービスの始まりである。

昨日ベランダの椅子に座っている時驚かしてしまったのだが,

それにもめげず来てくれたことに感謝だ。

たくさんあげたので,胸焼けしていないか心配だが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5772

Img_5771

2019年12月16日 (月)

息子の手料理 12/16

今日は「おでん」にした。

温まるし,おかずにも酒の肴にもできる。

底の方には,大根とこんにゃくがたっぷりだ。

味が染みてから食べようという寸法である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5740

ランチ時に来た「トラ」

今日はランチ時に「トラ」が来た。

猫も「腹時計」を持っているのかな?

かなり食べていった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5737

Img_5741_20191216131301

年賀状の印刷

昨日から年賀状の投函が始まったようで,

私も年賀状の印刷をした。

先日「夢ブログ」にアップした「第2次案」でコピーした。

私は「返信派」(自分から出すのは数本で,あとは元日返信を書く)なので,

数枚書いて事前の仕事はおしまい。

あとは部屋の掃除を始めようかと思っている。

Img_5736

この下に,住所・氏名・電話番号・メールアドレス。

翔空さんの「写真投稿練習」

「写真投稿練習」ということで,翔空さんがサイト「翔空庵~」に

花の写真をアップして下さいました。

やりましたね!とてもきれいに咲いていますね。

【写真投稿練習】

https://ameblo.jp/3kaku4kaku2013/entry-12560039619.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歩きで調子が出たのか,本日はすでに3本アップされています。

私もこれから3本目をアップします。😃

 

 

冬のストレス

夏にストレスがないとは言わないが,

冬は気温が生存を脅かすほど低くなるので,

特にお年寄りを抱える家庭では,ストレスのたまり時だ。

特に冬は,トイレが近くなり,当然トイレに間に合わない時もある。

そこで,母と同居した2年前から紙おむつを使ってもらっている。

しかし,冬は寒いのでおむつにおしっこをすることがしばしばだ。

何回か使用されたおむつは,その後履き替えられることになる。

我が家ではそれをゴミ箱に捨てていいということにしてあるのだが,

付帯条項として,「レジ袋に入れて閉じれば」というのがある。

だがしかし,この約束は冬にはよく守られない。

新しいおむつに履き替えることに関心が持っていかれるので,

使用済みのそれが脳裏から消え去るようだ。

かくしておむつは放置され,その臭いは乾いた空気の我が家を駆け巡る。

そんな時「なにやってんだー」と起っても始まらないので,

我が家のルールを復習してもらう。

もう一度,おむつをゴミ箱からレジ袋に入れてもらうのだ。

その際,「他人のおしっこは臭いもんね」という我が家の法則を述べる。

これでにやっと笑ってくれているうちは同居していられると思うのだが・・・。

4502017052613102961152

 

2019年12月15日 (日)

八雲神社の「赤」「青」「黄」

所沢市北秋津の八雲(やくも)神社には,

境内に巨大なイチョウの木がある。

秋から冬にかけてイチョウが黄色に染まり,

「赤」「青」「黄」の3色のコントラストが美しい。

Img_5735

シラサギに出会う

だいぶきれいになった地元の川(柳瀬川)にシラサギの姿を発見!

時々見かけるシラサギだが,今日ウォーキングをしている途中に出会った。

カメラをバッグから取り出して数枚写真を撮っていると,

その音に気が付いたのか,羽ばたいていったしまった・・・。

Img_5725

Img_5724

Img_5726

普通ならここでお仕舞いなのだが,ちょうど途中の民家の屋根で小休止。

これをチャンスとまた数枚撮った。

Img_5731

Img_5732

Img_5734

息子の手料理 12/15

子どもがえりしているのか,母は買い物かごに自分が思いついたものを入れる。

そして,すぐ心変わりするのか食べない。

瓶に入ったオリーブ油はともかく,食パンはそろそろ食べなければならない。

食パンの困るところは,ごはんよりおかずが必要なところだ。(人によって違う?)

今日は「シチュー」「深谷ネギの旨しおチキン」「卵サラダ」だ。

これらで,食パンを食べてもらおう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5722

Img_5721

Img_5723

 

「トラ」が続いて来る

「トラ」が続いて来ている。

朝が多いかもしれない。

朝来てくれると,こちらも1日のスタートを

気分よくすることができるので,どちらにとっても

「ニャン・ニャン(猫語で,ウィン・ウィンの意)」である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5720

 

12/26(木)に日食があるらしい

飯能・日高サークルの際,柴﨑さんから日食の情報が入りました。

12/26(木)の夕方に30%くらい欠けるものが見られるそうです。

Img_5718

欠けた部分が月(新月)の影ということになります。

新月は「見える」わけです。

この天体ショーは晴れていれば見られます。

もちろん無料です。(笑)

☀太陽 ⇒ 月 ⇒ 地球

(太陽の大きさと月の大きさは,地球から見るとほぼ同じ。

だから,完全に重なると「皆既日食」となります)

反対に・・・

☀太陽 ⇒ 地球 ⇒ 月

のような位置関係になると,月食が起こります。

月に映るのは,私たちの住む地球の影。

ぴったり重なれば「皆既月食」です。 

昨日の月 12/14

午後8時頃。

月齢17.7くらい。

右肩が欠けてきています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5713

Img_5716

飯能・日高サークル 2019年12月

昨日は,飯能・日高サークルだった。

「ガリ本プレゼント」で,丸屋さんは社会の科学系を集めておいてくれた。

また,柴﨑さんは,これまでの宇宙についてのプランを発展させて,

「見えない月」というプランを提出された。

「新月を見る方法」⇒日食みたいになっていくと,

「見えないものを見る」みたいに持っていけるのではないかと思う。

絵や図や写真を入れて視覚化していってほしいな。

私は11/9(土)に行われた〈方位の考古学〉の様子をしゃべった。

仮説のサークルで古田史学をしゃべれる貴重な存在なので,

飯能・日高サークルは貴重な存在だ。

ただ,昨日は2人が病休でお休みをして,

午後4時から行う予定だった忘年会は,3人で行うことになった。

場所もが「や台ずし」は予約が必要だったようで,

「山葵(わさび)」で行った。

珍しく私たちの他にもご夫婦が2組入り,合計7人。

「山葵」のご主人もうれしそうだった。

(普段は,8人で「貸し切り」となる)

2019年12月14日 (土)

アクセス数を増やして・・・

Img_5710

読者の翔空さんにもサイトがあります。

翔空庵+讃歌句詩書駆 」と言います。

https://ameblo.jp/3kaku4kaku2013

最近プロバイダーを変えたので,アクセス数がまだ少ないということです。

「備忘録のような」という謙遜的な言い方をされていますが,

ほっとする話題もけっこうあり,応援したいサイトです。

皆さんのアクセスでそれも変化するかもしれません。

ぜひ訪問してアクセス数で励ましコメントや「いいね」を!

 

「トラ」はまたまたやって来た

今朝勢いよく台所のサッシを開けたら,

折悪しく「トラ」が近くに来ていて,

サッシを開ける音に驚いて逃げていった。

しかし,その後エサ箱のカリカリが無くなっており,

(たぶんだが)「トラ」が再びやってきてエサを食べたのだろうと思った。

Img_5698

距離は5m。警戒している距離。

Img_5699

距離を縮め2mに近づいた。

Img_5702

しかし,2mのところで急にストップ。

あたりの様子をうかがっている感じ。

Img_5709

ようやくエサ箱のところに来ました。

その後「トラ」は,カリカリと牛乳を食して去って行きました。

午前11時頃のことです。

 

 

新米のコシヒカリ

Aさん(教え子のお母様)がまた新米コシヒカリを送って下さった。

これは昨年も「夢ブログ」で書いたが,本当にうれしいことだ。

その新米を炊いたので,早速アップさせていただこう。

母もきっと喜ぶ,今日の朝食だ。

シャケとのりと卵とフキの煮物で食べようと思っている。

Img_5694

グレタさんの演説

グレタさんという若い女性が,環境問題で発言し話題になっていることは知っていた。

しかし,その内容については知らなかったので,検索してみた。

YOUTUBEにそれはアップされていた。

興味のある方はもちろん,少しでも関心のある方は聴いてみて下さい。

【グレタさんの演説(4分25秒)】

https://www.youtube.com/watch?v=PahnVMxQulk

【トランプ大統領のコメントとグレタさんの反応【1分】】

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20191214-00000000-jnn-int

「リア充」と「非リア(充)」

昨日酒処「まこ」で教わった話。

私もさすがに「リア充」は知っていたが,

「非リア」とだけ言われると「ヒリア」という音だけが頭に残り,

「非リア充」(リア充の反対の意味)というのが浮かんでこなかった。

江戸っ子だしと,「ヒリア」からさらに「シリア」になるかも!?

【非リア(充)】

https://www.weblio.jp/content/非リア充

月の満ち欠けカレンダー

Aさん(教え子のお母さま)から新米を送っていただいたのだが,

その箱の中に上記のカレンダーが入っていた。

Aさんは「夢ブログ」の読者なので,私が「昨日の月」ということで,

折々月の写真を掲載しているので,プレゼントして下さったのだった。

このカレンダーがあると,「週末に満月(三日月,二日月,半月)になりそうだ」と

予定を入れることができて,より楽しくなりそうだ。

今までは夜月が出ているのを見て,「これの写真を撮ってアップしよう」と

偶然に頼っていたが,これからは強~い味方ができた。

しかも,1年間使えて,コスパ的にも素晴らしい。

Img_5692

Img_5693

2019年12月13日 (金)

息子の手料理 12/13

今日は「鶏ボールのコンソメスープ」にしてみました。

今週は寒暖の差が激しく,今日は昨日より8℃下がるらしい。

そう,寒い日は「温かいもの」が一番ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5689

「トラ」は朝食にも来た

昨日夕食に来た「トラ」は,

我が家の朝食時に来訪し,

「カリカリ」を食べて帰りました。

今日のランチにも来るかなあ?

今から楽しみです。

Img_5686

Img_5687

社会科サークルの忘年会 12/12

昨日は社会科サークルの忘年会だった。

ここのところ新年会が続いていたが,

今年は例会とのからみで1月は難しいということで,

忘年会に変わったのだった。

参加者は,大石さん・篠原さん,宮崎さん,山田裕さん,私の5人と

ちょっと少な目だった。

私が社会科サークルに加わったのは,24歳の時。

以来37年の年月が流れた。

長らく新任が加わらなかったことで,

私は幸いなことに「若手代表」と呼び名を欲しいままにしていたが,

その私も一昨年現役を引退して,例会の参加者はほとんど退職後の方々。

しかし,それぞれテーマを持ち,それをひと月に1回報告しあうことで,

刺激をし合ってきた。(私は仮説実験授業と古田史学という異色ですが)

最近では,ほとんど社会科サークルのメンバーがそっくり登場する

「教科書問題を考える会」の方が盛ん(20名くらい)になっていて,

前回私も初参加した(報告者3人が顔見知りなので)が,

次回は30回目ということである。場所も,同じ場所である。

忘年会の会場の「かじまや」は新所沢駅西口7~8分のところにあり,

気軽に飲み食いできる沖縄料理の店である。

もし近くで寄れる方は,行ってみて下さい。

Img_5685

 

新所沢駅西口の電飾

新所沢駅西口の噴水のところに,下のような電飾が付いていた。

相当の個数の電飾だ。

その個数と色(ショッキング・ピンク風)は誰が決めたのだろう。

ちょっと興味が湧いたので,撮らせてもらいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5684

Img_5683

昨日の月 12/12

午後5時半頃。

月齢15.7くらい。

満月のようでしたが,月齢から言うと,

1日後の「十六夜(いざよい)」ですかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5677

2019年12月12日 (木)

「トラ」が夕飯にやってきた

朝の「トラ」が夕飯にやってきた。

「カリカリ君」をあげると喜んで食べていた。

きっとだいぶお腹が空いていたんだろう。

「また明日おいで,私はこれから忘年会に行くんだよ~」

Img_5669

 

 

昨日の「相棒」は・・・

昨日の「相棒」は,前編「檻の中ー陰謀」を夕方に,

後編「檻の中ー告発」を午後9時から放送した。

ドローンをテロに使うという犯罪がらみの話で,

スリルとサスペンスの連続だった。

【檻の中】

https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0008/

息子の手料理 12/12

母のリクエストで「フキの煮物」を作ってみた。

庭にはいくらでもフキは生えているのだが,

料理に使うにはちと手間が掛かるので(外皮むき&あく抜き),

スーパーでフキが水煮で出ていたので,油揚げと合わせてみた。

レシピには,しらたきも書いてあったけど,この2つでもオーケー。

「食べたい」と言っていた母がどれだけ食べてくれるか,

注目の夕飯である。

Img_5662

三代目「トラ」となるか?

我が家を最近訪問する回数のランキングから言うと,

第1位は「野良」でもなく「良野」でもなく,

なんと「トラ」なのだ。

トラネコ風なので「トラ」と名付けたが,

ちょうど「お帰り 寅さん」が封切られるので,

それに便乗しているという訳だ。

今朝見たら,かつて「野良」のお気に入りだった

ベランダの母の椅子にちゃっかり座っていたので

1枚写真に撮っておいた。

「野良」はもうこの世にいない可能性が強く,

「良野」は来ない期間が長いのがこれまでで,

我が家の飼い猫として「トラ」が浮上していることを

ご報告しておきたいと思う。

Img_5661

 

ブレーカー

介護で家事をするようになって,いろいろなことに気が付いた。

台所の使い方についてもその1つだ。

夏場はともかく,冬場はブレーカーが落ちてしまうことが時々ある。

基本冷蔵庫が動いているのを忘れて「電子レンジ」「IHレンジ」

&「電気ストーブ」をつけてしまうと,まず落ちる。

洗面所にあるブレーカーを戻して,1つ消せば大丈夫。

だから,そこが境界線なのだろう。

たいていは,ストーブを一旦止めて再開する。

心のブレーカーも,そういうことがあるのだろうか?

いくつまで大丈夫で,それを超えると切れてしまうというような。

これはちょっと実験しにくいところがあるが,気にしていたい。

Yjimage_20191212085001

 

祝 153万アクセス達成!

いつも「夢ブログ」をご愛読下さって,ありがとうございます。

昨夜153アクセスを達成しました。

大型台風が襲来した時期は,アクセス数も多かったのですが,(台風情報をたくさん載せたので)

ここのところは平穏な日が続き,常連さんの日々のアクセスで

「150アクセス」(総アクセス数は,その2倍くらい)くらいを推移しています。

やはり商売と同じように1日1日のブログを大切にしていくのが大切なのでしょう。

いくら儲けている居酒屋でも,毎日満員という訳ではないですから・・・。

でも,年賀状に「153万アクセス」という数字を書くことができる幸せを感じます。

気温が上がったり下がったりして大変ですが,私はウォーキングで乗り越えていきます。

読者の皆様もご自愛下さい。

2019年12月11日 (水)

2ケ月ぶりの「あいせだのラジオ。」

あまりにブログが更新されないので,

その安否を心配されていた「愛の世代ズ」だが,

先ほど訪問したら,12月3日に更新していた。

「もう師走ですね~。」

ということで,近況がわかった。

https://www.youtube.com/watch?v=h0WfM_Clu44&feature=youtu.be

現在アルバムを制作中。

春からライブ活動とのこと。

いいアルバムができて,たのしいライブに参加したい。

もうすぐ153万アクセス

あと200足らずで,153万アクセスとなる。

たぶん今日の夜あたりでしょうか。

毎日私が書き,読者の方に読んでいただく。

できたら両者にウィン・ウィンの関係が成立するといいなと思う。

ピタリ賞は出ませんが,コメントでお知らせいただければ幸いです。

😃 😃 😃 😃 😃

 

スマホ効果

「歩数計」の活用によるウォーキングは,

予想通りスマホ効果を上げている。

7000歩の突破は日常のものとなり,

日によっては10000歩の日も出ている。

昨日体重計に載ったら,1キロ減っていた。

このまま12月を頑張り,もう1キロ減らしたい。

Img_5656

Img_5655

 

 

やはり「相棒」は面白い

今も夕方,「相棒」(テレビ朝日。午後3時54分~)が再放送されている。

(水谷豊主演の刑事もの。外国の番組の日本版?)

2000年頃からの放送だというから,かれこれ20年続いている訳だ。

ちなみに私はこれまで「相棒」を観たことがなく,いつも新鮮に観ている。

「相棒」とは,特命係の水谷豊扮する杉下右京という刑事と,

行動を共にする個性的な刑事で,これまで何人かが交代している。

寺脇康文 (PS.1 - S.7-9)

Photo_20191211095601
及川光博 (S.7-19 - S.10-19、S.15-13、14、S.17-10)
成宮寛貴 (S.11-1 - S.13-19)
反町隆史 (S.14-1 - )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は午前中~午後3時頃までその日の活動をして,

午後3時54分から約1時間「相棒」を視聴。

そのまま酒処「まこ」にウォーキングしたり,

新所沢方面にあいさつ回りしたりして夜を迎える。

その切り替えが「相棒」という番組なのだ。

【相棒】

https://ja.wikipedia.org/wiki/相棒

2019年12月10日 (火)

息子の手料理 12/10

今日は「肉豆腐」と中間製品2つです。

ほうれん草茹でと里芋はこれから何にしようかな?

それともそのまま食べようか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5651

Img_5650

 

真っ赤な葉の植物

先ほど母をふれあいセンターに送っていった。

今日は母の大好きな第二火曜の「歌とおしゃべりの会」の日なのだ。

無事会場に送り,責任者のKさん)

(最近具合が悪いと聞いていたが,大丈夫のようだった)に

「午後2時に迎えに来ます」と言って帰途に就いた。

建物の側面に赤い葉の植物が植えられていた。

なんだか元気がもらえたような気がした。

Img_5652

 

冬の風物詩・蚊!?

昨夜耳元で「ブ~ン」という音が聞こえ,目が覚めた。

この音は間違いなく,夏の風物詩・蚊である。

ところで,今は冬である。

蚊はいつから冬の風物詩になったのか?

もうそろそろ活動を止めてもいいと思うのだが,

よほど我が家の住み心地が良いのか,

はたまた血液型O型の私の大ファンなのか,

まだ活動が続いている。

11月には手のひらを4か所も刺されてしまった。

くやしいので,「ブ~ン」のあと,30分蚊取り線香を焚いた。

今夜は出ませんように・・・。

2019年12月 9日 (月)

下方修正

昨日「来週は(昼間は)温かいらしい」というような記事を書きましたが,

天気予報が「下方修正」されて晴れ間が少なく,前日比-3℃となっていました。

「夢ブログ」を信用して外出してしまった方がいたら御免なさい。

今日は「昨日より寒い」が最新予報です。

宇宙開発の話で,月に行ったアポロが地球に戻るまでに,

1000回くらい「軌道修正」しているという話を聞きました。

夢ブログの天気予報の「軌道修正」は,たぶん数回くらいなのでご安心下さい。

☀(晴れ)のち☁(曇り)


コメントの「反映」について

2人の方から「コメント」について,

どうなっているのかという質問を受けました。

(1)「荒らし」のコメントが反映されている。

⇒ 実は,「反映」と「削除」のボタンが隣り合っており,

私が自動車の「アクセル」と「ブレーキ」を踏み間違えるように,

「削除」を押したつもりが「反映」を押していたということです。

最近〈方位の考古学〉が活動を活発化してきているのが気に障るのか,

「一文字だけ(「あ」など)」をコメント欄に書いて送ったりという不可解な行為が行われています。

こんなことに大切な人生の時間を費やしているなんて,本当に侘しい方ですが,

自分が正しいことをやっていると思い込んでいると,そうしてしまうのでしょう。

こちらも誠実に「削除」し続けたいと思います。

(2)同じ返信コメントが,何個も反映されている。

実は,こちらの返信コメントの反映のタイミングが遅くて,

「早く反映して!」と焦って何回も押した場合,パソコンがそれを記録していて,

あとから同じものが何回もスタンプを押したように出てきます。

なので,これからは,それを見越してやっていきたいと思います。

パソコンの操作は,いろいろと勉強することが多いです。

2019年12月 8日 (日)

来週は(昼間は)温かい

このところ寒い日が続いたので,

来週も寒いのかと思って天気予報を見た。

すると,来週は(昼間は)温かいそうだ。

ホッと一息。

しかし,朝晩の冷え込みは厳しいので,

その時間活動するのには,寒さ対策が必要とのこと。

    月  火  水  木  金  土  日

最高 12 12 16 17 12 16 13 ℃

最低  5  7  8  7  5  5  6 ℃

『日本の戦争を始めた人々』

さっそく川瀬さんから資料請求があったが,

今中一夫さんは前著『日本の戦争を終わらせた人々』(仮説社)と対になる,

『日本の戦争を始めた人々』(仮題)という本を執筆されている。

主人公は外相の東郷茂徳氏で,今回は縦書きである。

(前著も増補し,縦書きに直すとのこと)

まず「ほのぼの出版(中さんの自費出版のネーム)」から出して,

その後,たぶん前と同じように「仮説社からの出版」という形になるのだと思う。

それにしても,中さんは中学理科の先生である。

戦争について関心があるという話を聞いたのもそんなに前の話ではない。

『たのしい進路指導』(仮説社)が最初の私の強い印象で,

その後「若者の犯罪」「学力低下」「地球温暖化」などについて,

世の中の常識を覆す研究をしてきた。今回の戦争もその流れのようだ。

また,最近の動きとして,「語り場」というサークル風のものを主宰し,

自分の研究を発表したり,ほかの人の研究を援助したりする動きもしている。

仮説のサークルとは,似ているところもあるし,似ていないところもある。

実は,ずっと長い間私は中さんを「年上の人」だと思っていた。

それは風貌や態度からくるものだったが(私が2歳年上),人のことは言えない。

私も酒処「まこ」である年上のお客さんから,「あなたの方が年上だと思っていた」と

言われたことがあったので。まあ,もう還暦にもなれば,年上も年下も同じようなものだが・・・。

閑話休題。

中さんは近々『日本の戦争を始めた人々』を出されると思う。

そうしたらまた,「夢ブログ」で紹介したいと思う。

03301649_58dcb892d6def

品切れになったようです。

それで,前著も増補,縦書きということになったのかも。

息子の手料理 12/8

今日は「ごま豆乳鍋」です。

寒い日に鍋物は,やはりいいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5646

シルバー人材センターの草刈り

父が亡くなってからずっと,庭の草刈りを

シルバー人材センターにお願いしていた。

(父もこのセンターの会長をやった)

母が狭くない庭の草刈りをするのは難しく,

お金を払ってやってもらっていたのだ。

しかしその土地にアパートが立ち,私も草刈り機を購入したので,

先ほどセンターの方が立ち寄られたので,その旨を話した。

電動の草刈り機はなかなか性能が良く,

今の広さなら,かなりの能率でやってくれるだろう。

そういう形で,少しずつ支出を減らしていきたい。

2019年12月 7日 (土)

高崎サークル 2019年12月

寒い1日でしたが,笑顔を求めて高崎サークルに行ってきました。

気温は上がらなかったが,気分はモリモリ。

心を一杯温めて帰ってきた,そんな例会&懇親会でした。

ただでさえ魅力的な高崎サークルに,

今回は中村文さんがスタート講演をするために上京。

その流れに,中さん・伴野さん・高畠さんが合流するという

クリスマス・バージョン(市原さんは風邪で欠席)でした。

これで参加できなかったら,「一生の後悔」というものです。

私は母に「夜まで帰らない。生きていたらまた会いましょう」(うそ)

みたいな感じで,ルーチンの「お買い」を終えると自転車で新秋津駅に向かいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参加者は,峰岸さん・品川さん・中村さん・中さん・伴野さん・髙畠さん・

花岡(陽)さん・花岡(麻)さん・栗原さん・北村さん・森さん・木村さん・小林さん・

永島さん・高野さん・新井さん・田村さん・板橋さん・滝本さん・藤倉さん・肥沼さんの21名。

資料は,私のカウントでは34点でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中村文さんのスタート講演は,お得意の漫画資料を使い,

文さん流の演出の楽しいものでした。

つらい時期を中さんや「ライン学年会」のアドバイスに助けられながら,

自分自身の在り方を真剣に問う内容でした。

いつもより多い参加者を相手に,緊張しつつも,約1時間半語り尽くしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【資料一覧】

(1)中村さん~苦しい時の自分とのつきあい方~心のダム決壊からの修復~(ガリ本『マイナスからプラスに』収録)

(2)中村さん~春の嵐がきちゃいました~臨時保護者会での対応について~(ガリ本『マイナスからプラスに』収録)

(3)中村さん~自分がラクになる考え方

(4)中村さん~「叱る」について

(5)中村さん~私とマンガ資料~マンガで資料を描いていて思ったこと・考えたこと

(6)中村さん~もしも教師が困ったら・・・

(7)中村さん~オススメ授業書《あかりと文明》(阿部さん作)

(8)中さん~開戦の謎(『戦争を始めた人々』の「はじめに」)

(9)中さん~終戦の真実から開戦の謎へ(『戦争を始めた人々』の「序章」。終戦・敗戦時の外務大臣)

(10)伴野さん~「TOKIDOKI  LIFE」2019.11(ミニガリ本という風格)

(11)高畠さん~いじめ問題は解決しない!?ーキラワレチャッテいる子が発覚したら…-

(12)高畠さん~お気楽コミュニケーションゲーム「おさわり人狼」ー「かんたん」だけど?だから?「たのしい」ー

(13)高畠さん~6学年体育科学習指導案「ボール運動ゴール型・バスケットボール」(峰岸さんの案の追試)

・・・・・・・・・・・・・・・・ケーキ・タイム(写真は後掲)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(14)肥沼さん~〈方位の考古学〉は,古代史セミナーではだいぶ理解していただけたかも(口頭)

(15)栗原さん~デマ宣伝に惑わされず,主体を確立して考える(ハンス・ロスリング著『FACT FULLNESS』を読んで)

(16)栗原さん~「いてくれる」こと「いても良い」こと~児童精神科医の講演を聞いて

(17)栗原さん~入学式の校長の言葉(「毎日たのしく学校に来る」「たくさんの人と友だちになる」)

(18)栗原さん~伝えたいことがあるんだー卒業式式次で実験ー(フェライト磁石の鉄のキャップの役割について)

(19)栗原さん~「楽しいだけでいいのか」(ボクの好きな板倉論文 その3)

(20)北村さん~この1ヶ月のできごと(台風19号と定期演奏会。マラソン。《ものとその重さ》《溶解》《トルクと重心》)

(21)峰岸さん~肩甲骨のはがし方?(資料がたりませんでした)

(22)峰岸さん~みんなへつうしん(「思いつくままに」の峰岸バージョン)

(23)峰岸さん~『たの授』500号記念~子どもにとっても大切なもの~ぼくの大好きな授業書《空気と水》

(24)峰岸さん~峰岸先生 教えてください!〜体育の副読本について

(25)峰岸さん~中村文さんの『マイナスからプラスに~悩んだ&泣いた!私の1年間の記録~』の紹介

(26)峰岸さん~サークル・ニュース10月号(滝本さんがスタート講演「プール指導訪問記」)

(27)峰岸さん~サークル・ニュース11月号(峰岸さんがスタート講演「板倉さんの模倣と独創の矛盾論から学ぶ」)

(28)品川さん~「仲間と笑顔で輝いて」(《月の満ち欠け》〈忘れられない試合〉の感想)

(29)品川さん~定年退職の年がスタートしました⑥(34年前の小学校担任をした時の思い出・初めての授業書・忘れられない一日)

(30)板橋さん~36歳のMさんが,高卒認定試験に合格しました!(花岡さんのフリースクールの生徒さんだった)(口頭)

(31)永島さん~11月例会のDVD

(32)?~読書週間のプログラム

(33)?~今,なぜ731細菌戦部隊なのか(松村高夫・慶大名誉教授)

(34)?~混声合唱組曲「悪魔の飽食」

今回は参加者が大変多かったので,提出資料の中で部数の少なかったものを入れそこなっているかもしれません。

例えば,峰岸さんの「肩甲骨」の資料などです。そういうのがあったら,コメントして下さるとうれしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【写真】

Img_5641

Img_5642

Img_5643

真冬並みの寒さ

最近温かい日が続いていたもので,昨日は寒かった。

しかし,今日はもっと寒いらしい。

「真冬並みの寒さ」と書いてあった。

東京は曇りで,最高気温6℃だという。

高崎サークルに行く予定だが,そこで温かい笑顔に会えるとうれしい。

【天気予報】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00010002-wmapv-soci

2019年12月 6日 (金)

息子の手料理 12/6

今日は「チキンカレー」と「ツナサラダ」です。

材料は似ているのですが,味は違うので,

たぶん母は喜んでくれるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5592

Img_5638

2020年の年賀状(二次案)

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

 

【仮説実験授業】 退職後1年半,授業はできませんが,

週末サークルや研究会に参加して,ノーミソへの刺激をいた

だいています。最近「世界の自動車生産(2018年)」を材料に

グラフを描いたところから,またグラフ熱が出てきました。

【古田史学】 川瀬さんにご協力いただき,多元的「国分寺」

研究の成果が実りました。「方位の考古学」は特に時間を掛けた

もので,「古代史セミナー2019」で情報提供させていただき

ました。さらに古代史を解明するべく,精進していきたいです。

【楽天】一昨年の最下位から,昨年の3位へ。エース2人を

欠く中で,よく頑張ったと思います。今年も夏に楽天の本拠地・

仙台に応援に行くつもりです。粘り強く応援していきたいです。

【肥さんの夢ブログ】 ブログを始めて15年目になり

ました。お陰様で153万アクセスを達成し,さらに

未来に向かう所存です。初期からすれば,夢のようです。

(メッセージ)

 

新住所 
氏名 
電話・メルアド 

「良野」は今日もやってきた

この一週間,何回も「良野」に会った。

そして,ランチをしに?,今日もやってきた。

距離もずいぶん近づき,私の前で「お座り」もする。

もはや「野良猫」以上「ペット」未満というところか。

シャケだけだとお金が掛かるので,

最近カリカリも再購入した。(水に浸して使用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5598

Img_5605

Img_5608

Img_5609

Img_5618

Img_5629

 

〈方位の考古学〉のPDFファイル

大学セミナーハウスのサイトに,

今年の古代史セミナーの発表者の原稿が

PDFファイルで載せられています。

〈方位の考古学〉に関心のある方は,

ここをご覧下さい。リンクします。

【〈方位の考古学〉のPDFファイル】

https://iush.jp/seminar/report/ancient/2019

『たの授』12月号の感想

仮説社御中

東村山の肥沼です。

『たの授』12月号の感想を送ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『たの授』12月号で特に良かったのは,次の3点です。

(1)教師が生徒に「ナメられる」とはどういうことか(小原さん)

12月号が「ナメられる」特集と聞いた時,これは他の雑誌では絶対付けない特集名だと唸りました。

私たちは「仮説実験授業」という大変魅力のあるものを知っているけれど,

たいていの先生は,今でも相変わらず「最初が肝心」「生徒になめられたらアカン」と

緊張しながら4月を迎えるからです。そして,それに応える雑誌たちの山。ああ無情。

(2)焼きそば大盛り(日高さん)

先生をしている人なら,誰でも子どもたちから「先生」と認められたいと思っていると思います。

その方法は,授業であるのが一番ですが(一番多くの時間は授業ですから),

なかなか普通はこれが叶いません。自分の一人の教材研究はたかが知れているので挫折します。

日高さんの場合,バック転がきっかけとなったということですが,それ以上に日々の

仮説実験授業その他のたのしい授業が背景としてあったと思います。

バック転をいつまでも続けてやれるわけではないですし…。

(3)心の持ちようと現実(板倉さん)

板倉さんの発想法は,とても役に立つものが多いですが,これは特にそうです。

人間ですから,いろいろな時期に様々な出来事に遭遇します。

大切なのは,その時にどう考え,どう行動するかだと思います。

「転んでもシメタ」というのは,逆転の発想で,脳の思考停止を防いでくれます。

私は生来第1希望に受からない人間で,小学校受験に失敗し地域の小中学校へ。

高校受験も第2希望。大学受験も第2希望。さらに,教員採用試験も2年目の合格。

本当に「転んでばかり」の青春でした。

でも,進路指導の時にこの話をしてあげると,生徒たちはとても安心してくれます。

「学校の先生だって,こんなに落ちてきたんだ」と。

 

鳴門の渦潮は,左巻きか?右巻きか?

ネットで面白い話題を見つけたので,リンクしますね。

【鳴門の渦潮は,左巻きか?右巻きか?】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00010000-tokushimav-l36

あなたは,どちらだと思いますか?

ア.左巻き

イ.右巻き

ウ.両方同じくらい

エ.その他

Img_5632

樋の工事 今までのものと新しいものの比較写真

今日樋の工事が入る。

せっかくなので,今までのものと新しいものの写真を撮ってみたいと思う。

【今までのもの・約30年前に敷設】

Img_5594

【工事中】

Img_5597

【新しいもの】

Img_5640

.Img_5636  

母の歯の話(3)

昨日母の入れ歯(上のもの)が出来上がった。

噛み合わせが大事らしく,何回も微調整をしていたが,

一応その歯を10日ほど試してみて,それで最終判断をするらしい。

さっそく夕食で試してみたが,特に支障はないようだった。

入れ歯が入ったので口角が上がり,「5歳若く見える」と言ったら,

「フフフッ」と笑っていた。(5歳引いても80歳だけどね)

Img_5589

2019年12月 5日 (木)

息子の手料理 12/5

今日は,「マーボー豆腐」と「ブロッコリーの塩ゆで」と「なめこ汁」です。

ブロッコリーは,久しぶりの安値で買えたから使いました。

マーボーは柔らかいので,母も食べやすいから。

(でも,本日入れ歯が完成するのですが・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5586

Img_5587

Img_5588

 

「貝塚のはなし」が届きました!

先日「夢ブログ」でも紹介した福嶋さん(小学校の先生)が作られた

「貝塚のはなし」(18ページ)が届きました。

学校公開の授業で実施されたようです。

さっそく読ませていただき,以下のようなメールを送りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東村山の肥沼です。
「貝塚のはなし」の授業プリントと子どもたちの評価・感想,
ありがとうございました。

さっそく読ませていただきましたが,
押しつけがなく,要所に質問や問題を入れていて,
素敵な授業書的読み物になっていると思いました。
子どもたちの評価・感想も素晴らしいですね!
他の地域でも活用可能ですし,
仮説実験授業の新しい可能性を示すものになっていると思います。
今後訪問するサークルで,紹介していきたいです。

私の方の〈方位の考古学〉は,同じ考古学でもかなり方向が違いますが,
ご照覧いただけたら幸いです。
これまでの考古学の問題点(土器編年のズレ)を解決するための試案です。
でも,もしこの方法が認められれば,従来の歴史像をかなり覆せると信じています。
最大100年,年代判定がズレているという主張です。
まあ,私の願いが叶うのは,かなり先のことだとは思いますが…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福嶋さんの「貝塚のはなし」~縄文時代のイメージをつかむ

私の「〈邪馬台国〉はどこだ!」〜弥生時代のイメージをつかむ

原始・古代の授業プラン化でも,仮説実験授業が有効ということになりました。

Img_5584

Img_5583

 

 

昨日の月 12/4

午後5時くらい。

月齢7.8くらい。

半月といっていいかな。

小学校1年で望遠鏡で見た月が,

半月だったと思います。

このクレーターの様子は,

今やデジカメで撮ることができるようになりました。

ガリレオもびっくり!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5582

 

自転車保険に入りました

先日自転車保険に入りました。

子どもの頃運転をできるようになり,

ほとんどの勤務先にも毎日のように運転していた自転車ですが,

やはり「備えあれば憂いなし」ということで,入ることにしたのです。

作業はセブンイレブンで行いました。

コピー機の操作ボタンの中に,そういう場所があります。

保険料は,1年間で4000円です。

1日で10円程ですから高くはないでしょう。

それくらいは自分(および相手)の安全にお金をかけるのが,

必要だと思って入った次第です。

Img_5585

2019年12月 4日 (水)

体が「運動したい」と言ってきた

スマホの歩数計を利用してウォーキングをしているのだが,

昨日はスマホを携帯しない時間があったり,

実際に歩く距離も短かったため「7000歩」に行かなかった。

今日はその分を取り返そうと思う。

天気も良さそうだし,母のデイ・ケアの日なので7時間動ける。

だんだん体が「運動したい」と言ってきた。

Img_5578

昨日の月 12/3

午後5時頃

月齢6.7くらい

だんだん太ってきたな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5577

Img_5569

Img_5571

Img_5573

 

「良野」が夕飯を食べに来た

昼間豚汁の肉と牛乳でランチをとった「良野」が,

夕飯も我が家の世話になろうと思ったのか,

台所の外に待っていた。

キャット・フードの「カリカリ」は,

母がやり過ぎてしまうので,今はない。

豚汁の肉はもうなくて,考えられるのはシャケのパック。

これは値段がちょっとするので,母にも週一制限を付けているものだ。

しかし,「良野」が自分から我が家の台所に来訪し,

近距離でエサを求めてくるチャンスを逃す手はない。

私は意を決し,シャケのパックのビニールをはいだ。

このシャケのパックはよほど美味しかったようで,

「良野」は「ニャ~ニャ~(うめ~うめ~)」と声を出しながら食べた。

約一枚のシャケを平らげると,身づくろいをし,満足げに夜陰に消えた。

「良野」は今日も来てくれるかな?

Img_5565

Img_5555

Img_5561

 

「外」に寝ていた!

午前1時頃目が覚めた。

「寒い・・・」

窓の隙間から夜風が入っているのかと思い,

窓の方を見るが開いている気配はない。

おかしいなと思いつつ,睡魔に負けてまた夢の中。

午前3時再び目が覚めた。

「やはり,寒い・・・」

反対側の窓が開いているのかもしれないと,

窓に手を当ててみた・・・網戸だった。

ということは,昨夜は窓が開いており,

「外」で寝ているのに近い気温の下,

私は睡眠をとっていたことになる。

窓をしっかり閉めまた眠りについた。

サッシ窓が閉まっていると,やはり温かい。

昼間温かい陽気だったので,窓を開けておいた。

そのままの状態でずっと朝まで窓は開いていた。

物理学的には当然のことであった。

Publicdomainq0003234vub

 

2019年12月 3日 (火)

今年の楽天戦は,3月20日(金)スタート

来年のプロ野球の日程が先日発表された。

楽天の開幕戦は,3月20日(金)のオリックス戦で,場所は仙台だ。

近くで見られるのは,4月3日(金)の西武戦(メットライフ)。

だけど,その頃はまだ球場は寒く,実際に応援に行くのはもう少ししてからかな。

いずれにしても,好スタートを切って,またクライマックス・シリーズも楽しめたらうれしい。

W

 

たのしい介護のために(2)

(1)『論語』は,孔子の言った言葉などを集めた本です。

その本の中に「親の年齢を知っておくべきだ」として,2つの理由を述べています。

どんなことだ思いますか。

(2)うちの母は,現在85歳です。現在85歳の人は,平均あと何年生きると言われているでしょう。

ということは,私はあと何年介護をすることになるかということですが・・・。

ア.あと3年  イ.あと5年  ウ.あと7年  エ.それ以上

(3)阿川佐和子著『看(み)る力』(岩波新書)は,介護をする人にとても好評です。

その本の帯には,どんなことが書かれていると思いますか。

① 介護は(    )戦と心得よ

② (    )は喉につまらない

③ (  )は長寿の万能薬

(4)介護をするにあたって,知っておくと便利なものがあります。あなたは,どんな内容か知っていますか。

ア.デイ・ケア・・・

イ.ショート・ステイ・・・

(5)私の母が.現在楽しみにしていることがあります。どんなことだと思いますか。

① 第2火曜日の午前11時~午後2時に行われる「(  )と(        )の会」 

② (   )い物を食べること

③ 紛失した(      )が完成すること

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【1】①長寿を祝えること ②高齢を案ずること

【2】あと8年と聞きました

【3】①長期 ②好物 ③恋

【4】 ア.デイ・ケア~日帰りで預かってくれる(午前9時~午後4時)

    イ.ショート・ステイ~宿泊で預かってくれる(1泊2日・2泊3日があり,私も旅行に行ける)

【5】①歌(母は唯一楽器を弾ける)・おしゃべり ②甘 ③入れ歯

昨日の月 12/2

午後7時くらい。

月齢5.5くらいかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5526

「良野」がまたまた来る

「良野」が「二度あることは三度ある」で,

またまた来てくれた。母が見つけた。

アパートの駐車場のところでくつろいでいる。

「カメラ持ってくるから,余計なことしないでね~」

と母に言って,階段を駆け上がった。

最初は,「豚汁の肉」をあげた。

これには,割とすぐ乗ってきて食べていた。

Img_5528

Img_5533

Img_5535

次に,牛乳をあげた。

肉がおなかに入って空腹がしのげたのか,今度はなかなか乗ってこない。

ほかの場所に移動し始めたので,思い切って接近し「にゃ~(まだあるよ)!」

すると,「良野」の動きとタイミングが合ったのか,半分くらい飲んで北に旅立った。

Img_5541

Img_5548

Img_5549

まだ,手でエサをあげたりはできないものの,心理的な距離はかなり縮まった。

少なくとも,我々が敵ではないことが分かったと思う。

家猫だったと思われる「野良」に比べ「良野」は,

生まれ落ちた時から家猫歴がゼロに近いのだろう。

「そう簡単に人を信用しないぞ」という目や体の動きが示している。

そうなると,こちらも「もっと信用してほしい」となるから,不思議だね。

『たの授』12月号に「はみだしたの」掲載

『たの授』12月号の「はみだしたの」に

私のグラフ話が掲載されました!

「はみだしたの」としては,異例の14ページ連続ですから,

大変うれしいです。

「夢ブログ」の以下の記事が元になっています。

【世界の自動車生産台数(2018年)】

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2019/10/post-ecdcf2.html

Img_5553

 

『日本書紀』に「鼠」は何回登場するか?

昨日「東京古田会ニュース」が届き,興味を持ったのは橘高さんの「八面大王論」だった。

古田さんの論の「援護射撃」をしようと,「鼠」というキーワードを用いていた。

(「東京古田会ニュース」の橘高さん「鼠についての考察」2013年9月号(152号)より)

つまり「大和朝廷は九州王朝を「鼠」と揶揄していた」というのだ。

本当のような気もするが,何か私にできることはないか?

ということで,『日本書紀』の全文検索をしてみようと思いついた。さあ,その結果はいかに?

(もちろん,橘高さんの「鼠についての考察」ですでにこの方法は使われているとは思いますが・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本書紀 巻第七 景行天皇~成務天皇
奉迎之諮言「茲山有大石窟、曰石窟、有二土蜘蛛、住其石窟。一曰靑、二曰白。又於直入縣禰疑野、有三土蜘蛛、一曰打猨、二曰八田、三曰國摩侶。是五人、並其爲人强力、亦衆類多之、皆曰『不從皇命。』若强喚者、興兵距焉。」天皇惡之、不得進行、....→ このページで合計1件ヒット

日本書紀 巻第二十四 皇極天皇紀
。入鹿具說所由。古人皇子曰、伏穴而生。失穴而死。入鹿由是止行。遣軍將等、求於膽駒。竟不能覓。於是、山背大兄王等、自山還、入斑鳩寺。軍將等卽以兵圍寺。於是、山背大兄王、使三輪文屋君謂軍將等曰、吾起兵伐入鹿者、其勝定之。然由一身之故....→ このページで合計1件ヒット

日本書紀 巻第二十五 孝徳天皇紀
。老人等相謂之曰。自春至夏、向難波、遷都之兆也。戊午、越國言。海畔、枯査向東移去、沙上有跡如耕田狀。是年也、太歲乙巳。二年春正月甲子朔、賀正禮畢、卽宣改新之詔曰。其一曰、罷昔在天皇等所立子代之民・處々屯倉・及別臣連伴造國造村首所....→ このページで合計5件ヒット

日本書紀 巻第二十七 天智天皇紀
堺・新羅不獲輸其西壘。夏四月産於馬尾、釋道顯占曰、北國之人將附南國、蓋高麗破而屬日本乎。五月、大將軍大錦中阿曇比邏夫連等率船師一百七十艘、送豐璋等於百濟國。宣勅、以豐璋等使繼其位、又予金策於福信而撫其背、褒賜爵祿。于時、豐璋等與....→ このページで合計2件ヒット

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4ページに9件というのは,なかなかいい個数かもしれません。

数件しかないと統計になりませんし,逆に何百件もあるとやる気がおきませんから。

さらに,複数出てきている孝徳紀と天智紀で「鼠」探しをしてみます。

両方とも長くて骨が折れそうですが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【孝徳紀】

(1)冬十二月乙未朔癸卯、天皇遷都難波長柄豐碕。老人等相謂之曰。自春至夏、向難波、遷都之兆也。戊午、越國言。海畔、枯査向東移去、沙上有跡如耕田狀。是年也、太歲乙巳。

(2)九月、遣小德高向博士黑麻呂於新羅而使貢質。遂罷任那之調黑麻呂、更名玄理。是月、天皇、御蝦蟇行宮或本云、離宮。是歲、越國之、晝夜相連、向東移去。

(3)新羅、遣上臣大阿飡金春秋等、送博士小德高向黑麻呂・小山中中臣連押熊、來獻孔雀一隻・鸚鵡一隻。仍以春秋爲質。春秋美姿顏善談笑。造渟足柵、置柵戸。老人等相謂之曰、數年向東行、此造柵之兆乎。

(4)五年春正月戊申朔夜、向倭都而遷。

(5)十二月壬寅朔己酉、葬于大坂磯長陵。是日、皇太子奉皇祖母尊遷居倭河邊行宮。老者語之曰、向倭都、遷都之兆也。是歲、高麗・百濟・新羅並遣使奉弔。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ものすごく大変に思ったが,「鼠」は後半に集中していたので,作業は思ったほど大変ではなかった。

続いて,天智紀である。これは2件。かえって時間がかかるかも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【天智紀】

(1)元年春正月辛卯朔丁巳、賜百濟佐平鬼室福信矢十萬隻・絲五百斤・綿一千斤・布一千端・韋一千張・稻種三千斛。三月庚寅朔癸巳、賜百濟王布三百端。是月、唐人・新羅人伐高麗、高麗乞救國家、仍遣軍將據䟽留城。由是、唐人不得略其南堺・新羅不獲輸其西壘。夏四月産於馬尾、釋道顯占曰、北國之人將附南國、蓋高麗破而屬日本乎。

(2)五年春正月戊辰朔戊寅、高麗遣前部能婁等進調。是日、耽羅遣王子姑如等貢獻。三月、皇太子親往於佐伯子麻呂連家、問其所患、慨歎元從之功。夏六月乙未朔戊戌、高麗前部能婁等罷歸。秋七月、大水。是秋、復租調。冬十月甲午朔己未、高麗遣臣乙相奄𨛃等進調。大使臣乙相奄𨛃・副使達相遁・二位玄武若光等。是冬、京都之、向近江移。以百濟男女二千餘人、居于東國。凡不擇緇素、起癸亥年至于三歲、並賜官食。倭漢沙門智由、獻指南車。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※1 鼠が向かう先に何があるか。倭都2件,難波1件,東が2件,近江1件となり,やはり九州王朝のことを指している気がする。

※2 揶揄で思い出したが,古事記に揶揄的な場面がある。「九州王朝の豪族たちは臆病者だ」みたいな表現があり,紀では削除された。

※3 鼠と安曇はよく似た音だ。ウィキペディアには,「安曇は海人津見(あまつみ)が転訛したものとされ[要出典]

津見(つみ)は「住み」を意味する古語とする説もあり[要出典]その説だと安曇族はそのまま「海に住む人」を示す

「要出典」ばかりだが。

2019年12月 2日 (月)

本日から東北地方の〈寺院〉と〈官衙〉の精査

いよいよ本日から,東北地方の〈寺院〉と〈官衙〉の精査に入ります。

昨秋,奈良・大阪から始まった精査の旅も,いよいよ最終コーナー。

川瀬さんに怒られ,励まされの連続の日々ですが,

〈方位の考古学〉の信用を高めるためにも,もうひと頑張りしようと思っています。

その精査の様子は,多元的「国分寺」研究のサイトへ

http://koesan21.cocolog-nifty.com/kokubunji/2019/12/post-9caf6c.html

39b043b1ad723351ca365dde0d58692a_w

東偏? 正方位? 西偏? 

 

 

雨樋とS字板の工事の見積もり

火災保険の「雪害」「風害」条項を利用した

雨樋とS字板の工事の見積もりが出た。

予定時間より早く始まった会合には,

私の想定よりかなり高い金額が記された見積書が提出された。

しかし,専門的なことは私にはわからないし,

「いろいろ頼んで,これだけの費用に絞りました」と説明されると,

下手に値切って手抜き工事されるのも困るので,

あちらの見積もり通りでということになった。

(もし壊れるようなことがあったら,無料で修理しますということで)

まあ,工事がしっかりできていて10年間使えるとすれば,

費用÷10年ということだから,そんなに悪い話ではない。

Img_5523_20191202054201

工事は,早ければ今週中に行われる。

どんな感じになったかは,また「夢ブログ」にて。

今日は,雨が降るらしい

天気予報を見たら,曇りのち雨だった。

(夜は回復し,明日は晴れ)

それを頭に入れて行動しよう。

ただ,そのため気温は20℃と温かめの日になりそうだ。

すべてが良い条件ということはあり得ない。

自然条件が選べないのなら,対処法を選べばいい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

読書,映画鑑賞,神保町散策,年賀状書き・・・

 

 

新所沢の夜

サークルや学習会ではないことで,久しぶりに新所沢に向かった。

もともと現役の時の拠点がここだったので,

だいぶ友人の数は減ってきたが,やはり思い出が多く寄ることになる。

最初時間つぶしにパルコ・レッツ館をぶらぶらした。

外にある照明はクリスマスの到来を告げていた。

Img_5518

Img_5519

その後,居酒屋「幸」に向かったが,日曜は定休日。

続いて向かったイタリアン系の「房ya」は,

最近はランチに行くことが多かったので,

「あら,珍しい」ということでいろいろ話がはずんだ。

昨夜は「芝エビのから揚げ」「ホタテとアスパラガスのソティー」と

私の好物が板書されていたので,それらに加えて「マルガリータ・ピザ」へ。

生ビール2杯・グラスワイン(赤)・薄いウーロン杯でいただいた。

また年内に寄らしていただきたいものだ。

 

2019年12月 1日 (日)

またまた,淵の森緑地に行く

またまた,淵の森緑地に行って,掃除をしてきた。

今回も4袋の回収だった。

これまでと違うのは10人くらいの自然保護団体たちの人たちと会ったことだった。

「こんにちは」とか「お疲れ様です」とか会話をした。

若い人が多かったが,その中に宮崎駿さんかも!という方もいた。(自宅はすぐ近く)

皆さんにお茶をふるまっていた。

本日の収穫。

Img_5513

「良野」と2日連続で会えた!

淵の森緑地の掃除をして,家に戻り,

ゴミの分別をしている時だった。

「良野」が5mほど向こうを行くのが見えた。

「にゃ~(待って)!」と声を掛け,

玄関に置いてあったリュックの中にあるカメラをつかむと,

急いで後を追った。(この時点で20mほど距離があった)

家の陰に消える前に撮ったのが最初の1枚。

Img_5514

その後,どう動いたかを予測して,大回りして反対側に出た。

すると,神社の裏の一戸建ての二階家の芝生に寝ている「良野」を発見!

その時撮ったのがこの写真。

Img_5517_20191201122301

Img_5515

今まで北の方がエリアだと思っていたが(実際,北の方でしか会っていないので),

南にも休息できるところがあって,広く行動しているのだなと思った。

でも,これで「良野」と会える機会が増えるという気がする。

そしたら,また「夢ブログ」に登場してもらいましょう。

息子の手料理 12/1

今日は,「豚汁」です。

寒い日には,これも喜ばれますね。

「けんちん汁の野菜」の水煮というのがあって,

それに豆腐と豚肉を加えました。

昆布だし汁と日本酒で味付け。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5509

たのしい介護のために(1)

高齢化が進み,介護の考え方も変化してきました。

昔は家族に介護を背負わせ,社会は「見て見ぬふり」

をしてきた部分が少なからずあったけれど,

今では社会全体でみていこうというようにシフトが変わりつつある。

山路さんが言っていましたが,

「15年前と比べたらずいぶん変わってきた」ということだそうです。

私は逆に今から15年前を知らないわけですが,

15年前にたまたま父が亡くなって,遺言を書いたりしていたので,

その頃から母の今後について心配していた節があるのがわかったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)土地を私に,家屋を母に相続させました。

土地と家屋(新旧でずいぶん相続税が違う)いわゆる不動産で私は土地を,

母は家屋を相続しました。相続税は,どれくらいだったでしょうか。

土地は200万円あまりでしたが,家屋は(   )万円でした。

(2)父が亡くなってから,実家にある家電製品が増えました。空気清浄機です。

何のために必要だったのでしょうか。(           )のため。

(3)母は85歳で年の割には元気ですが,最も「認知症」が進んでいることがあります。

何だと思いますか。(   )がわからなくなっている。

(4)母は現在身長が138cmくらいです。しかし,120cmくらいだと思ったことがありました。

それは,あるものの長さが短くなっていたせいだったのですが,何の長さだと思いますか。(  )の長さ。

(5)母は(  )い食べ物をこよなく愛します。母の親戚にも言えることですが,

その勢いは加齢とともにますます極端になってきています。どんな食べ物でしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)6(築20年となると,すごく安くなるのですね)

(2)鍋が焦げた匂いを吸い取るため。

(3)曜日=何をする日かがわからないと1日のスタートが切れないのです。3つの部屋の壁に予定表。

(4)杖(伸縮式だったため,体重で縮まってしまっていた。10cm長くしたら,いい姿勢に)

(5)甘(糖尿の処方をしているのですが,甘い=美味しいものと脳が思い込んでいるのですね)

つづく・・・。

 

〈貝塚のはなし〉が面白そう

ニコたのサークルの「はがきニュース」によると,

11月例会で福嶋さんが発表された〈貝塚のはなし〉がとても面白かったとのこと。

中里貝塚の地元の博物館と協力して作ったらしいのですが,

「縄文時代に分業が始まった」ということを生き生きと綴っているようです。

私にも資料を送ってもらえるようお願いしましたので,

届いたらまた「夢ブログ」で紹介しますね。

Yjimage_20191201042101

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ