« 息子の手料理 11/15 | トップページ | 大嘗祭の内容と歴史(NHK) »

2019年11月15日 (金)

大嘗祭はいつから行われたか?(再掲載)

昨日はやけにアクセス数が多く(普段の1.5倍),

「どうしたのだろう?」だといぶかしく思っていた。

スマホをいじっていて,はたと気が付いた。

2年近く前に「夢ブログ」に書いた上記の文章が,

「大嘗祭」「内容」「いつから」ということで検索し,

ヒットしたのだろうと思う。

そして,スタートの神武天皇でもなく,明治天皇でもなく,

天武・持統のビミョーな時期だったと知って驚いたかもしれない。

この内容は,私も古田武彦氏から講演会で聞いて驚いた覚えがある。

今思えば,新旧の王朝の交代期だと理解できるのだが,

あまりにも意外な内容だったから・・・。

その時,「どうしてなんだろう?」と論を進めていくか,

「なんか予想外。残念・・・」と探求をやめてしまうかで,

その先が大きく違ってくる。

【大嘗祭はいつから行われているか?】

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2018/01/post-7dc6.html

 

« 息子の手料理 11/15 | トップページ | 大嘗祭の内容と歴史(NHK) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 でも古田さんの解釈だと、少なくとも持統は列島統一の王者だったとなってしまいます。
 701年からという古田さんの理解に抵触する。
 これをどう理解するのか。
 そして天武の大嘗祭をしたではなく、大嘗祭をやった人たちに褒美を与えたというのはどういうことか。
 これも九州王朝論から解釈しないといけない。古田さんはこれをしていない。

 私の理解を記しておきましょう(前にどこかでコメントしたが)。
 天武紀の大嘗祭は、天武の大嘗祭ではなく、九州王朝の天子の大嘗祭を近畿王朝の家臣たちが行ったから、その家臣たちに褒美を与えた。
 もしくは将来の大嘗祭挙行に供えて、九州王朝の天子の大嘗祭に近畿王朝の家臣たちが参加してそのやり方を学んできたから褒美を与えた。たぶんこちらのケースだと思う。
 
 では持統紀はどうなるか。
 これは「大嘗す」と主語を省略しているから、九州王朝の天子の大嘗祭ということ。
 ではなぜここには参加した人々への褒美の記事がないのか。
 すでに近畿王朝の家臣団は大嘗祭のやり方を学習してあったから、今度は九州王朝の天子の大嘗祭を近畿天皇家の家臣団が挙行したのだ。
 そして次の文武から完全に名実ともに近畿王朝の大嘗祭となった。
 こう考えたらどうでしょうかね。

こう考えていくと、天武の時にも九州王朝の天子が即位したということ。
 そして持統の時にもまた九州王朝の天子が即位した。
 つまり白村江の時の九州王朝の天子は天武の時代初めまで在位した。そして天武が大王になったまさにその時に九州王朝天子も交代し、大嘗祭が挙行された。
 そして持統の時にもその時代の始めに九州王朝天子は交代した。だからここでも大嘗祭が挙行された。
 こういう結論になりますね。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 こう考えていくと、天武の時にも九州王朝の天子が即位したということ。
 そして持統の時にもまた九州王朝の天子が即位した。
 つまり白村江の時の九州王朝の天子は天武の時代初めまで在位した。そして天武が大王になったまさにその時に九州王朝天子も交代し、大嘗祭が挙行された。
 そして持統の時にもその時代の始めに九州王朝天子は交代した。だからここでも大嘗祭が挙行された。
 こういう結論になりますね。

はい,その通りですね。
ONラインからすれば,天武天皇と持統天皇に「大嘗祭はなかった!」ということになります。
「日本の主権者となるのも,大嘗祭も,大宝という大和年号も,文武天皇から」ということで,
非常にわかりやすい歴史の流れになります。
やはり「続日本紀」から新しい正史が始まるのは,当然のことだったということですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子の手料理 11/15 | トップページ | 大嘗祭の内容と歴史(NHK) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ